ブログ

※過去のブログは下にスクロール、もしくはBack number よりご覧下さい。


ケンタッキー

こんばんは。
4年470の宮田です。

 

 

春練習最初のオフ日を迎えました。

僕の船にはまだまだ整備の余地がある、ということで今日は朝10時にペアの4年堀君と2年石原君とハーバーに集合しました。
ほかの九大生も10時集合だったのか、同じタイミングでぞろぞろとほかのペアも集まってきました。

 

作業中、3人でとある話題が出ました。


「ケンタッキーはどう略して呼ぶのか?」


僕は"ケンタ"以外存在しないと思っていたのですが、石原君曰く略して呼んだことないと、堀君に至っては"ケンチキ"と呼んでいると言われました。
バースのみんなにも聞いて回りましたが、そもそも略して呼ぶ人が少ないみたいで、「強いて言うなら…」と答えられることが多かったです。


ちょっとびっくりしたなということで、今日はこの辺りで終わらせていただきます。

 

 

締めの写真の紹介です。


西戸崎艇庫の敷地内にヘルメットが捨ててあったので、洗って使えないかと持って帰ってきたのですが、ついに使うときが来ました。堀君のかっこいいバイクの後ろに乗せてもらいました。
風がとても気持ちよかったです。

 


それでは、失礼します。

0 コメント

2月17日 練習報告

こんばんは。

新2年470クルーの平松です。

 

 春練第1ターム最終日の今日は、昨日一昨日の微風とは打って変わって午前はオーバーパワーのコンディションでした。

 

午後は風は少し落ち着いて、今日一日でフルトラピーズからインデッキまで、様々な風域での練習になりました。

 

海上練習は、動作とセーリングのそれぞれを意識する2種類の上下回航を行い、最後にロングレースを行いました。

 

 

僕は午後から乗ったのですが

久しぶりの強風だったのでただでさえ得意でない強風の動作がさらに下手になっていました。

 

また、上下回航でも動作のミスを重ねるうちに気づけば抜かれていることも多く、動作を完璧にすることの大切さと自分の練習不足を痛感した1日でした。

1ターム目が終了しましたが、まだ春練は始まったばかりなので、今タームの反省を来タームから活かせるよう頑張りたいとおもいます。

 

また、本日は橋元先輩(H28年卒)に海上でご指導頂き、村上先輩(S38年卒)には激励のお言葉をいただきました。ありがとうございました。

0 コメント

2月16日 練習報告

お世話になっております。
新2年スナイプの東出です。

 


本日は春練2日目ということで、いざ朝から出艇!と意気込んでいたのですが…超絶微風。
しかしながら、微風だからこそできる練習をするべく出艇しました。


午前470はサークリング、スナイプは高山達矢先輩(平成30年卒予定)のご指導のもとサークリングに始まり、上下回航の練習をしました。レスキュー艇から動画を撮っていた僕には、微風でも一つ一つの動作の差で順位がかなり変動することが目に見えて分かりました。


午後も相変わらずの微風でしたが470スナイプ共に午前の反省を生かした練習に臨みました。
僕も出艇したのですが…失敗の連続。メンタルが豆腐の僕は少し厳しくされるとすぐに落ち込んでしまいます。

しかしヘコんでいても始まりません!今日の失敗を生かせるようにしっかりと反省します。


また、本日は桑木野先輩(平成28年卒)に激励のお言葉をいただきました。ありがとうございました。

 

明日は打って変わって強風の予報ですので、しっかりと睡眠をとって備えたいと思います。

 


失礼いたします。

0 コメント

2月15日 練習報告

こんばんは!

新2年マネージャーの末永和花です。

ブログを書くのは初めてで少し緊張していますが、本日の練習報告を致します!

 

 約2ヶ月のオフが終わり今日から春練が始まりました。

春練初日ということで、午前中はミーティングが行われました。

高山達矢先輩(H30年卒予定)が来てくださり、今日から導入されたマネジメントシステムの説明をして下さいました。

これまでと異なる点が多いので、新体制に慣れるまで時間がかかりそうですが

今まで以上に与えられた仕事に責任を持って取り組んでいかなければいけないなと強く感じました。

 

今まで私は広報部と会計部を兼任していましたが、マネジメントシステムによって会計部のみの所属となりました。

入部してからずっとお世話になった広報部を離れるのはとても寂しいですが、これからはヨット部員として、毎日の広報活動を楽しみにチェックしたいと思います!

 

午後は出艇して470はサークリング練習、スナイプはタック・ジャイブ練習を行いました。

微風ではありましたが、田中神風先輩(H28年卒)、牧野碧依先輩(H29年卒)、河原田健介先輩(H30年卒予定)に海上でご指導いただき、集中して密度の濃い練習をすることができました。

 

着岸後には、岩井選手のお母様からいただいたプロテイン入りのスープを飲み、心も体も温まりました。

皆様に心より御礼申し上げます。

 

今日はオフ明け一発目の練習ということで、想像以上に疲れていると思うので、明日の練習に備えて早くお風呂に入ってゆっくり休みます!

