ブログ

※過去のブログは下にスクロール、もしくはBack number よりご覧下さい。


就活を通して気づいたこと

お世話になっております。

4年マネージャーの池田麻友です。

 

暑い日々が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

個人的な内容になってしまいますが、ここ最近は就職活動で面接を受ける機会が何度かありました。

良いことと悪いことが一つずつありました。

 

まず良かったことは面接を受けた際に、面接官の1人の容姿が足立くんにとても似ていて、勝手に「あ〜この方は優しい人だ」と思うと心落ち着いて受けることができました。足立くんありがとう。笑

 

悪いことといえば、とても大事な書類を持っていくのを忘れてしまったことです。

本当に大事なところでやらかしてしまって将来ますます不安になります。

すごく落ち込みましたが、どうしようもなかったので、アイスをたくさん買って食べました。

 

さて、前置きが長くなってしまったのですが本題に入ります。

 

私は就職活動を通して、ヨット部のことを今までよりも振り返る時間ができました。

なぜ入部したのか、どんな壁にぶつかりそれを克服したのか、チームにおける役割などなど、今まで深く考えていなかったことにも目を向けることができました。

 

そうした中で、やはりヨット部の良さというものにたくさん気づかされたように思います。

 

現状に満足することなく、より良い組織になるために考えたり。この人すごいなって思えるような部員に刺激を受けたり。

悩んだ時に話を聞いてくれる部員がいたり。

そして何よりも、周りの人に支えられながら日本一という目標に向けて同じ方向を向いているということです。レナのブログでもあったように夢や目標に向かって努力することは本当に素敵だなと改めて思います。

 

そして私は、そんな素敵なヨット部のマネージャーをしていることに誇りを持つことができました。

 

いつかのブログで先輩が、新歓について書かれていたのを思い出します。新歓をしていくうちに、自分でも気づかなかったようなヨット部の良さに気づくことができるということは、まさに就職活動においても言えるなと実感しました。

 

今はまた活動自粛期間になってしまいましたが、ヨット部で今までやってきたことに一人一人が誇りを持ち、今できることに励んでいくことが大切だなと思います。

もう少しの辛抱頑張りましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

失礼します。

続きを読む 0 コメント

誰かに頼る勇気

こんにちは。

マネージャーリーダーの川野由美子です。

 

先日全体練習で何ヶ月かぶりに点呼をとる時、ああこれが部活だ!とあげられた分、活動禁止になった今気持ちが全く追いついていないのが現状です。

 

でも幸い私は1人ではないです。

たくさんの部員がいる

そんなことを書こうと思います。

 

私ごとですが長すぎる就職活動を先月終えました。長期戦かつ誰にも会えないこの期間、2年間費やした浪人時代よりしんどかったです(笑)

 

この期間部活がないと言ってもやることは沢山ありましたし、やれることも沢山ありました。

 

周りは色々してる上に根本がネガティブなので自分のキャパの無さに苛立つ…焦る…の無限ルーティン。

 

すごく中途半端な状況が余計に自分を追い詰めていたと思います。

 

そんな中全体ミーティングの各学年という発表の場で後輩選手が新歓の手伝いをお願いしていました。一見普通のお願いですが、私にとっては彼の言動が凄く胸に刺さり、その勇気がかっこいいなと素直に思いました。言いそうにない彼だったから余計そう思ったのかもしれません。

 

この何年間か部署の仕事を上手く周りに頼れず逆に何もできていないという状況になったことが何度かあります。

 

責任感が強いと言えば聞こえはいいですが、実際は周りに迷惑をかけたり自己犠牲しすぎたことに何度も何度も後悔しました。

 

去年はそれをやめようと思って後輩を存分に頼りまくっていたのですが、今は色々な肩書きに捉われ過ぎているなと後輩選手の言葉を聞いてハッとしました。

 

こんなこと後輩に任せていいのかな?と思いながら就活の期間後輩に思う存分頼んでみました。

私の中では勇気がいるものです。

恐る恐るラインしてみると、任せてくださいと言ってくれたり、私はあれやりますねと逆に提案してくれたり、その言葉そのものが凄く心に染みました。あとは何も言わずとも行動してくれてた三年幹部には頭が上がらないです。

 

話は戻りますがヨット部にはこの誰かに頼ることができないタイプがすごく多いような気がします。

 

これは誰々の管轄、とかこれは誰々の仕事って言われたらそれを100こなして100自分の責任にするのはチームとして効率はいいかもしれないですがそんなのは機械がすることです。

 

学業とか家庭の事情とか将来の夢とか元々のキャパシティとか得意なこと苦手なことその時その人で色んなバランスがあると思います。それは本人にしか分からないことです。

 

頼るにも勇気がいります。

でもこんなにも周りに仲間として部員がいるのだから肩書に捉われないでもっとチームとして動けていけたらと強く思います。

 

