ブログ

※過去のブログは下にスクロール、もしくはBack number よりご覧下さい。


思いやり

 

こんにちは。

4年スナイプクルーの都田です。

 

新歓の話が最近続きますが、僕も新歓つながりで書かせていただきます。

 

新歓をしているとお金の話が必ずでてきます。

ヨットは正直、決してお金のかからないスポーツではありません。

 

でも、それ以上にヨット部には得るものがあると思っています。

だから多くの部員がアルバイトをして、部活をしています。

 

僕も一年生の頃から塾の講師をしています。

 

その塾は個人経営の小さい塾で、塾長は部活への理解をしてくれていて、部活を優先させていただいていて、本当にお世話になっています。

 

塾長からは本当に多くのことを学んでいますが、

その中でも僕が1番影響を受けたことがあります。

 

それは、常に相手のことを思いやることです。

 

僕は同じ教材、同じ内容であれば、ある程度同じように説明し、同じように進めようとしていました。

 

でも、塾長は一人ひとりの生徒に対して、絶対違います。同じ内容でも話し方や説明の仕方、解かせる問題も必ず工夫しています。

 

生徒1人ひとりのために、その人のことをどれだけ考えているかの差だなと感じました。

 

 

例えば、何か書類を期限までに提出しないといけないとき、

自分主体で考えたら期限までに提出すればギリギリでも問題はないと思うし、悪いことはしていないと思います。

 

でも、そこで相手のことを思いやる視点があると行動は変わると思います。

提出するということは、提出される人がいます。

その人は、その提出された書類に対しておそらく何かしらの作業があるはずです。早く資料が集まるに越したことはないはずです。

 

相手のことを思いやると、可能であれば早く提出したほうがいいとおもえるはずです。

 

このような思いやりの心が僕にはありませんでした。

 

自分の行動の多くには、何かしらの形で他人が関わります。

 

部活、学校、友達、家族関係なく、人と接するときに、相手を思いやることができる人間になりたいです。

 

 

自分の反省のようなブログになってしまいすみませんでした。

 

 

新歓も中盤に差し掛かってきましたが、共に日本一を目指す仲間に出会うために頑張っていきたいと思います。

 

失礼します。

 

 

写真は、僕のペアの大好物ガブリチュウです。

毎練習で配っています。

思いやりの心にあふれています。

 

0 コメント

研究所では後輩です。

こんにちは、4年添田です。

平成もあと2週間を切り新元号を迎えようとしている今日この頃ですが平成が終わるという実感は全くもってなく、新歓と西インに向けた練習と研究室で勉強をする毎日です。ここ最近は院試とTOEICとバイトと平日練と講義のレポートをどう両立させるかスケジュールを組んでいますが、恐らく過去史上最高にハードスケジュールになりそうです。夏学期になれば多少は楽になるのでそれまでの辛抱です。

研究室では4年生が基本的に立場が一番低いのでゴミ捨てや掃除とかする為入部以来の後輩感を味っています。入ったばっかりで何をすればいいか全く分からない感じとか当にそれです。研究室の先輩はそれなりに気をかけてくれるので行き詰まることはありませんが、まだ始まったばかりなのでこの先何があるかまだ分らないのでいきなり躓くような事だけは避けたいです。

その一方で研究室の歓迎会は全額、先輩や教授がもってくれて、思わず「してい」など言いそうになったりと初心に戻ったような感じがします。4年生と1年生を掛け持ちしている気分です。

来月になるとヨット部にも1年生が入部してきますが彼らも最初は今の自分と同じように左右も分からない状況になると思うので先輩としてしっかりとサポートできたらなと思います。

 

失礼します。

0 コメント

誰にも負けないこと

こんにちは!

4年マネージャーの栗原です。

 

ここ最近、新歓の話題でもちきりなので、ちょっと路線変更してみます。

と言っても、出だしは新歓に関係してしまいますが、つい先日の水町食事会準備のときのことです。

 

 

試乗会後の食事会のために、3年マネージャーの和花と麻友と3人で準備しながらおしゃべりしていました。

 

 

その時にふと話題に上がったのが、「ヨット部内で誰にも負けないことは何か」ということです。

 

その時は、「嵐かな〜(隠しているわけではないんですが、実は小学校から好きです。)」なんて言って、たわいもない会話でしたが、時間が経つにつれ、この話題を深く考えるようになりました。

 

 

私のヨット部で誰にも負けないことってなんだろう、と考えたどり着いたのが、「部のお金について考える」ということです。

 

会計部長という役柄、あたりまえではありますが、暇さえあれば予算だったり、部費のことだったりを考えています。

 

ここのお金削れないかなーなんて考えているうちに、自分の生活まで節約志向になりました。

 

こんな感じで、部のお金について考えることは誰にも負けないです。

 

 

何気ない会話だったので、2人がこのブログを見たら「そんなに考えてたんだ」と引いてしまうかもしれませんが、、、

 

 

フィジカル、ハイクアウト、小戸ラン。

何んでもいいので、これだけは誰にも負けない!って自信を持って言えるようなことを、みんなが持てたらいいなって思います。

自信が持てるということは、それだけの頑張りや結果があるということだと思うので。

 

みなさんはどうでしょうか。

誰にも負けないことはなんですか?

 

それでは失礼します。

 

 

今回の写真は、先週の土曜日にあった試乗会での写真です。

私にそっくりだと言われていた新入生の子が写っているんです。どうでしょうか?

0 コメント

初心

こんにちは!

四年スナイプの竹中です。

 

4月に入り新学期が始まって半月が経ちました。新しい生活でのリズムも掴めてきて、慣れてきました。ヨット部の活動としては、最近はもっぱら新歓が主となってます。

僕が1年生の時、どんな気持ちでヨット部に入ったかを思いかえすと、ヨットに乗って単純に楽しかったのと、全日本インカレで優勝するという目標を80人ほどの部員が全員が本気で達成しようとしている姿に惹かれて入部しました。

僕も、新歓で新入生にその魅力を伝えようとはしているのですが、伝わっているのか正直微妙なとこではあります。こういうことは、言葉でいくら伝えようとしてもなかなか伝わる事ではなくて、部の雰囲気や部員の行動といったことで感じることだと思います。

口では全日本インカレ優勝としきりに言っていても、行動がともなっていない恥ずかしい集団にはなりたくないし、そう思われたくもないです。その為にも、目標に向かって行動に移せるチームであり続けなければならないと、新歓を通じて改めて感じました。

残り半年とちょっとですが、自分に足りていないことを見つけ、出来るようになるために行動して、1歩ずつ目標に近づいていきたいです。

 

失礼します。

0 コメント

価値観は変わる

こんにちは。

4年470クルーの近藤です。

 

4月半ばになり、ラッシュでも出艇できるくらい暖かくなってきました。

 

試乗会も2週がすぎ、半分が終わりました。

 

だいたい毎年僕は新入生と一緒に470に乗る役なのですが10分前後の出艇だけでヨットの良さを伝えるのはなかなか難しいものです。

 

毎回テンプレートのような質問をして、ヨットの話をして、ヨットっぽいことをしてもらい、盛り上げようと頑張る神川を見たらもう時間が来てしまいます。

 

そんな限られた時間の中でも色々な思いで入学してくる新入生と話しているととても新鮮です。

 

大学でやりたいことがはっきりしていてその学部に入学した人がいれば何となく大学に入ってこれから何かやりたいことを探す人もいます。

 

僕はどちらかというと後者でした。

 

バドミントンやバスケのサークルに入り、ぼちぼちアルバイトをして、留学や旅行をして、そんな大学生活を夢見て入学してきました。

 

そんなことを思いながら試乗会に来た当時の僕は、ヨット部の人にとってはそうとう脈なしの人に見えたかもしれませんね。

 

加えて僕が参加した日は雨で微風であり、動かないヨットでワイヤーに吊るされ、海に寝て遊んでいた自分が何を思ったのかはわかりませんが、その日に入部していました。

 

少なくとも日本一になりたいなどとは思っていなかったのは確かです。

 

しかし入るといつの間にかそれまでの価値観は変わっていました。

 

かつて夢見ていたような大学生活を否定するわけではありませんが、少なくとも自分には今の選択が合っていたと思います。

 

自分のように新歓に来る新入生の価値観はこれからの大学生活でどれだけでも変わると思います。

 

人によって態度を変えてしまいがちな新歓ですがみんなに等しくヨットの楽しさ、ヨット部の良さを伝えることが大切だなと思いました。

 

一緒に日本一を目指すいい仲間がたくさん入ってくれるよう今年も新歓を頑張っていきたいと思います。

 

写真は4年の笹川と2年の佐藤です。

満開の桜とスーツに はえない髪でした。

0 コメント

4月14日 練習報告

こんばんは!

2年470クルーの矢吹です

 

今日も午前出艇して午後から試乗会を行いました。2年生の多くはTOEFLのため午前の練習に参加することは出来ませんでしたが午前の出艇では470は上下とショートレース、スナイプはスタート練習を行いました。

先週から授業が始まったこともあるので上手く両立させながら取り組んでいきたいと思います!

 

また本日は、牧野先輩(H29年卒)、河原田先輩(H30年卒)、内藤先輩(H31年卒)、八並先輩(H31年卒)にレスキュー艇からご指導いただきました。

さらに、佐藤先輩(H30年卒)、金子先輩(H30年卒)、橋口先輩(H31年卒)に練習に参加していただきました。誠にありがとうございました。

 

さて今月のテーマは「新歓エピソード」です。ちょうど1年前の今頃にはじめてヨット部の試乗会に来たのを今でもよく覚えています。その日は生憎の強風で海に出ることは出来ませんでしたが水町での先輩方の話を聞いて、本気でヨットに向き合って日本一を目指している姿に心を揺さぶられました。

あれから1年が経ち今度は自分が迎える側になった今、去年の自分を思い出しながら少しでも多くの九大ヨット部の魅力を新入生に伝えられるよう来週からの試乗会にも取り組んでいきたいと思います!

それでは失礼します。

0 コメント

4月13日 練習報告

こんばんは!