 

それでは失礼致します。

0 コメント

美味しいものでリフレッシュ

皆さんこんばんは。
4マネの奥野です。
今日はリフレッシュについて報告したいと思います。

この前、テストの合間を縫って、同期の衞藤くんと長尾くんとみなみの4人で山口までドライブに行ってきました。唐戸市場、角島、元乃隅稲成神社の順番で観光したのですが、この日は天気が悪く、角島の海は黒い雲に覆われ、元乃隅稲成神社に着く頃には傘をさしていてもびしょ濡れになるくらいに雨が降っていました。ということで、私たちの感動のピークは唐戸市場でした。

唐戸市場ではたくさんの新鮮な魚が刺身や丼のネタとして売られていました。おろしたての魚は、普段スーパーで見るような魚とは見た目が全く違って、大きくてきらきらして見えました。本当に全ての魚が、食べてくださいと言わんばかりに自己を主張しているように見えたので、私たちはどれを食べるかとても悩みましたが、お店のおばちゃんが太鼓判を押していた数量限定スペシャル丼を買うことに決めました。

スペシャル丼には脂の乗ったマグロやブリ、サーモン、大きなエビ、きれいなイクラが所狭しとご飯の上に敷き詰められていて、驚いたことにご飯の中にはウナギの蒲焼が入っていました。見た目も魅力的な上に、味も本当に最高でした。食べている最中、何度美味しいと言ったか分からなくなるほどに、全員が海鮮丼に魅了されていました。その後に行った角島も元乃隅稲成神社ももちろん楽しかったです。

というようなことで私たちのリフレッシュは十二分に果たされました。運転してくれた衞藤くんにはとても感謝しています。ほとんど唐戸市場の宣伝みたいなブログになってしまいましたが、今回のブログで伝えたいことは、「美味しいものは最大の気分転換になる」ということです!

最後に関門海峡をバックに海鮮丼と良い笑顔で撮った写真を載せたいと思います。
それでは、失礼致します。

0 コメント

閉店

新4年の古賀です。
明日でついにテストがおわります。やっとおわってくれます。僕は機械航空工学科に所属しているのですが、一個下の機械航空は先週にテストが終わったらしく羨ましい限りです。今回のテスト期間は2週間と長く、なかなか厳しい戦いが続いていました。思い返すと中学・高校の頃からこの時期はテストに苦しめられている気がします。
話は変わりますが、最近ショッキングな出来事がありました。高校生の頃、部活帰りに通い詰めていた食堂が閉店してしまったのです。ボリュームたっぷりで甘い丼つゆが特徴のカツ丼や親子丼、スパイスの効いたカレーライス、野菜たっぷりのちゃんぽん、人情味溢れるおばちゃん。閉店の話を地元の友達から聞いたとき、様々なことが思い出されました。もうこれらを味わうことができないと考えるとすごく残念です。美味しい料理と部活仲間と過ごす楽しい時間を与えて下さったおばちゃんには感謝しかありません。ありがとうございました。
地元を離れて約3年経つのですが、帰省するたびに新しいものやなくなったものを発見します。そのたびに驚きや寂しさなど色々な気持ちがこみ上げます。これが時代の変化というものなのでしょうか。変わりゆく街並みにおいていかれないように自分自身の成長のために頑張っていこうと思います。
まずは明日のテストです。今からテスト勉強頑張ります。写真は今回のテスト勉強する場所として大変お世話になった伊都図書館です。
それでは失礼します。

0 コメント

祝日

こんにちは!

4年スナイプの荒河風夏です。

前回のブログ担当の日も寒い雪が降った日だったのですが、今回ももれなく雪です。本当に寒い、、、。

 

そして、今日は祝日ですね!

昨日2月11日「建国記念の日」の振替休日です。

ちなみに私の両親の結婚記念日でもあります笑

この建国記念の日、どういう日かご存知ですか??

建国記念の日は「建国をしのび、国を愛する心を養う日」なのだそうです。神武天皇が即位した日を太陽暦に直したのが2月11日なのですが、日本の建国は神話なので真実とは言い難いものがあり、"の"を入れることで、建国記念日ではなく、単純に日本の建国を祝う日という祝日になったらしいです。

皆さん、知ってました?祝日で休みだ!と浮かれるだけではなく、こういう祝日の意味を考えてみるのも楽しいかもしれません。

 

と、余計な雑学を話しましたが、今日が祝日であったおかげ?で元オリンピック選手である松永鉄也さん、全日本スナイプ優勝経験のある大井祐一さんにご指導を仰ぐことができました!

気温が低く、風も強かったため、陸で座学になってしまいましたが、470、スナイプのトップセーラーであるお二方に日頃の疑問を解決してもらうとても良い機会になりました。大井さんもおっしゃっていたのですが、私たちとトップセーラーの大きな差は知っていることの量の差だと思います。経験はもちろんのこと、風のこと、セイルのこと、船のことなど知識の量も全然違いました。この知っていることの量が増えると直感でコースを引けるようよになるのだそうです。経験は練習あるのみですが、知識は日頃の努力でも増やすことができます。経験も予測をすることで効率が格段に上がるそうです。

少しでもトップセーラーに近づくために必要なことを学ぶことができました。この場を借りて、お礼申し上げます。ありがとうございました!