私が救われた分次は色んな人に恩返しをしていきたいと思っています。

 

「大事なのは感謝と恩返しだ。その2つを忘れた未来は、ただの独りよがりの絵空事だ。これまでの出会いと出来事に感謝をし、その恩返しのつもりで仕事をする。そうすれば、必ず明るい未来が拓けるはずだ。」

 

半沢直樹でもそんなことを言っていたので載せてみました。ただ半沢直樹のような社会人生活だけは御免です。

 

写真は去年の11月に同期だけで初めて艇庫に泊まった時の写真です。仲良しこよしな関係では全くないですが1番近くにいる頼れる人たちです。またこんな風に12人で笑顔で写真を撮れる日が来ると信じています。

 

九大ヨット部のインスタグラムに1人一枚ベストショットを上げているのですが、最後まで迷った写真です。インスタグラムも後輩が何ヶ月も試行錯誤して更新しているものなのでこの機会に是非見て、♡押してください!(Twitterもこの際だから是非イイネお願いします!)

 

失礼致します。

続きを読む 0 コメント

自粛再び

こんにちは。

2年470の上野です。

 

久しぶりにヨットに乗って、楽しいな〜なんて思っていたのも束の間、またまた部活ができなくなってしまいました。しかし、今回の自粛期間はなぜか前回の自粛期間よりも気分は沈んでいません。それは何故なのかを話したいと思います。

 

主な理由は、前回の自粛期間のリベンジができると思っているからです。前回の自粛期間で、何をやったか?と聞かれてもすぐには答えが出てきません。何もやってない訳ではないのですが、どれも中途半端だった気がします。そこで、今回の自粛期間では、もっとトレーニングで追い込んで、もっと勉強して、もっとアルバイトして、もっとバイオリンの練習をして、自粛が終わった後に先ほどの質問に即答できるようにしたいです。

 

もう1つの理由は、少しの間の練習で新たにできないことが見つかって、それを克服する(方法を考える)時間ができたからです。また部活動ができるようになった時に、さらに成長して、レース練や上下で先輩に勝てるように頑張ります!

 

 

写真は、僕の牧場で絞った牛乳が入っている飲むヨーグルトです。少し高いですが、本当に美味しいので飲んでみてください!

続きを読む 0 コメント

モチベ

 

こんにちは、2年選手の山下です。

 

最近、部活動がまた停止になり、モチベーションがなぜか絶好調だった僕にとって悪い影響が出るのかな、なんて思っていたのですが、むしろ前よりも日常生活や部活に対してのモチベーションは上がっていくばかりです。今回、ブログを書くにあたって、その理由を探してみようかなと思っています。お付き合いください。

 

前回、4月から3か月ほど部活動が停止した時、日常生活が普段通り行うことのできないストレスやどうしたらもっといい生活ができるだろうと考えこんでしまい自分ではどうしようもないことについて悩んでしまう時間が増えてしまって、まったくといって気分が上がらず、やらないといけないことにも手を付けれず、今考えてみるとだめな日々だったなと思って反省しています。おそらくその頃の自分にとっては必要な時間だったと思いますが....。そんな日々を送っていて人とも会っていなかったので、自分のモチベーションが下がっていることは気づかれないだろうと思っていたのですが、先日、同期と会って話したときに、実はみんな山下のこと大丈夫かなと心配していたよといわれて、ばれないと思っていても周りには意外と筒抜けなんだなと思いました。あとは、先日、練習に来ていただいた先輩からは山下ってお調子者だからなと言われて、僕が思っている以上に人は僕のことを見ているし、見られる存在なんだなと改めて実感しました。ご迷惑、ご心配をおかけしました。もう大丈夫です。

 

このようなことから、最近、気が付いたのは、僕ってものすごく気分屋で、お調子者でいい波に乗ればものすごく成長するし、落ちるときはとことん落ちてしまう危ういところのある人間なんだなってことです。この自分の性質は変えようと思っても、なかなか変えることのできない自分の根本の部分なんだなってことにも気が付きました。いい面もあるし、悪い面もある。まあ、だいたいどんなことでもおんなじだと思っています。大切なのは、こういったことを自覚してどのようにしていい方向に生かすかだと思っています。

 