2年マネージャーの園田レナです。

 

今日は午前中は練習を行い、午後からは先週からに引き続き新歓の試乗会がありました。

午前の練習では470は上下とショートレースを行い、スナイプはストップアンドゴー、サークリング、三点回航、ショートレース、上下レースを行いました。

 

本日は午前の練習に牧野碧依先輩(H29年卒)、八並克憲先輩(H31年卒)、内藤大敬先輩(H31年卒)に海上にてご指導いただきました。心より御礼申し上げます。

 

 

さて、今月のテーマは「新歓エピソード」です。去年の今頃がとても懐かしいです。

 

去年は、ヨット部の新歓ではグランドガイダンス、理学部食堂食事会、試乗会に行きました。実際のところ、理学部食堂での食事会には食事会が終了した時間に行ってしまい参加することができなかったのですが、、先輩方が終わった後にも関わらず丁寧に説明をしてくださったのを今でも覚えています。また、ヨットに乗せていただくのが初めてだった私にとって試乗会は本当に楽しくてしかたありませんでした!試乗会に参加する1年生が羨ましいです。(笑)

私はヨット部への入部を決めるぎりぎりまでヨット部と他のもう一つの部活で迷っていました。どちらも私にとっては魅力のある部活でなかなか決めることができませんでしたが、悩んだ末にヨット部に決めました。

 

決めてはやはり本気で日本一を目指しているところです。九大ヨット部は部員全員で本気で頑張れる、日本一を目指せる本当にとてもステキな部です。表に出すか出さないかは人それぞれであってもみんなが日本一になりたいって思いを心のどこかに持っています。そんな部員が新入生を全力で勧誘するからこそまた新たにやる気のある新入生が入部してくれて部全体としてもっともっと強くなれるんだろうなって思います!

 

これからどんな新入生が入部してくれるかすごく楽しみです!!

 

それでは失礼いたします。

 

0 コメント

科学的に筋トレする

こんにちは!

4年スナイプクルーの鹿野です!

 

最近私のGoogleが勝手に筋トレの記事をオススメしてくるようになりました。

AIって怖いですね笑

見事に見破られています。

 

この前その筋トレの記事に書かれていて興味深い内容があったので、お話ししたいと思います!

 

(また、鹿野は筋トレの話かよ!とお思いの方もいらっしゃるとは思いますが、お付き合い頂けると嬉しいです笑)

 

内容は、「筋肥大の決め手は総負荷量だ」というものです。

 

総負荷量=トレーニングの強度(重量)×回数×セット数

となっています。

つまり、かなり負荷をかけて数回やるのと、小さな負荷で数を重ねるのは同じことだということです。

 

さらに、実験で高負荷と低負荷のグループに分かれて同様の筋トレを疲労困憊になるまでやってみたところ、低負荷のほうが総負荷量が高くなったそうです。

 

よくトレ室で「あーーーー」みたいなうめき声をよく聞きますが、それくらいの負荷のトレーニングは数を重ねられず、筋肥大につながってない可能性もあるということですね!

 

もし、筋トレに苦手意識を持っている方がいらっしゃれば、もっと負荷をさげて回数とセット数を増やすやり方に変えてみてもいいのかもしれません!

実際私もどちらかというとこういうやり方をやっていて、しっかり筋肉がついたので...笑

 

筋トレもただひたすらに頑張ればいいものじゃないですね。科学的根拠に基づいたトレーニングをしていかないといけません。ヨット部もできる限りヨットのことに時間を費やすうえで、効率よくトレーニングもしていけるといいなと思います!

 

写真は共に筋トレを頑張る女子選手のメンバーです!

さすが女子選手、写真がばえてない笑

0 コメント

『THE TEAM 5つの法則』を読んで

『THE TEAM 5つの法則』を読んで

                           九州大学4年岩原桃子

 

大学の部活に限らず、チームで何かをするというシチュエーションは日常でよく発生します。多くの場合、チームでは目標が設定されその達成に向けて取り組まなければなりません。

 

しかし、チームに関して体系的に学ぶ機会がないため多くの人がチームへの誤った認識や思い込みにより良い成果が出せていないと著者は述べています。

 

チームが1+1=2以上のパフォーマンスを発揮するには5つの要素、

Aim(目標設定設定)、Boarding(人員選定)、Communication(意志疎通)、Decision(意思決定)、Engagement(共感創造)が重要です。

 

特にDecisionについてはヨット部に直ぐにでも活用できると思いました。

意思決定の方法はいくつかありますが、多めの人数で話し合う場合、①まず選択肢を選ぶ基準を出し、②その基準に優先順位をつけ③実際の選択肢を上げ優先度の高い基準を満たすか判断する、という手法が適しています。

また上の立場の人だけで意思決定をする場合、そのスピードを重視するべきだと言います。なぜならこのような時は選択肢のメリットデメリットはほぼ拮抗しており、迷う時間を減らした分実行したあとその選択をより良くする時間に回したほうが効率的だからです。

 

ヨット部ではミーティングにかなりの時間を取られているので、無駄な話し合いを無くすためにも取り入れられたらいいなと感じました。

 

 

今回は読書感想文っぽくしてみました笑

ふざけてないですよ、大真面目です。

他の内容も気になる方は麻野耕司さんの『THE

TEAM 5つの法則』、是非読んでみてください。

 

 

写真は新歓映えする1枚にしておきます!

0 コメント

研究室の活動からヨットへ

昨晩からの桜雨で、きれいな葉桜だった花びらが散り、少し切なく、季節の移り変わりを感じる朝となりました。

 

副将兼スナイプリーダーの西島孝です。

 

声の調子がだんだんと良くなりました。

 

4月から研究室での生活が始まり、新しい環境でとても刺激的な毎日を過ごしています。

 

 

今日は、4月からの研究活動から得ようと思うものについて自分の考えを書きました。

 

僕たちヨット部は、第84回全日本学生ヨット選手権大会団体戦総合優勝を目標に活動しております。

 

ヨットの大会で勝つためには、ヨットの練習をしこたまして、毎日ヨットのことを考えて、、と簡単に言うことが出来ますが、必ずしもそう簡単ではないと思います。

 

先ほども書きましたが、現在、研究室で自分のテーマを研究し、自分の分野で世の中に貢献するべく研鑽しています。

 

 

そこで気付いたのが、研究のサイクルをことこそが、上達し、目標達成へと導くものだと言うことです。

 

 

 

まずは、理想像と現実のギャップから生じる問題(研究テーマ)を認識すること。

そして、それを解決するために、先人の知恵や、技術を学び、それを自分自身の問題解決に応用してみる、そして、失敗を反省して、次の成功に繋げていく。そうして自己実現を行なっていく。

これには、思考力が必要で、研究に真摯に向き合うことでこの力を鍛えることができると思います。

 

答えが明確でないヨットだからこそ、海の上で自分の思考力が必要なのは明確です。

 

自ら、知識を得て、刻一刻と状況が変化する海上で正しい判断をくだすために、一見遠回りには見えるが、日々、思考力を鍛えていこうと思います。

 

これが、結果的に僕のヨットの上達に繋がると思っています。

 

 

これからも、日々研究のサイクルを回しながら、ヨットの上達に向けて精進していこうと思います。

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。

0 コメント

研究室きまった

こんにちは!主将の永野俊輔です。

 

ここ数週間の心配事であった研究室配属も無事終わり、かなりホワイトな研究室に配属されました。部活もやりやすいようでかなりほっとしています。

 

春練習が終わって数日ヨットから離れて気づいたことを書こうと思います。 

 

それは過去は変えられないが、未来も変えられない、ということです。これは昨年の慶應大ヨット部主将の方も引退後、おっしゃっていたことなのですが、最近身にしみて感じるようになりました。過去は変えられないから後悔のないように行動しよう、とは様々な場面で言われますが、未来も同様なのです。「未来も変えられない」とは、未来とは今の積み重ねでしかなく、自分の意思で左右できるではないということだと僕は考えます。当たり前だと笑われるかも知れませんが、変えることの出来るのは今この瞬間だけだということだということを4年生になって痛感しています。

 

僕達九大ヨット部は全日本インカレ総合優勝という目標を立てていますが、何かをすれば優勝出来る、ということは何もありません。どれだけ日本一になりたくても、今を全力で過ごすほかは何も出来ることはありません。

 

入部するときには永遠に続くとも思えたヨット部生活もあと7ヶ月。全力で駆け抜けたいと思います。

 

それでは失礼します。

 

0 コメント

ちょれーい

こんにちは。四年三浦です。

 

さて突然ですが、僕の中高での部活動は何でしょうか?

一部では格好つけて中学野球部の高校サッカー部などと言うこともあるのですが、正解は中高ともに卓球部です。

 

題名のちょれーいは、卓球界のホープである張本智和選手の掛け声です。ニュースなどで取り上げられているのを見たことがある人も多いと思います。

この張本選手の「ちょれーい!!」や今は引退された福原愛選手の「さあっ!!」など卓球選手には得点したときに掛け声を出す人が多いし、それが良しとされています。僕も部活でしていた時には、何を言っているのか良く分からないような声をめちゃくちゃ出していました。声を出すと相手を圧ることができ流れが回ってくるような気がするし、何よりも自分の気持ちがアがります。

 

ヨット部でも常に声を出すことが求められます。これは強風で離れた場所にいても声が届くようにするためや、チーム力を高めるため、チームを鼓舞するためなど色々な目的があるとされます。実際、安全面では僕もレスキューを呼ぶ声が届かず怖い思いをしたことが何度かあり、その度に自分の声がもっと大きければと思いました。

そんな様々な目的の中でもやはりチームを鼓舞することが一番重要なのではないかと思います。

朝の体操から声が出ている日は一日の練習の活気があがり、目に見えて練習の質もあがります。またこの重要性を一番体感したのは七大戦のエール交換です。七大が円になって互いにエールをしていくなかで、トリで七大戦での完全優勝を誓う。

これは恐らく僕だけと思いますが、エール交換の時には相手を威嚇しながら、どれだけ九大の格を見せられるか。オールブラックスのハカのような気持ちでやっていました。エールがしょぼければ他大になめられるだけです。

 

これはどんなスポーツのチームにも言えることだと思いますが、声が出ていて統率の取れたチームは強そうに見えるしかっこういいのです。

以上、なんとなく最近思ったことをつらつらと書いてしまいました。

 