 

まだまだ寒い日が続きますが、今週の木曜日からは全体練習が始まります。今から楽しみです!みんながんばろう!

写真は本日の練習での写真です。

寒かったですが、楽しそうですね!

 

0 コメント

Fukuoka

いつもお世話になっております、スナイプの八並克憲です。

さて、今回は「福岡」について紹介させていただきます。自分は福岡生まれで小中高と福岡で育ちましたので、他の同期よりも福岡の魅力を語れるのではと思っております。

カッコイイ事やタメになる言葉を書くつもりはありませんので、取り留めのない話が続きます。ご注意ください。

僕の出身高校は、知る人ぞ知る筑紫丘高校です。
福岡の御三家と呼ばれておりますが、やはりヨット部はありません。
福岡の高校生は皆「うちの高校の体育祭が1番!」っていう程、体育祭に力を入れます。
筑紫丘では筑高大運動会という名前の体育祭の中で、筑高体操という出し物がありましてコレが伝統ある体操なのです。
「筑高体操だけを見て帰って行くOBがいる」という話も聞いた事がある程の出し物です。
自分は高3の時にこの筑高体操長をしてまして、YouTubeで「第67回 筑高体操」と検索していただければ、僕が号令かけている本番の動画がご覧いただけます!

さて、福岡を出て他県に行った兄や友達が口を揃えて言う事が一つあります。
「福岡の飯の方が美味しかった。」
博多ラーメンや明太子、もつ鍋に焼き鳥!
思い出しただけでお腹が減ってきますね...。
まだ福岡を出た事がない自分なので、これを実感する日が来るのが怖いですね...。

自分は特にラーメンが好きです!
長浜ラーメン、博多ラーメン、筑豊ラーメン、久留米ラーメンなどなど。
博多や天神に行って食べる事もできますし、各地まで1時間以内でドライブして食べに行く事もできます!

実はヨット部の遠征の度に、ご当地ラーメンを食べる事が密かな楽しみでした...。

屋台というのも福岡の名物でしょう!
夜の10時過ぎに天神に帰ってきてトコトコとバス停に向かう最中に、屋台が沢山並んでるんですよコレが。
屋台の暖かい光に誘われる小虫が如く、入りたい気持ちに苛まれるのですが、最終バスのために泣く泣く機を逃すのが自分の毎回です...。
冬の屋台なんてもう身を焦がす思いです...。

自分のオススメのお店は「長浜将軍」もしくは「長浜御殿」です!ぜひ一度は食べてみてください!

話は変わりますが、福岡市は一方を海に、三方を山に囲まれています。鎌倉みたいな地形ですね。
小戸のハーバーで夕方ミーティングをする時の夕焼けの綺麗さ。涙が出ますね眩しくて。
僕は朝陽や夕陽が大好きなので、チャンスがあればすぐに写真を撮ります。
僕の家のすぐ側に鴻巣山があるのですが、その展望台に友達と登って夕陽を眺めながらずーっとだべるのが高校の時のお気に入りでした。

自分の家から東の方角も山なので朝陽は山から上ってみえるのですが、「海から上る朝陽を見たい」と
わざわざ夜中に出発して北九州の朝陽を、自転車で観に行ったことがありますね。帰りはお尻が痛くてスペースワールド駅から電車で帰ってきましたが。片道80kmですね。
次は車で行きます。

先日久留米に行きました。久留米には筑紫平野が広がってますね。山がありませんでした。
見渡す限りの空に夕焼け色が広がって感動しました。皆さん久留米もホント良いトコですよ。

さて、取り留めのない話は以上とさせていただきます。読んでいただいた方ありがとうございました。

写真は、北九州で撮った写真です。

1 コメント

一区切り

こんばんは。

新4年マネージャーの立野舞也佳です。

 

昨日でやっとテストが終わりました。

私はエセ理系文系もどき(?)の経済学部経済工学科に所属しているのですが、この学科、他の文系に比べて3年後期になってもテストが多いのです。決して私が不真面目で単位を落としているからではありません(笑)確かに地道に単位を落とし続けてはいますが、どれだけ優秀なお友達でもテストの数はさして変わりません。

と、いうわけで今期は7つのテストと戦いました。今期こそはすべて単位を取りたいものです…。

来年残すはゼミとあと2単位(予定)。空き時間が増えるので部活にも精を出していきたいところですね。

 

さあ、テストも終わって一区切りついたので、部活だ!…と言いたいところでしたが、わたしにはもうひとつやらなければならないことがありました。就活です。就活が本格化し始め、忙しくなりつつあります。今まで基本的には毎日部活に行っていた私ですが、参加できる日が少なくなりそうで残念です…。早く終わらせて思いっきり部活に打ち込めるように!頑張ります。

 