じゃあ、どうして今、僕のモチベーションがものすごく高いかというと、とあるきっかけがあったからです。それは、インスタグラムで友達のある写真を見たことです。なんじゃそりゃと思われるかもしれないので、説明いたします。家でいろいろやらなきゃいけいことあるなって考えながら、やる気がでずにベッドでごろごろして、インスタで写真を見ていると、筋トレで筋肉ムキムキになった男二人が晴れ晴れしたいい笑顔でにっこり笑っている写真が出てきました。その片方は、高校のヨット部からの知り合いで、今、早稲田大学のヨット部で同じく日本一を目指している人でした。その写真を見た時にうだうだ考えている自分ダサいな、つべこべ言わずにやろうと思い立ち、その日から以前よりも力をいれてトレーニングをするようになりました。そうしているうちに、せっかく筋トレしているから悪い習慣はやめていい習慣にしていこうと生活が変わっていき、いい生活習慣ができると、精神もいい状態になって、自分にプラスになること(読書や勉学など)をするようになり、ものすごくいい循環を生むことができました。こうなったのも、自粛期間中に真剣に悩んでいたからこそ、自分を変えるきっかけがあったときにいち早く反応することができたんだなと思います。こんなお調子者で、気分屋の僕ですが、それもうまく活用して自分でモチベーションをコントロールできるようになると、日々の活力を継続していい方向にもっていくことができるんだなと思いました。

 

自粛期間にまた戻りましたが、今回の期間はやりたいことがたくさんあり、日々のモチベーションも高く維持できているので、素晴らしいものになりそうです。やりたいことというのも、読みかけの本がたくさんあってそれらを読み切ること、自分の専攻科目である経済学を友達と一緒にやりこむこと、筋トレをしてたくさん食べて体重を増やすこと、単身赴任していた父が帰ってきているので家族みんなでいろんな話をすることなどなどです。読みかけの本でいうと、翔ぶが如くや不毛地帯などですね、歴史小説が好きみたいです、おすすめがあれば教えていただければ幸いです。直近では、夜啼きの森という津山事件という実際にあった殺傷事件をもとにした古い村の因習と閉ざされた家族の歪な様相、人間の業と性の深淵を掘り下げながら、満月の晩に異形の「鬼」となって疾駆する主人公を濃密な文体で描き出した長編小説をテスト週間だったんですが、我慢できず読みました。暑い夏にぴったりで最高にぞくぞくしましたよ。ぜひ読んでみてください。

 

今回の自粛期間中、自分の心の活動まで抑え込まずに、自分がやりたいこと、やるべきことをひたすらにやりきって、人として成長した姿を部活動が再開した時に見せることができるように精進していきたいと思います。長々とお付き合いいただきありがとうございました。

 

最近、読んだ本(表紙から恐ろしいですね...)と、練習再開の許可が出た際の全体練習で撮っていただいた、ペアの矢吹さんとのただ映えている写真です。また練習ができるのを楽しみにしています。

 

続きを読む 0 コメント

モチベーションの保ち方

 

こんにちは、3年選手の酒井です

 

前回僕がブログを書いたのは6月でした。

そのときから2ヶ月が経ちヨット部の活動は一度は全体練習が始まったものの現在は活動自粛となり、また振り出しに戻ってしまいました。

 

本来ならば夏練の始まりや、個戦のことについて書こうと思っていたのです全て延期になってしまったので書きたいことがなく今非常に困っています。

 

そこで今回は最近浮き沈みする僕のモチベーションの保ち方について書こうと思います。

ある同期の話によるとモチベーションや、やる気と言った言葉は言い訳に過ぎず、とりあえず行動に移すことが大切だそうです。

一理ありますが、前回の自粛期間をあまり有意義に過ごせなかった僕にはどうやら行動に移すための言い訳が必要なようです。

僕が調べたところによるとモチーベーションには二つ種類があるようです。(以下引用)

 

内発的動機づけ

内発的動機づけとは、目的に向かって行動することに、自ら意義を感じ本気でやりたいと思える動機づけをすることです。内発的動機により行動を始めることは難しいですが、モチベーションは維持されやすいです。

 

 

外発的動機づけ

外発的動機づけとは、「報酬がある」「怒られる」「減俸になる」など、なんらかの外因により動機づけをすることです。内発的動機づけと比較すると行動に移しやすいですが、持続するのが難しくなります。

 

 

こうしてみると確かに二つとも思い当たる節があるなぁと思います。

となると僕のモチベーションが浮き沈みするのは外発的動機づけが原因だと判明しました。

モチベーションを維持するには自ら異議を感じ本気でやりたいと思える動機づけをしないといけないようです。痛いところをつかれた気がしてなりません。

まぁ、どちらの動機付けにも利点、欠点があるようですね。

 

 

書きたいことがなく困っていると言った割には書き始めるとなんとか書くことができました。やはりとりあえず行動に移すことが大切ですね。

練習が再開された時にレスキューからハイクアウトと叫ばれないように今からトレーニングをしてこようと思います。これは外発的動機づけですが、今日のところはよしとしておきましょう。

失礼します。

 

写真は自粛あけ7月の練習中の写真です。自粛前よりもハイクアウトに出れるようになってトレーニングの成果を少し感じました。このちょっとした達成感は内発的動機づけの予感がします。

続きを読む 0 コメント