今日のお写真は僕と同じ中高卓球部の位田くんです。

たまに勝負するのですが、今のところ僕の一勝三敗です。

次こそは雪辱を果たしたいと思います。

 

それでは失礼いたします。

0 コメント

4月7日 練習報告

こんばんは。

2年スナイプスキッパーの足立拓馬です。

 

今日は午前中に練習、午後に新歓の試乗会がありました。午前の練習ではサークリング、下上、スタート練習、上下スタートをしました。微風から軽風くらいのコンディションで風も振れ振れでしたが練習メニューを変えながら良い練習ができました。自分の課題はスタートなのですが、風が弱い中で色々なことを試しながらできて良かったです。

また本日は佐藤菜々恵先輩(H30年卒)に午前中、海上にてご指導いただきました。誠にありがとうこざいました。

午後は試乗会がありました。トラッピーズやハイクアウトに出れるようないい風が吹いたので良い試乗会になりました。自分もスナイプスキッパーとして出艇して多くの後輩と話しました。終わったあとには皆「楽しかった」と言ってくれたのでほっとしました。

 

今月のテーマは「新歓エピソード」です。僕は大学に入る前からヨットをやっていたので、大学入学前からヨット部に入ることに決めていました。そのため新歓で入部を決意したきっかけというのはないのですが、受験勉強をする中で励みになっていたのはヨット部の新歓PVやモチベーションUPビデオです。その動画を見ながら「絶対ここでヨットをやる」という気持ちで受験勉強していました。このブログを読んでくださっている方でまだ今年の新歓PVを見ていない人は是非見て欲しいです。僕も何度も見てモチベーションを上げています。(笑)

 

新歓はまだ始まったばかりです。

多くの新入生に入ってもらえるようできることを頑張りたいです!

 

失礼します。

2 コメント

4月6日 活動報告

こんにちは。4年の三上です。

 

4月に入りました。4月はまさにスタートの月です。春練が終わり、前期練習がスタートしました。学校では授業が再びはじまります。また、新歓もスタートします。どの面においても出遅れることなく第1線からフルスピードで飛び出したいですね!

 

さて、本日は午後からの帆友会総会に向けて、午前はその準備または4月の全体練習で意識することについての確認や先日本格的に始まった新歓のミーティングなどをしました。

 

新歓は毎年3年生がリーダーの行事です。3年生らしさがしっかり出ている新歓にしてほしいですね!入江を中心にがんばれ!

 

午後からは部員全員で帆友会総会に出席しました。現役としては帆友会の先輩方へ直接活動報告ができる貴重な機会です。主将の永野より現状報告をさせて頂きました。

 

大学に入学してからもう4回目の4月です。毎年この1ヶ月はイベントが盛りだくさんで、あっという間に過ぎていく印象です。しかし、当たり前のことですが、この1ヶ月もインカレ前の1ヶ月も同じ時間です。気の抜けた1日を過ごす余裕はありません。次の西日本インカレに向けて、毎日を超戦の日々にしていきましょう!

 

0 コメント

4月5日 ブログ

こんばんは。

3年マネージャーの寺井涼香です。

 

もうすぐ春休みも終わりです。気づけば4月に入り、明後日からはいよいよヨット部の大きな新歓イベントである試乗会が始まります。ミーティングを重ね、十分な準備を進めているところではありますが、やはり初めての試乗会は緊張します。

初日の試乗会へは多くの新入生が参加を希望してくれているので、その期待に応えられるよう現役部員みんなで盛り上げていきたいです!

また、新歓に際してご協力いただきます先輩方には心より感謝申し上げます。

 

新歓の話とは変わりますが、今日4/5は白水先輩の命日でもあります。私は4年生の先輩方とともにお墓まいりに伺いました。白水先輩の安らかな眠りをお祈り申し上げるとともに、この1年間部員の誰一人として事故や怪我をすることのないよう安全への意識を強く持たなければならないという気持ちになりました。

九大ヨット部は日本一を目指す組織です。日本一を目指す組織ならば、日本一の安全意識をもって練習に取り組まなければならない、と私は思います。

もちろんヒヤリとするような事故が起きないよう、事前に十分な対策をしておくことが重要です。しかし、それだけでなく万が一危険な場面にあったときに、対処できる能力というのも必要だと思います。3年生になるとレスキューでの責任も大きくなり、練習では臨機応変な対応が求められることがあります。

毎日、安全でより質の高い練習ができるよう、気を引き締めて練習に取り組んでいきたいと思います。

 

拙い文章でありましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

この辺で失礼します。

0 コメント

新入生へ

こんにちは、スナイプクルーの笹川です。

 

昨日は、入学式でした!新入生のみなさんご入学おめでとうございます。

やはり、新一年生の顔は希望に満ち明るく輝いています。

僕らも明るく元気に頑張たいものです笑

 

今日は、グラウンドガイダンスです。

10時〜17時、総合体育館横のグラウンドにて、各部活、サークルが集まっておりますので、新入生のみなさん、ぜひ足を運んでみてください!

ヨット部は実際にヨットを持ってきてます!!

 

今回のブログでは、昨日の入学式で、ヨット部に声をかけられ、ネット検索し、このブログに行き着いた新入生に向けて、僕の主観と偏見でヨット部の紹介をさせていただこうと思います。

 

まず、ヨット部のいいところは、日本一を目指していることなのではないかと思います。

また、もちろん海の上で風を感じ、操り、もてあそばれながら、大勢の仲間と大学の4年間を過ごすことも大きな魅力であると思います。

なによりも楽しい!

もちろん楽しいことばかりではないのですが、楽しむことができる部活であると自負しております。

 

ここまでヨット部の紹介だけしてきましたが、新入生のみなさんには、是非ともヨット部だけでなく、色々な部活、サークルの新歓に参加して自分の楽しめる環境を探していただきたいです!

 

そして、夢中になれるものを見つけてほしいです!

0 コメント

入学式

こんにちは。4年の今西です。

   今日は入学式がありました。ヨット部もより多くの新入部員を獲得するために新歓活動を行いました。

   新入生と話していると、自分が勧誘された時のことを思い出し、懐かしく思うとともにあれからもう3年も経ってしまったのかと感慨深い気持ちになります。。。

  自分が入学した時には全く考えていませんでたが、サークル・部活選びというものは学生生活において非常に大きな決断です。幸運にも私はヨット部の先輩に声をかけていただき、ヨットという情熱を持って活動できるスポーツ、組織に出会うことができました。

   1年生全員に声をかけることは不可能かもしれませんが、できるだけ多くの人にヨット部を知ってもらい、これからの学生生活の選択肢を増やしてあげれたらと思います。

   何か新しいこと、アツいことがしたい1年生には、ヨット部をオススメします!

   明日はグラウンドガイダンスです。実際にディンギーを展示するのでより魅力を知ってもらえるのではないでしょうか。

写真は、3年前の添田さんです。かっけぇっす。

3年間で人は成長するのですね。

   失礼します。

0 コメント

世代交代

こんにちは。

4年マネージャーの渡邊由紀乃です。

 

ついに、新4年生ではなく本当に4年生になってしまいました。そんな新年度始まりの昨日は、新元号の話題で持ちきりでしたね。

卒業後は「令和2年卒の渡邊です」と名乗ると思うと、不思議な感じがします。(どうせなら、令和元年卒と名乗りたかったです。)

 

最後の春練習もついに終わり、明日からは本格的に新歓活動が始まります。

ヨット部の新歓は3年生が主体となって行うため、私たち4年生は3年生の指示のもとで動くことになります。理奈子先輩の受け入りですが、4年の新歓は世代交代感が強いです。

 

私は主務部長として学校とのやりとりを担っていますが、最近は新歓に関するメールが毎日のように送られてきます。そのメールの内容を3年生へ伝えるたびに、昨年はミーティングでこんなこと話してたな〜としみじみ思い出していました。

 

 

早々と世代交代を感じるのは新歓だけではありません。日々の練習でも後輩マネージャーの働きぶりを見て、世代交代を感じる場面がありました。

 

2年マネージャーは、集合より早い時間にレスキューチェックやキーパーの準備を終わらせてくれています。練習中も何も言わずとも本部船の仕事をこなし、先輩選手に厳しく指導を受けながらも、負けじとレスキューの運転を頑張る姿は頼もしかったです。

遠征先では、2マネの美彩が備品係リーダーとして、毎日備品リストを片手に走り回ってくれたり、他のみんなもそれぞれの役割を確実にこなしてくれました。

 

3年マネージャーに対しては、私が1年間先輩であるということを忘れてしまうほどに、多くの場面で助けられています。

部の運営でも4人それぞれが部署長を担っており、遠征もレスキュー管理もトレーニング管理も日々のブログの更新も、、、全て3マネそれぞれに安心して任せています。

 

世代交代を早々と感じてしまうほどに、頼もしい後輩に囲まれて私は幸せです。

 

散々世代交代と言ってきましたが、本音を言うと世代交代なんてまだまだ言われたくありません…笑

後輩たちに負けじと、4年の意地を見せつける新年度にしたいと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。それでは、失礼します。

0 コメント

新元号発表

こんにちは!470の福本です!

 

長く春練習も一昨日に全日程終了し一安心しております。個人的に春練習は長くそして致命的に寒いのかなり苦手でした。

部活に向かう途中に唐津街道からバイクに海に飛び込んでやろうかと何度思ったことか、、、。冗談です。

何はともあれ、春練習を乗り越えることができたのは大きな意味を持つのではないかと思っています。これからも頑張るぞ!

 

さてブログの本題に入りたいと思いますが、いよいよ本日新元号が発表ですね!(ブログは朝の9時くらいに書いているのでまだわかりません!)