あまり面白くない話ばっかりだったので最後に少しだけ。昨日の堀のブログにも書いてありましたが、食事やトレーニングを報告するグループLINEの中で、1日中鍋しか食べない子が登場しました。もちろん堀くんです。本人曰く味が違うようですが、私には同じにしか見えませんでした。全部ほんだし醤油鍋やん…。かくいう私は1日3食食べることがまず目標です。ハードルが低すぎる。人のこととやかく言う前に自分も整えていこうと思います…。テスト勉強などの影響により生活リズムが少しばかり崩れていたので睡眠といい食事といい、きちんとしていこうと思います。

 

ちなみに写真は全く関係ありませんが、テストが終わって箱崎キャンパスからの帰りに出会った猫ちゃんたちです。1匹めちゃくちゃ私を睨んで来ましたが、気にしません。笑

 

それでは失礼致します。

0 コメント

(私的)二大ニュース

こんにちは。
4年の堀幹矢です。

自分の最近の生活で大きな出来事が二つあります。それは、テストと配艇です。
汚い話ですが、自分は鼻が生まれつき悪くよく鼻水が出てきます。勉強中も出艇中も鼻水に悩まされることが良くあります。今年はラニーニャ現象の影響で日本は寒いそうです。自分の鼻もそれを敏感に察知し、箱ティッシュを一日で使い果たしてしまいます…。それだけ鼻をかむ人が図書館にいては迷惑だろうと思い、今回は家で勉強することが多いです。
そこで悩んでいるのが腰の痛みです。床に座ると腰がどうしても疲れてしまいます。皆さんもこうした状況があるかもしれません。そんな時は壁によりかかるように座ると体重を壁に分散できて腰への負担が軽減されます。またクッションを使うとよりいいそうです。
腰は大切なのでできる限り気を付けようと思いました。
こうした小さなことに興味をもって調べてみるのも面白いなと改めて感じました。自分は視野が狭いので、こうしたことをもっとやってみようと思いました。

そしてもう一つが配艇です。次の配艇で自分は3人ペアになりました。3人という少しやりづらい感じもありますが、決まってしまったことは仕方ないのでその範囲で全力を尽くして戦っていこうと思います。

内容のある話にはなりませんでしたが、皆さんも小さなことに興味を向けて小さな発見してみてください。

写真は最近マイブームの本だし醤油鍋です。お好みで調味料を入れていくのが楽しいです。同期のマネージャーには鍋しか食べてないと怒られましたが…。

それでは失礼します。

0 コメント

スポーツ医・科学講習会

お疲れ様です!4年マネージャーの小田 野々花です!

 

本日2月8日は、4年470クルー岩井陸の誕生日です!おめでとう!!!!

 

 

 

本日の幹部ブログのテーマは

「平成29年度スポーツ医・科学専門講座」です!

 

この講座は1月に、主に女性のスポーツ指導に関わる方を対象に行われました。福岡県セーリング連盟の岡村さんに連れて行っていただき、貴重なお話を聞くことができました。

※九大ヨット部からは私1人の参加で、この講座への参加は九大ヨット部の公式な活動の一部、というわけではありません。

 

▽講師

須永 美歌子 氏

(日本体育大学 運動生理学研究室 教授)

清水 利之 氏

(株式会社 SATA スポーツ医科学研究所 主任)

 

専門講座ということで難しい話かなと思いましたが、実際に参加してみると難しい以上にとても面白かったです!

 

大きなテーマは女性アスリートでした。講座の内容は、女性の月経の話、それらを考えに入れたトレーニング・コンディショニングの方法や、男女の筋肉量や関節の緩さの違いなど多岐に渡りました。

 

 

特に私が「なるほどたしかに思い返せばそうだな!」と思うことがあったのでご紹介します。

(この内容は講座の中のごくごく一部です)

 

女性は男性よりもコーチ受容性が高い傾向にあるそうです。コーチ受容性というのは、コーチのいうことを素直に聞く性格のことだそうです。度が過ぎると、自分が違うと思ったときに意見できないということや、自分で考えることをしないということにもなるそうです(個人差はあります。)

 

 

 

私はすぐに「なるほど!たしかに!そうですね!」と思ってしまう性格なので、コーチ受容性の話を聞いた時にぎくっとしました。もう少し自分で考える力をつけようと思います。

 

 

 

 

本当に面白い講義と実技で、まだまだ書きたいことがたくさんあるのですが、正しく内容を伝える自信が無いためこのあたりで失礼します。

 

写真は、当日配布された資料です。

0 コメント

気分転換

こんにちは。

4年の髙島理奈子です。

 

実は先日広島に行ってきました!

広島に単身赴任している父がインフルエンザにかかったということで

母と共に看病(観光)に行った次第です。

 

私は生まれてすぐ2年ほど広島に住んでいたのですが

あまりにも小さくて記憶にないので、気持ち的には初広島でした。

 

久しぶりに父と母に会ったり、美味しいものをたくさん食べたり、

父の家を探索してみたり…と、とても楽しい時間を過ごせました。

 

そして、福岡に帰ってきてから一番驚いたのが

今回の弾丸広島旅行によって気分転換されて、ポジティブになっていたことです。

 

ここ1、2週間は色々悩んでいて、

次のブログはストレスの話でこういう構成にしよう…

となんとなく考えていたのに、

実際に書き出そうとしたら、

あれ?今はそんなに悩み事がないぞ!?