自分は平成に生まれているので改元を経験したことがなく世の中がどんな風に変わっていくのか少し楽しみです。

元号って当たり前すぎて普段意識しないので変わってしまうと言われと少し寂しいですね。

 

何かが変化するときにはそれを受け入れるために色々な苦労をしますが、個人的には元号が変わったら書類を書くのに苦労すると思っています。

自分は年が明けたり、学年が上がった時にテストや提出物に前の学年を書いてしまうということを絶対にやってしまうので元号が変わったら絶対にミスをするんだろうなーと思っています。

間違わない良い方法募集中です笑

 

ほかにも変化としては若い世代の人たちに「あの人は平成生まれだから」とか「考え方が平成」などと言われてしまうのでしょうか。いつまでもニューカマーを気取っていられません、常に若い気持ちを持ち続けていきたいものです。

 

色々不安を述べたりしましたが新しいもの好きの僕は改元とともにくる新しい時代がかなり楽しみです。

かなり脈絡はありませんが、次の時代も次の次の時代も九大ヨット部が繁栄することを心より願っています。

 

最後までまとまりのない文章を読んでいただきありがとうございました。失礼いたします。

 

0 コメント

なぜするのか?

こんにちは!

4年スナイプクルーの都田です。

 

昨日は、学内新人戦が行われました。

まずは、優勝した佐藤おめでとう!!

3年生は、企画、運営お疲れ様でした。

強風の中、安全に終えることができ、とてもよかったと思います。

 

 

昨日で春練が終わり、これからは新歓が始まります。

練習時間が少なくなるので、成長を止めないためには工夫が必要だと思います。

去年、新歓を通して思ったことがあります。

 

何かに取り組むとき、それに対してどういう意識で取り組むかで見え方が変わることです。

 

例えば、新歓に対して

練習時間が削られるし、たくさん喋らないといけなくてめんどくさいイベントだなー

 

と思って取り組む人と

 

練習時間は確かに少なくなるけど、日本一になるためには必要なイベントだ。新入生と話す中で、自分の取り組みが本当に日本一になるためにできているかを振り返ろう

 

と思って取り組む人では、4月の成長は大きく変わると思います。

新歓は、練習の効率を上げるために部員数が必要であり、部が今後も続いていくために、絶対に必要なイベントです。

つまり、新歓も見方を変えれば、練習することと同じく、九大ヨット部が日本一になるために必要だからしていると僕は思います。

 

 

なぜするのか?

 

自分の中で、きちんと理由を持って取り組まないと、ただやらされてるだけの人になってしまいます。

 

上下をなぜするのか?

ロングレースをなぜするのか?

小戸ランはなぜするのか?

 

こういう質問が後輩から先輩やレース技術部にあってもいいと思います。

 

もし、自分の中で理由をもってないなら、考えてみてください。

 

主将がよく話す、“主体性”をもって取り組むということは、

何も考えずに言われたことをしたり、決まったことをしたりするのではなく、

自分で日本一になるためには何をすべきかを考えて行動することだと思います。

部のことを考えるのは、幹部だけでも、四年生だけでもありません。全員です。

 

全員が本当に“主体性”をもつことができたら、

九大は相当な数の力を手に入れられると思います。

 

積み込みが速いだけの数の力は、卒業したいです。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

失礼致します。

 

0 コメント

3月30日 練習報告

こんばんは!

新2年スナイプクルーの佐田寛朗です。

本日の練習報告を致します。

 

本日は学内新人戦を行いました。本日は強風が予想されたため、早めにレースを行いました。しかし、予報より早めに吹き上がったためレースは中止となり、ハーバーバックしました。1時間後風が落ちたので出艇し、4レースを行いました。その後風が上がったため、再び着岸しました。風の変化が激しかった1日でしたがしっかり4レースを消化することができました。

 

 

また本日は、松本先輩(S33年卒)、東先輩(S36年卒)、赤穂先輩(S41年卒)、西田先輩(S46年卒)にGenkaiからご声援をいただき、村上先輩(S38年卒)、奥薗先輩(S47年卒)にご声援をいただきました。開会式では、平畑監督(H1年卒)より激励のお言葉を頂きました。本日は誠にありがとうございました。

 

今月のブログのテーマは「憧れの先輩像」です。

 

僕の憧れの先輩像は、誰にでも頼られる先輩です。

最終目標は、レギュラーとして全日本インカレ団体戦に出場するとき、部員の全員に「彼なら任せられる」と言ってもらえるようになりたいです。そのためにも日々の与えられた仕事を完璧にこなしたり、困っている後輩の手助けができたり、そんな先輩になりたいです。もうすぐ新歓ということで僕も先輩という立場になるのでいち早くそういう先輩に近づけるように日々頑張ります。どんな後輩が入ってくるか楽しみです!

 

今日で春練期間が終わりました。強風やトレーニングできつい日が続きましたが、濃い練習期間でした。この春練期間の成長度はどの大学にも負けてないと思います!

 

失礼致します。

0 コメント

3月29日 練習報告

こんばんは。新2年マネージャーの濱田彩花です。

 

本日の練習報告をさせていただきます。明日が学内新人戦のため、午前に4年生はミーティング2,3年生はシングルの整備をし、午後はシングルとディンギーで出艇したものの風が上がったたため艇をしぼってマッチレースを行いました。

 

また本日は内藤先輩(H31年卒)と宮田先輩(H31年卒)に海上にてご指導していただきました。心より御礼申し上げます。

 

 

 

信じがたいことに九大ヨット部に入部して早くも1年が経とうとしています。私は入部したてでヨットについての知識が全くない中、先輩方から丁寧に一から教えていただき、ヨットの楽しさを徐々に知っていきました。

しかし、選手の話を聞いていると、まだまだ知らないことばかりで知識の無さを実感します。

 

後輩ができて教える側に回ると、いざ自分に知らないことがあっても、聞くのが恥ずかしくてついためらってしまうのですが、知ることを恥じていては何も変わりません。自分も学び続ける姿勢を保ち続けることが大事なのではないかと思います。

 

理想の先輩像の話からはだいぶそれてしまいましたが、来年は新入部員とわからないことあれば積極的に質問して、一緒に学んでいくスタイルでいこうと思います。

 

 

明日は学内新人戦が行われます。同期同士のレースは初めてなのでどうなるか楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは失礼いたします。

0 コメント

4年生と1年生

こんにちは、470クルーの添田です。長い長い春練習も残すところあと2日となりました。今年は強風の日が多かったため特に動作面においてはそれなりにスキルアップができたと思います。

 

さて、もうすぐ4月になります。気づけば4年生です。自分が金沢から九州へやってこの部の新歓PVに魅了されてヨット部に入って3年が経ちました。僕らが一年生だった時の4年生は先日大学院を卒業した樽谷さん達の代でした。当時の4年生はカッコよかったり厳しかったりいろんな意味で自分とは遠い存在だなと感じていました。特に全体ミーティングの床に座る一年生と向かい合って椅子に座っている4年生との距離感は近いようで遠く、自分が4年生になった時彼らのような人間になれるか不安でした。あれから3年、今度は自分達がクラブハウスで海を背にして1年生と向かい合う番です。この部で得る事学ぶ事は多く自分を大きく成長させてくれましたが足りない事や間違っている事もまだまだ沢山あります。部では責任を請け負う側の立場である4年生ですが正直言ってそこまでの役目を果たせる自信はまだ有りません。新しい1年生の入部まで1ヶ月ほど時間があるので彼らにカッコよく立派に見えるような4年生になれるように頑張ります。

 

写真は一年の七大戦の時の写真です。スナイパーの2名は現在全く面影がありません。

0 コメント

3月27日 練習報告

こんばんは。

新3年マネージャーの川野由美子です。

本日の練習報告を致します。

 

午前中は、470スナイプ共に上下とショートレース、午後は上下とタック・ジャイブ練を行いました。午前中は微風だったのですが、お昼頃から強風に変わり、風域の広い練習になりました。強風続きのタームでしたが、多くのことを学べた1日だったのではないかと思います。

また本日は牧野先輩(H29年卒)に海上にてご指導いただきました。誠にありがとうございました。

 

さて、今月のブログのテーマは「憧れの先輩像」です。真っ先に思いついたのは、おっさんずラブのはるたんです。(知らない人はごめんなさい。ヨット部にもファン多数なので是非見てください。)はるたんは決して先輩のようには見えないけどそっと後輩の後押しをし、密かに背中を追いかけられ、後輩を素直に尊敬できる人です。私はマネージャーこそチーム戦だと思っています。後輩の力なしに何も出来ません。横一列に並んで一緒に前に進んでいるイメージです。時には半歩先で指示を出し、時には半歩下がって背中を押す。如何なる時も絶対的に手の伸ばす所にいてくれる。そんな先輩になれたらいいなと思います。こんな抽象的なことばかり書いてますが、具体的には、思いやりがあり、筋が通ってる人には誰もがついて行きたいと思うものです。その2つを見失わないように後輩と接していけたらいいなと思います。

 

長い春練習も残り1タームとなりました。悔いのない春練習になるよう、気を引き締めていきたいです。

 

失礼致します。

0 コメント

3月26日 練習報告

こんばんは。

新2年スタッフの藤井美来です。

 

本日の練習報告を致します。

 

午前中は470は上下、スナイプは上下レースとセーリング、午後は470はセーリングと上下、スナイプは上下とタック・ジャイブ練を行いました。強風のため、一日中艇数を絞っての練習でしたが、ディンギーに乗っていない選手も、レスキュー上でアドバイスを出したり、大きな声でカウントしたりと、精力的に練習に参加していました。

また本日は宮田先輩(H31年卒)に午前中、海上にてご指導いただきました。誠にありがとうございました。

 

今回のテーマは「憧れの先輩像」です。

 

私には漠然と2つの憧れの先輩像があります。

 

1つ目は後輩と対等な関係性をもって付き合える先輩です。

それは後輩とも友達のようにという意味ではありません。(まぁ、そういう時もあってもいいとは思うのですが…)

私は、後輩に対しても心の中では常に敬意を払って接していたいです。

年上の人は、自分よりもより多くのことを経験しているという点で学ぶべきことが沢山あります。後輩からも学ぶべきことが沢山あると思うのです。大学生活、部活での生活、すべてが始めてで右も左もわからない。そんななかでも必死に頑張る姿や、未熟だからこそ生まれる考え方。そうした考え方を「経験不足だから」といって丸め込んしまうのではなく、そこから刺激を受けたり、なぜそう考えるのか考えて理解しようとしたりして一緒に成長していこうとする。そういった意味での対等な関係を築ける先輩になりたいです。

 

2つ目は教える時も思いやりを忘れない先輩です。

「思いやりをもって行動する」ことは人間にとって基本的なことだと思います。でも、心からの思いやりを持って行動できている人はどれくらいいるのでしょうか?思いやっているつもりになってはいないでしょうか?結局は自分の利益を見据えた上での行動になってはいないのでしょうか?優しいだけが思いやりではありません。優しい人と思われたいから。頼りにされたいから。そういった考えから起こるの行動は思いやり擬きだと思います。

自分勝手な思いやりの行動はすぐにバレてしまいます。そして、そういった考えをもつ先輩についていきたいとは思いません。

本当の「思いやりの心」を忘れない先輩になりたいです。

 

私にとってはとても高い目標ではありますが、新入生と共に、成長していけたらと思います。

 

失礼します。

0 コメント

3月25日 練習報告

こんばんは!