(あるんですけど、そこまで悲観的に捉えていないな、と)

 

家族、新しい土地、美味しい食べ物のパワーを感じました‼︎

私の今までのストレス発散法に人と喋るや外出といった選択肢はなかったので

これを機に、もっと上手く悩みと付き合っていけたら良いなと感じました。

 

自分の話だけになってしまいましたが、

皆さんも自分に合ったストレスとの向き合い方を見つけてくださいね。

 

インフルエンザもまだまだ流行っているみたいなのでお気をつけて!

 

 

写真は原爆ドームです。

核のない、平和な世の中を願って……

0 コメント

どげんかせんといかん

こんにちは
新4マネの水之江杏樹です。


寒い。
ちょっと寒すぎじゃないですか。
昨日も岩井が寒い寒いとブログで言っていましたが、本当に寒い以外の言葉が出てきません。
布団の中で一日を終えてしまいそうです。



さて、今日は健康についてお話ししようと思います。
というのも最近、ショッキングな出来事がありました。


高血糖予備軍に認定されたのです。


選手の食事バランスを!
ということで、たくさんアドバイスを頂き反映させているものの、自分自身の食生活はお世辞にも良いものではなかったようで
選手にも「炭水化物多くない?」と言われてしまいました。


高血糖?まさかまさか
毎日動いてるし…
好き嫌いないし…

なーんて思っていたら、世の中そんなに甘くないと身をもって感じました。

まだ予備軍の段階ですが崖っぷちです。


これは…どげんかせんといかん

と、食べる順番を変えてみたり野菜を取り入れてみたり。
友人にも目を光らせてもらい、糖類に手を伸ばしたら止めてもらっています。
素晴らしい友に恵まれました。感謝の気持ちでいっぱいです。
 

今までの生活が良いものではなかったと気づく人はなかなかいませんよね。
よかれと思っていたら尚更のことです。

私もたまたま血糖値を知る機会があったから気づいたのであって、何も気にせず過ごしていたら予備軍じゃ済まなかったかもしれません。

習慣とは難しいもので、その行動が約6ヶ月間維持できてやっと行動が習慣化したと言えるそうです。

三日坊主と言われていた私は今、血糖改善のためできることを頑張ってなんと1週間以上続いていましたが…

頑張ったご褒美にと先日ラーメンに手を出してしまいました。
また振り出しに逆戻りです。

道のりが遠い遠い。


予備軍認定されて感じたことですが、きっと殆どの事柄が他人事ではないのだと思いました。

「自分には関係ないから」と決めつけるのではなく
「もしかしたら私にも当てはまるかも?」

と自分自身を見直すことも大切なのかもしれませんね。



最後に、今日の写真は幹部ミーティング終わりに撮った一枚です。
近くにいたメンバーで撮ったのでまるで女子会のようになってしまいました笑


それでは失礼します。

0 コメント

暇を持て余す

こんにちは。

4年470クルーの岩井です。

 

寒いです。早く3月になってくださいお願いします。練習はしなければいけないのに、こうも寒いとセーラーの皆様は厳しいですよね。

 

 

さて、今回は「暇」について書こうと思います。

 

読者の皆様は「暇」なとき、どのようにお過ごしでしょうか?

 

最近のマイブームは本を読むことです。今まで一度たりとも読んだことがないといっても過言ではないほど本を敬遠していましたが、ついにはまってしまいました。

 

オフになってからというものの、学校が終わってバイトもない、予定もないとなると、天神で降りてすぐさまジュンク堂へと足を運んでいます。本屋のあの香りや雰囲気がたまらなく好きです。

 

今までずっと本を読んでこなかったのに、突然読み始めたのはなぜかと言うと、ただただアメトーークの「読書芸人」に触発されただけです。ただのミーハー侍です。はーーーい!!!

 

と、ジャンポケ斎藤のボケは置いときまして、そこで手にとった本といいますのが、中村文則氏による「教団X」です。アメトーークにも紹介されていたので、ジャケット買いしてしまいました。初めて読む本にしては、500頁程度の大作でしたが、「生きるとは何か」を描いたもので夢中になって読みました。

 

読み終わると、既に次作である「R帝国」が出版されていたので、文庫化されていませんでしたが即買いしました。「希望」をテーマに描かれており、これまたおもしろくてすぐに読み終わってしまいました。ネタバレはよくないので内容については何も書きませんが、陰謀についてある程度は考えるのも必要だなと作品を読んで感じました。

 

 

本を読むと、見る世界が広がるとは言いますが、こういうことだったのか!!と感心してます。それと同時に、なぜ今まで読まなかったんだ!!と後悔の念もあります。今尚、本は読まないぞ、と意地はってるそこのあなたに是非読んでもらいたいです。騙されませんから大丈夫です。

 

 

また、「暇」を使い、部屋を片付けてみました。するとどうでしょう、なんだか心がスッキリします。今まで部屋で勉強などできた試しがありませんが、こうもスッキリしていると何かをやろうという気にさせてくれます。

 

部屋が汚いと、いい「気」が寄り付かないとは聞いたことがあります。大学生の部屋というと汚いイメージがあります(そうでない方は本当にすみません)。大学生の皆さん、部屋をスッキリさせて、心をスッキリさせてみてはいかがでしょう。とても清々しいですよ。

 

「暇」の過ごし方は様々ですが、ダラーーーーっとしていては時間がもったいないです。「暇」さえ見つけて本を読むなり、ヨットの動画を見るなり、とにかく疲れていて休みたいとき以外は何か自分の知的財産になるような行動をとるといいと思います。

 

僕も、なにもしてないけど気がついたら1時間過ぎちゃったなんてことがよくあります。こういう時間がなくなるよう、気をつけていきたいです。

 

 

写真は、スマホのトップです。

これまた、整理しました。

とてもスッキリします。

0 コメント

食生活の大切さ

こんばんは。

マネージャーリーダーの入江真鈴です。

このブログも早いものでもう4巡目。

 

さて、本日は何の日でしょう!!!

 

 

正解は、同期マネージャー奥野裕貴の誕生日です!!おめでとう!

みんなの妹、奥野裕貴もようやく21歳ですね。

同期ミーティングの時に誰かにくっついては周りから叱られ、ばたりと出くわすと人目も気にせずダッシュで抱きつき、一部からはくっつき虫と言われ…でもなんだかんだみんな裕貴が大好きだからこそ嫌がっているように見えて実は満更でもない。

むしろ母性本能が芽生える。別名赤ちゃん。もしくはおまんじゅう。そんな裕貴が21歳です。一緒に大人になろうね!(笑)

そして一緒にステキな1年にしていきましょう!

 

裕貴の話はこれくらいにして、私たちに欠かせない「ごはん」の話をしようと思います。

 

昨日スポーツフードアドバイザーである、岩井選手のお母様より「選手の身体づくりのための食事」について遂にお話を聞くことができました!

これまでもたくさん講演してくださっていましたが、私は諸事情により今回初めてお話をお伺いしました。

本当に「食事」の大切さについて考えさせられました。

 

「若いから多少の不規則な食生活でも大丈夫」と考えている人も多いようですが、真逆です。

若いからこそ、将来のために(特に女性は自分の食生活がそのまま自分の子供に影響するのですよ…!)きちんとした食生活をしなくてはなりません。

 

ましてや日本一を目指すアスリートが食事を蔑ろにして良い訳がありません。

最高の舞台で最高のパフォーマンスをするためには、最高の準備が必要です。そしてそれは練習だけではありません。

身体づくりからです。

レース日に体調不良なのはただの準備不足です。

自慢させて頂くと、管理栄養士の自慢の母を持つ私の食生活は大変恵まれていました。

小学校から高校卒業までの12年間で公欠を除き欠席したのは1日のみです。(高3の始業式の日に前日の外食のせいで食中りにあいました。笑)

毎日母が一生懸命献立を考えて作ってくれる美味しい栄養満点のご飯を食べていたおかげで風邪なんて記憶上1回しか引いてませんし、本当に絵に描いたような元気っ子でした。

私が九大に受かったのも、高3になった瞬間魚の登場率が上がった母の食事のおかげだと、本当に思っています。

 

ただ漠然と自慢がしたい訳ではありませんよ。

 

何が言いたいのかと言いますと、きちんと栄養をとっていれば本当に永遠に元気なのです。

レース日に体調不良になることもありません。レース中に集中力が切れることもないはずです。

この2つは岩井陸のお母様も仰っていましたし、私の経験でも実証済みです。

 

大学に入り、一人暮らしを始めた途端「バイトで、部活で、勉強で忙しいから」と言い訳をしているうちに風邪は引くし、得体の知れない高熱に侵されたことだってあります。

食事が如何に大切かを思い知らされました。

 

 

ですが、上記のようにあんなに威張っておきながら私の今の食事では選手に大口を叩けません。

 

だからこそ、私から変わってみせます。

 

バイトで帰るのが日付を越えようが、朝部活のために7時前に家を出ようが、テスト勉強に魘されようが毎食誇れる食事をしようと思います。

今日から。誓いますね。みなさんに誓います。

 

そして、私の食事を変えると同時に周りから意識改革していければと思います。

「真鈴のご飯は"栄養バランスがとってもよくて"美味しいよね」と言ってもらえるよう、食当も見直していこうと思います。

私の特技が料理と謳っているからには妥協しません!

 

お母さんへ

お母さんのご飯には到底追いつけませんが、管理栄養士の娘の名に恥じない食生活をして、内側から綺麗な大人になることを誓います。

 

さて、現在はテスト期間真っ只中です。

とは言え前期までに計画的に授業を詰め込んだので私のテストは3つのみ。

(今までの私偉い!本当によく頑張った!)