新2年470スキッパーの森ゆり奈です。

 

本日の練習報告を致します。

 

午前中470は上下とサークリングとロッキングレースを行い、スナイプは上下レースと三点回航を行いました。午後は両クラスともタック練ジャイブ練と上下を行いました。微風で風が入ったり抜けたりとてもむずかしかったです。

 

今月のテーマは「憧れの先輩像」です。

私は後輩が悩んでいる時に相談しやすい先輩になりたいです。この一年、悩んだり落ち込んだ時、たくさんの先輩方にお話を聞いていだだき、アドバイスをしていただきました。私も先輩方のように後輩が悩んでいる時、力になれるような先輩になりたいです。

 

まだ先輩になる実感があまりないですが、どんな後輩が入ってきてくれるのか楽しみです!

 

本日の食当は麻婆豆腐でした!とてもおいしくておかわりしました!

0 コメント

食当マネ

こんにちは!

4年マネージャーの栗原です。

 

春練習も終わりに差し掛かり、気づけば残り2タームとなりました。

久しぶりにブログが回ってきたので、春練習にちなみ、マネージャーの仕事である「食当」について、書こうと思います。

 

Facebookでブログをご覧の方はご存知かと思いますが、練習ブログには毎回その日の食当写真が載せてあります。

あれらは全てマネージャーの手作りです。食当は、いわゆる「お昼ご飯」ということです。

 

1日の食当マネは2~3人で、全体の動きとは少し別行動をとります。

 

朝の集合を終えると、まずご飯を炊きます。

この時期は約40人分のご飯を炊くため、2つの20合炊き炊飯器を同時にフル稼働させます。新入生が入ってくると、70人近くなるため、これを2サイクルします。

普通に考えれば、とてつもないご飯の量です。

 

以前、同期選手に「米って無洗米なんでしょ?」と言われたことがありますが、違います。40合でも70合でも、夏でも冬でも、全て手で研いでます。決して楽なんてしてませんよ!笑

 

米を炊飯器にセットし終わると、メニューを決めて、買い出しに行きます。

食当は基本的に丼物で、その日の食当マネの気分であったり、その辺にいる選手に食べたいものを聞いたりと、色んな方法でメニューを決めます。そして、3種類以上の野菜を必ず使うようにしています。

 

春練習など、練習が続く時はメニューが被らないように気をつけます。そのため、新しいものに挑戦するマネージャーもいて、バラエティ豊富となります。

 

私が食当の日は、失敗というリスクを避け、カレーやハヤシライスなど、ド定番で攻めます。また、定番メニューは、みんなが喜んでくれるというのもあって作ってしまいます。

 

食材の購入場所は、ハーバー近くのフードウェイや、駅近くのマックスバリューに自転車で行ったりと様々です。

 

買い出しが終わると、調理開始です。

マネージャーだけの作業で、色んな学年が集まっているので、部内のあんなことやこんなこと、様々な情報が共有されます。

「どこでその話知ったの?!」ということがあれば、それは食当の場かもしれませんね。

 

寸胴鍋で具材を作り終わると、「いただきます」の時間に合わせて配膳します。陸で食べる時には丼ぶりの器に、海上で食べる時にはタッパーにご飯をつめます。

 

陸上で食べる時は、円の形に配膳し、全員が揃ったら食べ始めます。

海上から戻ってきた選手やマネージャーが、「美味しい」「あったかい」と言ってくれたり、おかわりしてる姿を見る時が、食当マネにとって一番嬉しいときです。海上飯だと、この時間がないので、少し寂しく感じることもあります、、、

 

そして、食べ終わると、「ごちそうさまでした」の前に、主将が食当に対して一言コメントをしてくれます。毎日コメントするのはちょっと大変かもしれませんが、地味に楽しみにしてるので、よろしくね永野!

 

食べ終わった食器や鍋などを洗い終わり、片付けまで済んだら、食当マネの仕事は終わりです。

 

つらつらと食当マネの1日について書きましたが、食当マネはその日一日、部員と関わる時間も短く、選手にとっては未知な部分もあるかと思うので、少しでも知って貰えたらな、と思います。

 

これからも、美味しくて、元気の源になるような食当を作っていこうと思います!

 

今回の写真は、先日の卒業式でマネージャー全員で撮ったものです。袴姿の先輩方はすごく綺麗で見とれてしまいました...

0 コメント

3月23日 練習報告

こんばんは。

2年スナイプスキッパーの藏藤です。

 

本日の練習報告をします。

スナイプ、470ともにセーリング、上下をしました。

今日も強風でしたが、出ることができてとても良い経験になりました。まだまだ強風で乗りこなせているとはいえないですが今日の反省を生かして次に望んでいきたいです。

 

また本日は内藤先輩(H31年卒)と宮田先輩(H31年卒)に海上にてご指導いただきました。心より御礼申し上げます。

 

さて今月のブログテーマは「憧れの先輩像」です。

自分は後輩に頼られる先輩になりたいなと思います。今の3年、4年の先輩は本当に頼れる先輩で、特に今一緒に乗せていただいている千尋さんにはいつも自分が失敗した時などフォローをすごくしてもらって本当にいつも助けられています。自分も後輩が入ればいつかは後輩と一緒に乗るようになるので、後輩の失敗もカバーできて頼られる先輩になりたいです。後輩が入ってくるまでもう時間が無いのでこれからもより一層頑張っていきたいです。

 

失礼します。

 

0 コメント

3月22日 練習報告

こんばんは!

新2年スナイプクルーの酒井信之介です。

 

本日の練習報告を致します。

午前はスナイプはタック練ジャイブ練をした後ショートレース上下、470は上下ショートレースをしました。午後は470スナイプ共にセーリングとロングレースをした後、上下回航を行いました。

今日は昨日に引き続き強風でした。

最近強風の日が多くいい経験ができています。

この機会を活かしていきたいなと思います。

 

また本日は、練習後に内藤先輩(H30年卒)、衞藤先輩(H30年卒)がハーバーに来られ、差し入れをしていただきました。誠にありがとうございました。

 

今月のテーマは「憧れの先輩像」です。

僕にとっての憧れの先輩像は後輩に憧れられる先輩です。

ヨット部の活動において部を辞めたくなるタイミングは多々訪れます。

春練期間も例外ではありませんでした。

そんな時僕の支えになっていたのはヨットの楽しさや奥深さというよりは先輩への憧れでした。

もうやめたいと思った時も今我慢すれば1年後、2年後、3年後あんな風になれるのではと思い僕は一年間続けてくることができました。

春練が終わりに近づくにつれてまだみぬ後輩の存在が現実味を帯びてきました。

これまで本格的な部活をしてこなかった僕にっては後輩は未知なるものであります。

そんなまだみぬ後輩がキツイ時に励みになるようなそんな先輩になっていければなと思います。

今はまだまだ心身ともに未熟も未熟ではありますが、自分の憧れの先輩像にふさわしい人になれるようにこれからも頑張っていこうと思います。

失礼致します

0 コメント

3月21日 練習報告

こんばんは!

新2年マネージャーの山之内美彩です。

 

本日の練習報告を致します。

午前は各クラス整備をし、午後は470が

上下回航とショートレース、スナイプは上下回航を行いました。今日は強風で、練習やミーティングを通してレスキューの役割をもう一度見直すことができました。

 

また、本日は鄭先輩(H31年卒)と橋口先輩(H31年卒)に海上にてご指導いただきました。心より御礼申し上げます。

 

今月のテーマは「憧れの先輩像」です。

中学、高校の部活動では2年生の夏までには最高学年として活動するようになっていましたが、大学ではまだ上に2学年も先輩方がいらっしゃるので、私が先輩になることが不思議な感じがしてしまいます。

私の憧れの先輩像は、助け合える人です。今、私たち2年マネージャーがやっている仕事ももう少しすれば新入生が担当するようになります。その時に、全ての仕事を「ありがとう」や「お願いします!」で任せてしまうのではなく、特に私たちは人数が多いのでその良さを生かして、自然と手助けができればいいなと思います。また、助け合うということで、同期や先輩、後輩に対してちゃんと助けを求めるということも大切なのかなと思います。とはいえ、この春練習では同期マネージャーからの「何か手伝うことない?」との声だけでなく、先輩方にもたくさん助けてもらいました。なので、助けてもらって嬉しかったことを、次に周りの人に返せるように憧れの先輩像に近づいていきたいです!

 

夏休みよりも長いと言われる大学生の春休みも、気づけば残りわずかとなりました。残りの練習日も気を引き締めて頑張りたいです。

 

それでは失礼致します。

卒業式

こんにちは。

4年スナイプの竹中です。

 

今日は卒業式です。僕達のひとつ上の先輩方が卒業されます。

 

ひとつ上の先輩方にはとてもよくお世話になりました。1年生の時の教養部合宿でロープワークを教わったり工具の名前を教わる所から始まり、艤装練習をして頂いたり、陸ヨットを教えて頂いたり、などなど。他にもまだまだあるのですが、とても長くなってしまうのでこの辺にしておきますが。

 

このように、1つ上の先輩には感謝してもしきれません。僕の大好きな代です。また小戸に来てください。

 

先輩方が去年の全日本インカレで引退されて、もう半年弱が経ちました。とても早く感じます。最近になってようやくチームにまとまりができてきたように思えますが、ひと月後には新入生も入ってきて、さらにチーム力が大事になってくると思います。ヨットだけではなくて、チームのために何が出来るのかを考えて、行動していきたいです。

0 コメント

3月19日 練習報告

今日は470は午前に上下回航をした後風がなくなったため陸で牧野先輩に座学をしていただきました。午後は出艇してセーリングとロングレースをしました。僕は本日はレスキュー艇から見ていましたがレースを一歩引いた視点から見ることができて良い経験になりました。

 

また、本日は牧野先輩(H29年卒)と鄭先輩(H31年卒)に海上にてご指導いただき、鄭先輩からは差し入れもいただきました。心より御礼申し上げます。

 

僕の理想の先輩像は視野の広い先輩です。先輩になると自分のことだけではなく後輩のこと、組織全体のことも考えなければいけません。特に4年生になると安全のことやその他にも多くのことを考えなければなりません。また、視野が広いということはヨットにも重要なことだと思います。自艇のセールの状態やコンパスに目を向けることも大事ですが風がどこから吹いているのか、艇団がどっちにいっているのかなど周囲の情報を得るためには視野の広さが必要です。僕は今3年生で先輩寄りの立場にいます。しかし視野が狭く周りが見えていないことが多いです。自分のこともできて周りも見れるような先輩になりたいです!

 

1枚目の写真は、食当とは別に選手に練習後に配られるおにぎりです。ふりかけは毎回違い色鮮やかですね。

 

また明日は、伊都で卒業式があります。

卒業される先輩方を全力で祝福したいと思います!

失礼いたします。

0 コメント

3月18日 練習報告

こんばんは!

新2年マネージャーの西真優子です。

本日の練習報告を致します。

 

今日は、午前は風がなかったため、470はサークリング、ストップアンドゴーをした後、上下回航をしました。スナイプは、ストップアンドゴー、サークリングをして、3点回航、上下ショートレースをしました。

午後は風が出てきたので、セーリングをした後ロングレースをしました。その後470はショートレース、スナイプはタックジャイブ練をしました。

最近強風が続いていたので、今日は久しぶりに穏やかな風の中での練習でした。ターム3日目でしたが、どの艇も声を出して頑張っていました。

 

また、本日は牧野先輩に海上にてご指導して頂き、差し入れもいただきました。ありがとうございました。

 

さて、今月のブログテーマは、「憧れの先輩像」です。ついこの間入部したような気がしますが、私にもついに後輩ができます。自分がさん付けで呼ばれるところを想像すると、くすぐったい気持ちになります。

私が目標とする先輩像は、気づける人です。上級生のマネージャーは、言われる前に行動したり、選手がしてほしいことに素早く気づいて行動していらっしゃいます。それを見ていつも、自分にはそれが出来ていないと感じます。マネージャーの仕事、という決まった仕事はもちろんありますが、サポートという立ち位置の私達には、役割に限界がありません。上手く言えませんが、どこまでやるのか、何ができるかは自分次第です。選手が何をしてほしいか考えて行動できる先輩になりたいと思います。

気づく、というのは上に書いたようなことだけでなく、周囲の変化に気づくことも大事です。私は周りが見えていないことが多々あるので、レスキューでもいつも上級生に助けて頂いています。広い視野を持ち、後輩のサポートができる先輩になりたいです。

 

まとまりのない文章になってしまいました。今日はこの辺で失礼致します。最後まで読んでいただきありがとうございました。

0 コメント

3月17日 練習報告

こんばんは!

新2年47クルーの佐藤拓海です。

 

本日の練習報告をさせていただきます。

午前は午前は各クラス共に上下。午後はスナイプはタック練、ジャイブ連、ロングレース、上下、リーチングのランチャーアップ練習を。470は上下、ロングレース、上下を行いました。

強風の練習が続いています。次の日に疲れを残さないようにゆっくり休みたいと思います。

本日は午後からの海上運営で小田先輩(H31年卒)にお力添えいただきました。ありがとうございました。

 

さて、今月のブログのテーマは「憧れの先輩像」です。僕の憧れの先輩は頼られる先輩です。いまは後輩ですが、先輩にはたくさんわからないことを質問させてもらったり、色々なヒントをもらっています。なので、自分も後輩から頼られ、また後輩が伸び悩んでいるときにヒントを与えられるような先輩になりたいと思っています

そのためにはもっと知識をつける必要もありますし知識を得てもそれを実行しなければなりません。

春練習終盤にさしかかろうとしていますが、知識の量を増やすことも一つの目標としてラストスパートかけていきたいと思います。

 

失礼します。

0 コメント

3月16日 練習報告

こんばんは!

新3年470スキッパーの芝洋斗です。

本日の練習報告をさせていただきます。

午前は各クラスに分かれてそれぞれスタート練習と上下回航練習をして、午後はロングレースをしました。

毎日のように海に出て同じ練習を繰り返していますが、毎日違った発見や成長があって、やはりヨットは深いスポーツだなぁと思います。今日の発見を明日の練習に早く活かしたくてワクワクが止まりません。明日も上手くなってみせます。

 

また本日は、宮田先輩(H31年卒)が来て下さり、海上にてご指導していただきました。誠にありがとうございました。

 

さて、今月のブログのテーマは「憧れの先輩像」です。僕の憧れの先輩像は、背中で見せることができる先輩です。もちろんいい先輩だと後輩から思われたいですが、それよりも自分の背中を見て主体的に動いてくれる後輩を増やせられるようになりたいです。先輩に言われたことだけを後輩がやるのではなく、先輩の背中を見て後輩が主体的に動くというのが個々にとってもチームにとってもいいことだと思います。これは生活面においてもヨット競技においても言えることです。僕も実感がありますが、人に言われるより自分で反省し、改善してこそ人は成長するものだと思います。僕はその成長のヒントを背中に書いて見せれるような先輩になりたいと思います。

もうすぐ新たな後輩が入ってきます。成長のヒントを後輩に与えられるようになるためにもまずは自分がしっかりと成長したいと思います。

失礼いたします。

0 コメント

戻れるなら戻りたい

こんにちは。

4年470クルーの近藤瞭です。

 

11タームある春練習のうち7タームが終わりました。

学年が上がる事に日々の経過が早く感じます。

 

いきなりですが最近下級生に思うことを書こうと思います。

 

僕が2年生のころの春練習はというと毎日が必死でした。ランニングは体力的にも精神的にもしんどいものでしたし、練習ではまだまだ出来ないことだらけで先輩に言われるがままで全然余裕がありませんでした。

 

沈をしすぎて勝手に体力が尽き、交代させられたときもありました。

本当に悔しかったです。

 

当時は練習の意図もよくわからずただ練習をこなすだけでした。

 

1番の後悔は時間に焦っていなかったことです。

 

まだこれからもたくさん練習がある、あと2年以上もあると思っていたのでしょう。

 

今でもインカレまで半年以上もあると思う人がいるかもしれません。

日本一を目標に新しい代が始まってからその半分近くまできて、その目指すところの半分まで来れているでしょうか。

 

数えてみると本当にあっという間です。学校が始まり、新歓があり、大会が続き、それが終わったと思えば夏になりもうインカレ前です。

 

上級生が必死に練習するのは当たり前ですが、下級生のころから自分は関係ないと思わず、短いスパンでの目標をたてていっぱい焦って考えて練習して欲しいと思います。

 

当時の僕はあまりこれが出来ていなかったぶん、余計に今焦っているのだと思います。

 

ぜひとも誰よりもハングリーに、辛いことでも積極的に取り組んで欲しいと思います。

 

今回はこの辺で失礼します。

 

写真は僕と一緒に新人戦を戦ってくれた3年の芝くんです。彼の処世術はなかなかのものです。

3月14日 練習報告

こんばんは!

2年スタッフの川端佑里です。

 

本日の練習報告をいたします。

470は、午前にショートレースと上下回航をして午後にセーリング、ロングレース、タックジャイブ練習を行いました。スナイプは、午前に上サイド下、ショートレースをして、午後にセーリング、ロングレース、タックジャイブ練習を行いました。ミーティング後に全体でトレーニングも行いました。

 

また本日は、近藤先輩(H30年卒)と内藤先輩(H31年卒)が来てくださり、海上にてご指導していただきました。さらに練習後には差し入れもしていただきました。誠にありがとうございました。

 

続いて、今月のブログテーマ「憧れの先輩像」です。つい最近入部したような気がするので、もうすこしで1年生が入って来るなんて信じられません!多分、同期はみんなそう感じているんじゃないかなって思っています。

 

わたしの理想の先輩像は、効率的に行動できる人!です。正直、すべてのことにおいて器用にこなせられない自分にとっては、何年後に叶うのだろうっていうような理想ですが。今年を振り返ると、すべてのことが大変だったように思います。慣れない大学生活が始まり、中でも部活は苦労しました。ヨットという特殊な競技ですから、聞いたこともないような専門用語がバンバン出てくるし、海上に出れば見たこともないような道具がたくさん出てきます。先輩方の話す言葉についていけなくて、頭がパンクしたことが多々ありました。こんなに難しいのに、先輩のマネージャーさんはただレスキュー艇を運転してるのではなくて、船の動きを見込んで運転したり、動画がとりやすいように運転したり、乗り換え、選手とのコミュニケーション、レスキュー艇の中での指示などの全てが同時にこなせられていました。それに比べ自分は、目の前のことですらうまく対処できずに悲惨な状態でした。なにを優先して行動したらよいか、しっかり頭の中で考えて賢く行動していきたいです。これは、計画性がなく無駄の多い私の普段の生活でも意識して頑張りたいです。

 

最後に今日の食当は、八宝菜丼でした。うずらの卵まで入っている、うれしい丼でした!

 

今日は、ターム最終日でした。寒い上に、選手はランニングやトレーニングなども加わり厳しい日が続くと思いますが、頑張ってほしいです!

 

 

それでは失礼いたします。

0 コメント

3月13日 練習報告

こんばんは!