理系組から反感を買いそうですね。

理系のみなさん、私、来期の授業多くても週2コマです!少なくて1コマです。

たくさん海に出てそしてたくさん部費と遠征費を稼ぎますね。

 

とりあえず残りの重い重いテストを頑張ります!

 

写真は、私の実家のご飯です。

カメラロールに唯一残っていました!

ハンバーグ、いんげんの胡麻和え、かぼちゃサラダの3品です。美味しそうですよね。

とっても美味しいんですよ。

 

それではみなさん、次にブログにてお会いするのは春休みです!!

ステキなテスト週間を!

2 コメント

豆まき

こんにちは、四年スナイプの橋口です。

本日は節分の日ですね。古来から季節の変わり目は邪気が入りやすいとされ、2月4日の立春を迎えるにあたって、邪気を追い払い、福を招き入れて新鮮な気持ちで春を迎えようということで節分の日があるようです。その際に「魔を滅する」→「魔滅」→「豆」ということで豆まきが行われています。最近では大学生が家で豆まきをするといったことはあまりないかもしれませんが、九州大学ヨット部はしっかり豆まきを行なっています。

 先輩方に自分の家に来て頂き、今年1年の成長を願いながら豆を投げてもらいます。どの家も邪気が多いようで、一般的な豆まきと比べると豆の量が少し多いような気もしますが、、、。今年もしっかりと邪気を追い払い、2月15日から始まる春練習に挑みたいと思います。

 

写真は前回に引き続いて僕の地元、長崎の写真です。寒い!春が待ち遠しいですね!

0 コメント

考え方改革

こんばんは。
470リーダーの鄭です。

部活、バイト、就活の中に、テストが入ってくる季節になりました。
私は幸運なことにテストが少ししかないので、前の日にぶわぁっと片付けることにしました。そんな余裕はないんですけどね…。
今は月曜日に幹部ミーティングが、火曜日にレース技術部ミーティングがあるのですが、特に下級生は連日のテストで疲れ切っていました。
でもこれも青春だと割り切って頑張って、単位は落とさないようにね。後悔しても遅いから気をつけてね。
でも私はテスト期間が好きです。
いつも授業中と昼休みしか一緒にいることがない学部の友達と、図書館で勉強するのがとても楽しく、久しぶりに大学生をしている気分になれます(決して普段学校に行っていないというわけではありません)。
部活の同期はもちろんですが、学校で出会った友達も私を支えてくれている大切な存在なので、大事にしていきたいと思います。

さて、最近は色々な先輩方や同期、後輩たちと話す機会があるのですが、その中で改めて気づいたことがあります。
よく聞くことだと思うのですが、「人の話はきちんと最後まで聞く」と「否定から入らない」です。
意見をぶつけ合う中で、どうしても遮って反論してしまったり、頭ごなしに否定してしまうことがあります。
もちろん自分の理論があることは素晴らしいのですが、それをみんなに納得してもらうことは簡単ではありません。
その中でイライラしてしまうこともありますが、少しペースを落として、最後までしっかり意味を汲み取り、相手の言わんとしていることを理解してから話すべきだと思いました。
自分自身ヒートアップすると遮ってしまったり人の意見を否定してしまうことがあるので、より一層注意して、自分のされたいように接していこうと思います。

最後に、私の大好きな菜々恵さんの写真で締めたいと思います。
この写真は菜々恵さんが実家に引っ越される前日にご飯に行った時のものです。
女子選手として、先輩として、尊敬する菜々恵さんとこの日は熱い話ができて本当に嬉しかったです。たくさん学ばせていただきました!
菜々恵さんは今日からオーストラリアに留学されます。
異文化の中に飛び込んでいく中で、辛いこと苦しいこともあるかと思いますが、男子の中で選手として4年間頑張ってこられた菜々恵さんなら、絶対にたくさんの素晴らしい経験をして帰って来られると信じています。頑張ってください!!
ブログを読んで下さっているみなさんも菜々恵さんを応援して頂きたいです。
私たちもオーストラリアまでいい成績をお知らせできるように精一杯頑張ります。

それでは失礼致します。

2 コメント

スーパーブルーブラッドムーン

こんにちは!

四年スナイプの内藤です。

 

ただいま絶賛テスト期間中ということで、今回は期末テスト悪戦苦闘記を書こうと思っていたのですが、ブログを書いている時ぐらいはテストのことは考えたくないと思うくらいに追い込まれていますので、今回は別の話題をさせてもらいます。

 

スーパーブルーブラッドムーン!!!

みなさん見ましたでしょうか?

僕は昨晩テスト勉強に疲れて帰宅する時に見ました。

残念ながら福岡は天気が悪く、僕が見た時は曇った半月くらいにしか見えませんでしたが、「地球の影に月が隠れている」という現象が実際にリアルタイムで起こっていると考えると少し興奮しました。

 

もともと僕は宇宙のことが好きで、星空を眺めながら色々妄想を膨らませたり、NHKの宇宙特集番組を興奮しながら見たりしていました。

大学に入学してからは、伊都の強みを生かして夜中に家の前の広大な田んぼに繰り出していって星空を眺めたり、

同期の橋口が小学校の頃に作った

と言い張る立派すぎる望遠鏡で土星やいろんな物を見たりしていました。

 

そんな感じで隙あらば夜空を見上げてきた自分ですが、最近忙しいのもあってゆっくり星空を眺めたりとか、宇宙についての壮大な妄想をしたりすることがなくなっていました。

そんな中で、今回皆既月食の話題で久しぶりに空を眺めてちょっと心に余裕が生まれたので、この心の余裕を全て使い果たすつもりで勉強しようと思います!