新2年スナイプクルーの成瀬です。

本日の練習報告をさせていただきます。

 

午前は風が強かったため出艇せず、カタリバをしました。カタリバでは新歓についても話し合い、私が入部を決めてからもう1年経とうとしていることに驚きと新歓でどんな子がヨット部に興味をもってくれるか楽しみになりました。その後風が落ちたため、艇数を絞って出艇し、両クラスともに上下回航を行いました。1時間ほど行いましたが、再び吹き上がったため着岸し、午後はヤフオクまでランニングをしました。私の新人戦の課題として体力不足があがったので、これからも小戸ラン・ヤフオクランをしっかり頑張りたいです。

 

さて、今月のブログのテーマは「憧れの先輩像」です。先日の新人戦を通してスナイプクルーとして私が思った憧れの先輩像は、スキッパーを走らせられるようなクルーです。今回の新人戦では西島さん・平松さんの3人ペアで参加させていただいて、私はまだスキッパーの西島さんに頼ってばかりで、レースも半分だけの出場だったにも関わらず途中で疲れが出てしまい、クルーとしての未熟さを痛感しました。今回、女子選手の先輩である千尋さんが私と同期の藏藤と組んで、他艇にも比べて体重も軽い中、強風でもしっかり成績を残されていたり、他にも初心者スキッパーと組みながらも前を走っている九大の先輩方をみて、先輩方のようなスキッパーを走らせられるようなクルー技術を身に付けたいと思いました。春練も残り少なくなってきましたが、今回の新人戦ででた課題を整理して、憧れの先輩像に近づけるようこれからも練習に励んで行きたいです。

 

失礼致します。

0 コメント

3月12日 練習報告

こんばんは!

新3年スタッフの末永和花です。

 

本日の練習報告をいたします!

午前中は新人戦の反省を行い、午後から出艇し、470は上下回航、スナイプはセーリング練習をしました。途中で風が吹き上がったため、全艇ハーバーバックし、トレーニングを行いました。

私も選手と一緒に小戸ランをしましたが、完走することはできませんでした。

トレーニングのきつさを実感すると共に、いつか私も必ず完走できるようにこれから挑戦を続けていきたいと思いました。

 

また本日は近藤亘先輩(H30年卒)に海上にてご指導していただき、さらに差し入れもいただきました。誠にありがとうございました。

 

さて、今月のブログのテーマは「憧れの先輩像」です。ぼんやりとこんな風になりたいなと思う先輩像は誰にでもあるのかもしれませんが、いざ文章にしようとすると難しいです、、、。

私にとっての憧れの先輩像は、「行動で示せる先輩」です。上級生になるほど、人に注意することが立場上増えてきますが、人に注意できるくらい自分がきちんと出来ていないと説得力がありません。自分の発言や立場に相応しい行動ができる人になりたいです。

また、前のブログで同期選手の緋那も書いていましたが、後輩がやるべき仕事はたくさん存在します。しかしそれは先輩がやらなくていい仕事という訳ではなく、活動を行う中で誰かがやらなければいけない仕事なのだと思います。この意識を忘れずに、自分が手が空いているときは進んで行動し、この人についていきたいと思ってもらえるような先輩になりたいです。

 

 

失礼いたします。

0 コメント

新人戦!

 

おはようございます!

鹿児島から帰って参りました!

鹿野千尋です。

 

新人戦を終えての心境は正直「驚き」です。

初心者スキッパーの蔵藤と出場したのですが、個人成績4位という結果を残すことができました。さらに、艇数は20艇ほどでしたが、安定して全てのレースでシングルを取ることができました。

 

私も蔵藤も各レースが終わる度にびっくりすると共に、いつかやらかすのでは...と毎レースドキドキしながら望んでいました。

 

今回良かった点は、会話の量が多かったことと、練習でやってきたことが出せたことかなと思います。また、新人戦前にたてたパフォーマンス目標を意識して、それを毎レース反省しながら臨めたことも良かったなと思います。

 

個人的に成長を感じたのは、スピードの集中とコースを考えることの両立です。まだまだだとは思うのですが、冬練のはじめの船を走らせることで精一杯だった頃と比べると、かなり成長したのかなと思います。

 

蔵藤の成長にもこの大会を通して驚かされました。1日目の強風は正直ほとんど練習したことのない風でしたが、かなりメイントリムを頑張ってくれていました!さらに、どのレースもシフトが激し中で、テルテールを合わせ続けるという集中力を発揮してくれました!

 

ペアとして成長を感じられた大会だったなと思います!練習への取り組み方を含め、良かった点や課題をしっかり反省したいと思います。

 

この新人戦は、マネージャーのサポートのありがたみをいつも以上に感じる大会でもありました。マネージャーだけでのサポート体制でありながら、選手がレースだけに集中できるよう尽力をつくしてくれました。本当にありがとうございます!!

 

写真は私と共に一生懸命ハイクアウトを頑張ってくれたペアの蔵藤くんです!

0 コメント

3月10日 新人戦最終日

こんばんは。

 

4年マネージャーの岩原です。

 

今日、私たちの代で初めて迎える大会である新人戦が終わりました。

 

慣れない土地での大会は想像以上に動きにくく、遠征の大変さを改めて痛感しました。

 

もちろん、選手たちもみんなそれぞれベストを尽くしてレースに臨んだのですが、私はやはり今大会でのサポートメンバーの動きに感服しました。

 

スタッフの数が少なく、レース中に陸で動けるサポートが数名しかいませんでしたが、皆主体的に仕事をこなしてくれて本当にありがたかったです。

移動のバスや宿舎と連絡をとりあってくれたり、部員全員の朝食の買い出しをしてくれたり、補食や備品をしっかり管理してくれたり…。上げたらキリがありません。

恩着せがましい言い方になってしまいますが、彼女たちの働きがあってこそ遠征は回っているということを心に留めて、選手たちにはしっかり前を走ってほしいなと思いました。

 

次の大会は西日本インカレです。より質の高いレースサポートができるよう、私たちも成長しなければなりませんね!

0 コメント

新人戦大会 1日目

《大会報告》

2019.3.9

 

こんばんは!

今日は新人戦2日目で、4レースを消化しました。

 

本日は高崎コーチ(H28年卒)、橋元先輩(H28年卒)より支援艇にてご声援いただきました。桑木野先輩(H28年卒)には海上運営にご協力いただきました。ありがとうございました。

また、2年野妻選手のお父様に差し入れをいただきました。重ねて御礼申し上げます。

 

明日は天候が悪く強風の予報ですが、10時30分に国際470級スタート予告信号が予定されています。明日また同じミスをしないよう、今日の反省をしっかりして万全の態勢で残りのレースに臨みたいと思います。

 

引き続き温かいご声援をよろしくお願いいたします。

失礼いたします。

0 コメント

新人戦前入り 2日目

《ブログ公開》

2019.3.8

 

こんばんは!

今日は新人戦前入り2日目でした。

 

1日出艇し、風がふれていたのでセーリングと上下をしました。

 

また本日は、高崎神風先輩(H28年卒)、橋元先輩(H28年卒)に海上とミーティングにてアドバイスをいただきました。心より御礼申し上げます。

 

そして、夕方から大隅少年自然の家で開会式が行われました。

 

いよいよ明日から新人戦が始まります。代交代して初めての公式戦です。今日の疲れをしっかり取り、気合いを入れて挑みたいと思います。

 

ご声援よろしくお願いいたします。

失礼いたします。

0 コメント

新人戦前入り 1日目

《大会報告》

2019.3.7

 

こんばんは!

本日は新人戦前入り1日目でした。

 

昼過ぎに鹿屋に到着し、風が強かったため出艇はせず、艤装とランニング・トレーニング

をしました。

 

明日の予報は微風で出艇できそうなので、選手・サポートメンバー共に、大会に向けた最終調整をしていきたいと思います。

 

失礼いたします。

0 コメント

3月6日 練習報告

こんばんは。

2年スナイプスキッパーの足立拓馬です。

 

今日は新人戦に向けての積み込みがありました。雨が降っている中での積み込みでしたが、無事終えることができました。雨で身体が冷えてしまったのでお風呂に入るなどしてしっかり身体を温め、風邪をひかないよう努めたいと思います。

 

今月のブログのテーマは「憧れの先輩像」です。このテーマを考えた時最初に思ったのが自分たちももうすぐ後輩ができるということです。入部してからの10ヶ月はあっという間でした。振り返ってみると怪我や病気で休むことが多かった情けない10ヶ月でした。頼りなかったと思います...。だから自分の思う理想像は人に頼ってもらえるような人です!部活を休まず、ヨットが上手くて、話しやすくて、仕事もこなす。こんな人がいたら頼り甲斐あるだろうなと思います。理法的すぎるなとも思いますが...。できるだけこんな人に近づけたらいいなと思います。後輩が入部するまでまだ2ヶ月ほどあります。まずは身体づくりから頑張って身体を強くして来年度は無欠席でいられるよう頑張りたいと思います!

 

明日からは新人戦の遠征が始まります!大学ヨット部に入って初めて自分が選手として出場する大きなレースなので少し緊張しますが、これまでの練習の成果を発揮して楽しくてこれからに繋がるようなレースにしたいと思います!

 

失礼します。

0 コメント

3月5日 練習報告

こんばんは!

新3年470スキッパーの市川です。本日の練習報告をさせていただきます。

 

午前は座学をした後、出艇し470はショートレース練習と上下、スナイプは上下とストップアンドゴーをしました。午後からは整備の時間として、自分の相棒である船をそれぞれ修理したり綺麗にしたりしました。

 

私の船も、昨日の強風で壊れた箇所があったので直し、新人戦に不安なくのぞめそうです。新人戦では、私たちのペアの目標であるいつも通り練習でしたことをそのまま出せるように、鹿屋でも明るい雰囲気を出せればと思います!

 

本日は新人戦前の最後の練習ということで平畑監督(H1年卒)がハーバーまでお越しくださり激励のお言葉をいただきました。

また、宮田先輩(H31年卒)と岩井先輩(H31年卒)には海上にてご指導いただきました。ありがとうございました。

 

さて、今月のブログのテーマは「憧れの先輩像」です。私がなりたいと思う先輩像は、後輩の気持ちが分かってあげられる先輩です。後輩は見えないところで仕事をたくさんしていて、やっていて当たり前になっていますがそれはすごく部にとって大切なことが多いです。学年が上がるにつれ、自分も通ってきた道なのにその時の大変さを忘れていってしまいがちです。でも、初心を思い出し、例えばこのセール持ってたら後輩の負担が減り、早く着替えられるだろうと考えて行動できたら良いと思います。そうすれば、着替えの時間も短縮でき、ミーティングの時間も長く確保してより密な話ができるようになります。ヨットの話でもいえますが、下級生のころの失敗談は上級生誰もが経験していることなので、先輩は後輩にアドバイスをすること、後輩は先輩に恥ずかしがらず質問することが大事ですね!少し内容がそれてしまいましたが、これが私の思う憧れの先輩像です。

 

それでは、失礼致します。

0 コメント

3月4日 練習報告

こんにちは

2年 470スキッパーの野妻です。

 

本日の練習報告をさせて頂きます。

午前午後共に強風で10m/s以上の風速も出る中、470は上下回航、ショートレース。スナイプはタックジャイブ練、上下回航、セーリングを行いました。

今タームは新人戦前の最後のタームです。新人戦の行われる鹿屋では強風が予想されることもあり、今日は良い練習になったのではないでしょうか。

 

さて、今月のブログのテーマは「憧れの先輩像」です。

難しいテーマですね(笑)

ヨット部で1年間最低学年でいると、自分が先輩であるイメージを持てなくなってしまいますね。

僕も目標としている先輩がいますが、やはり目標とされるような先輩に、人間になりたいなと思います。別に優しいとか、カッコいいとかは関係なく、目標にしたいと思われるっていいですよね。

どうしたら目標とされるような先輩になれるのかですが、他人の持っていないものを持つというのは大事だと思います。自分を持つということですね。最後までかなり曖昧な表現になりましたが、後輩が入ってくることなど関係なく、自信を持って自分の信念を持って、これからも練習に励んでいこうと思います。

0 コメント

高橋の憂鬱

こんにちは。4年三浦です。

 

    春練習も5タームを終え、折り返しを迎えました。昔は長い長いと思っていた春練ですが、学年を重ねるごとに本当にあっという間にすぎていきます。

 

    この春練で僕は3年の高橋くんと乗っているのですが、1つ悩みがあります。それは高橋くんのご機嫌です。

    高橋くんとは昨年の夏練も乗っていて、今月で延べ7ヶ月目くらいの腐れ縁なのですが、いつ見ても世の中に呆れたような、人生に疲れたような顔をしています。

   僕が基本的にテンション高めで話しかけても、「はぁ」みたいな一歩引いたリアクションを返すことが多いです。少し透かしたクールな感じが彼の良いところでもあるのでしょうが、その温度差に悲しくなるときもあります。何が彼をあのようにしてしまったのでしょうか。

  最近は「高橋スマイル」をペアのテーマの1つにしているのですがまだまだ笑顔が足りていません。

 春練が終わるまでには、微笑みの高橋と呼ばれるくらい幸せに満ちた男にしてやりたいです。

みなさんも拗ねた高橋くんを見かけたらスマイル!と声をかけてあげてください。

 

 

さて世間では今日は雛祭りということで、今日の写真は激辛麻婆豆腐にひぃひぃする市川ひなと位田です。

 

それでは失礼します。

0 コメント

3月2日 練習報告

こんばんは

新3年470クルーの石原です。

本日の練習報告を行います。

 

本日は470はショートレース、上下回航、ロングレースをしスナイプはショートレース、上下回航、セーリングをしました。午前は風が安定しない中、充実した練習をすることができました。

また、堀先輩(H31年卒)に海上にてご指導いただきました。ありがとうございました。

 

今月のブログのテーマ「春練で身につけたいこと」は2つあります。

1つ目は、少し先の未来を予測する力をつけるということです。ある程度動作が出来るようになっている今、次のステップとして身につけたいと思っていることです。

少し先の未来を予測する力というものを説明させていただくと、例えば、自分が今何かをしたら次はどうなるのか、など、次に起こりそうなことを予測してから自分の行動を決定することができる力です。

その時その時が楽しければいいと思いながら生きている僕にとって最も苦手とすることです。

この先を考える力を身につけることで僕はあらゆる面でスキルアップできると思っています。コースを引く時はもちろん、動作をする時や、想定外の出来事が起きた時の対応など様々な場面で活用が出来ます。基礎が固まってきた現在、僕のヨット力を全般的に一段階向上させることが出来ることです。

 

2つ目は、クルーワークです。舵を持っているのがスキッパーな以上、やはりクルーはスキッパーが走りやすいような環境を作ることが大切だと思います。一緒に乗るスキッパーによって走りやすい環境は違うと思うのでその人に合った環境をクルーが作り出すことで良い結果につなげることができます。僕は自分の中では得意なことだと思っています。ですが、まだまだ向上出来ることだと思うので意識して頑張ろうと思います。

 

それでは失礼いたします。

0 コメント

3月1日 練習報告

こんばんは。新2年470クルーの佐藤拓海です。

 

本日の練習報告をさせていただきます。

午前中は微風で470、スナイプ共に上下、上サイド下、サークリング、ショートレース。午後はロングレース、上下を行いました。 

 

 また本日は福岡県セーリング連盟の岡村さんにレース運営についての講義をしていただきました。実際のレースで運営はどのように動いているのか、それを踏まえて選手は何を考えるべきかなど貴重なお話を聞くことが出来ました。来週に控えた新人戦にしっかりと生かしたいと思います。

 

さて、今月のブログのテーマは「この春練習中に身につけたいこと」です。私にはこの春練習中に身につけたいことが2つあります。

 一つ目は計画力です。春休みと言いながらヨット部に入ったからには全く休みではありません。練習、バイト、整備などなどたくさんの予定でスケジュールがいっぱいです。なので、パンクしてしまわない程度に計画できる力を養いたいと思っています。また、これはヨットにおいてもとても大切な力だと思っています。次の試合、また3年後のインカレに向けてどのように自分が上手くなっていくか、今の段階で何ができるようになっているべきか、自分の才能を過信しすぎない程度で、計画する。まだ自分は下級生ですが、とても大切なことだと思っています。

 二つ目は470に遊ばれないことです。自分は高校からヨットをやってきましたがまだまだ下手くそで470にたくさん遊ばれています。約半年乗ってきましたが、未だにどうすればいいか分からないこともあったり、思うように進んでくれないことばかりです。なのでいまは最大の敵ですが、春連終わりには親友になれるようにたくさん相手のことを本や、動画などで知りたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

失礼致します。

 

0 コメント

こんばんは。
3年470の衞藤淳平です。

気がつけば9月も終わろうとしています。1ヶ月前までは毎日練習で2Lのペットボトルを飲み干すほど暑かったのに、最近は気温も下がってきて1mmのウエットでは少し寒さを感じるようになってきました。時間が経つのは早いです。

さて、今日から九州インカレ団体戦が始まりました。全日本インカレの出場権をかけたこの大会は、各大学のこの夏までの成果が問われる大会です。全日本インカレ総合優勝を掲げて練習に取り組んできた僕たちとしては、完全優勝して全日本へと勢いをつけたい大会でもあります。

大会初日の結果はと言うと、、
現在両クラスともに首位に立っています!
470,スナイプともに2Rが実施され、470クラスは同点で1位、スナイプクラスは2位と大きく水をあけての1位となっています。特にスナイプクラスは第2レースで1,2,3フィニッシュを決め、初日は完璧な滑り出しと言えるでしょう。明日以降も気を緩めることなく、当たり前のことを当たり前にして首位をキープできればと思います。

明日もレースなのでこの辺りで終わろうと思います。明日も良い報告ができるように気を引き締め頑張ろうと思います。
それでは失礼します。
おつかれさまです!
3年マネージャーの小田  野々花です。
全日本インカレ団体戦レース3日目の報告をします!

本日は8時55分にD旗が掲揚され、小雨が降ったりやんだりする中出艇しました。11時頃までは5〜10knotの風が南西から北風へとまわるような状態でしたが、11時を超えたあたりから20knotの風が吹き荒れ、全艇ハーバーバックとなりました。

レースはゼネリコを繰り返してスタートがうまく行かなかったところに前線がやってきたため470・スナイプ共に1レースも消化することができませんでした。


前線の勢いはすさまじく、ラバーが海上でひっくり返ったり艇体放棄した学校もあったそうですが、九大チームは万全のサポート体制で人命・艇共に無事にハーバーに戻ることができました。

万全のサポートができたのは、3艇ある(2艇は小戸から運送し、1艇は現地でレンタルしています)レスキュー艇全てにOBの先輩が乗ってくださって的確な指示を出してくれたり、陸で待っているサポートメンバーが万全の準備をしてくれたり、陸同士・海同士・陸と海の連絡がしっかりととれていたためだと思います。

本日は北詰有人先輩(H27年卒)、田中航輝先輩(H28年卒)、田中神風先輩(H28年卒)、森俊介先輩(H28年卒)、牧野碧依先輩(H29年卒)に海上にてご声援いただきました。平畑監督(H1年卒)、桑野奈津子先輩(H25年卒)、大村聡信先輩(H27年卒)、平松和弥先輩(H27年卒)、秋庭広大先輩(H28年卒)、戸田咲絵先輩(H28年卒)、樽谷俊彦先輩(H29年卒)、安部裕也先輩(H29年卒)、後藤明希子先輩(H29年卒)、月原健太郎先輩(H29年卒)、中野裕太先輩(H29年卒)、矢島ひかる先輩(H29年卒)、安部瑛美夏先輩(H29年卒)、中川内希先輩(H29年卒)にはハーバーにてご声援いただき、奥西直樹先輩(H25年卒)、村上広司先輩(H27年卒)、谷川琢也先輩(H27年卒)、桑岡育先輩(H29年卒)、冨田大貴先輩(H29年卒)、篠崎愛先輩(H29年卒業)からは差し入れをいただきました。心より御礼申し上げます。
また、岡部幸司先輩(S57年卒)には運営としてご協力いただきました。重ねて御礼申し上げます。


色んな事件が起こり、ピリつく場面もありますが、こういう時こそチーム力が試されているような気がしてやる気がいっそう増します。


明日も、いや今夜から、チーム一丸となって頑張ります。当たり前のことを当たり前にできるようにしっかり準備します。



明日は7時55分D旗掲揚予定です。明日の朝に備えてしっかりと休養を取りたいと思います。ご声援のほど、よろしくお願いします!

それでは失礼いたします。