 

僕が見た「スーパーブルーブラッドムーン!!!!」の写真です。

名前からは想像出来ない程の地味さですね笑

よく見ると若干左下が欠けています。

 

写真だから皆既月食の凄さが伝わらないのではなく、実際ほとんど普通の月と変わらなかったのですが、妄想力があれば曇っていても十分に楽しむことができました!

0 コメント

運の良さ

こんばんは。

主将の長尾です。

 

本当に自分は運が良く、人に恵まれているなと思うことが多々あるので、お話したいなと思います。

 

最近、部運営で変更しようと思っていることがあるのですが、それに伴ってOBの方々、同期、後輩と話す機会が増えています。色んな人と話す中で、九大ヨット部が勝つためにはどうしたらいいかということを本気で考えて、自分が思いつかないようなアイデアや反対意見などを誰もが伝えてくださいます。その度に「あー、みんなすげえなぁ」って思ってます。(笑)

自分だけの偏った考えではベストな方法を取ることはできないなと感じました。人の考えを聞いて、より日本一に近づき、かつ納得しながら進める方針を作り出そうと思っています。

 

僕はいくらでも話を聞くので、特に後輩のみんなは思ったことがあれば、じゃんじゃん言ってきてほしいです。よろしくね。

 

他にも人に恵まれてるなと思うエピソードがあります。

それは高校や中学のサッカー部のみんなや、クラスメイトがこのホームページを見てくれて、応援してくれてることです。新年に集まった時とかは「どんなことやってんの?」と聞いてくれたり、「Facebook見てるよ!頑張れ!」と言ってくれたり、「ボートだったっけ、カヌーだったっけ」と言っていじってきたり。(笑 )

自分が関わってきた人に応援してもらえることがとても嬉しくて、そんな友達を持つことができて幸せだなとひしひしと感じています。

このブログも読んでくれてる人がいると思うけど、おれらの部活は「ヨット部」です!

間違えないでね!

応援してくれてありがとう!!みんなもそれぞれ頑張れよ!!

 

保護者の方々含め、大人の方々も応援に加えて、自分が相談すれば、「こんな考え方にしたらもっと成長できるよ。こうやったらいいんじゃないかな?」など人生の先輩としてアドバイスしてくださって、なんだかもうありがたすぎて申し訳ないほどです。(笑)

そんな大人の方々が自分の周りにいてくださって、僕は本当に運が良いなと思ってます。

 

オフ期間は色んな人と話す機会が多くて、とても刺激的でした。まだ終わってないですが、有意義なオフを過ごすことができたなと思っています。

 

1月も終わり、これから九大ヨット部はオフを終え、再スタートをします。日本一を目指して全員で戦っていきます。楽しみです。

1ヶ月後にはいよいよ新人戦です。応援してもらってる人たちの想いに応えられるよう、また何より自分が前を走って最高の気分になれるように、頑張っていこうと思います。

 

全力で取り組んでいくので、ご声援のほどよろしくお願い致します。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。失礼致します。

2 コメント

合格体験記

こんにちは、4年スナイプの比嘉です。

寒い日が続きますね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
今これを書きながらも、窓の外に雪が降っているのが見えます。
沖縄出身なので1年の頃は雪が降れば大はしゃぎしていましたが、最近は雪を見る頻度が増えたのとなかなか積もらないのとで、雪を見ても感動がなくなりました。

さて先週、農学部は1日休みがありました。
AO入試です。
農学部のAOは、20/240人(3年前は)なので割合としては少ないはずなのですが、今の4年には私を含め3人います。
AOのことを「ア◯でもOK入試」と呼ぶ某同期には、入学当初馬鹿にされましたが、(私の場合反論はできませんが笑)、実際自分から言わなければAO生だとバレることはありません。
農学部の場合、一度入れば良くも悪くもスタートラインは同じになるので、勝負は大学での努力次第です。
就活でも尋ねられることはありません。
センター後1週間、二次対策と並行して小論文・面接対策をする時期の「こんなことやってる場合じゃないのでは」という迫りくる焦燥を乗り越えれば、人よりひと月早く受験から解放されます。
最高です。
九大ヨット部を目指す受験生には、ぜひそういった手段も活用することをお勧めします。

私のAO入試当日はというと、当時防寒の仕方がわかっておらず、試験会場の余りのの寒さと緊張で手がかじかんで、小論文は6割ほどしか書けませんでした。
絶望しかけた時周りを見ると、皆不安そうな表情で、泣いている男の子もいて、あぁこれいけるわと余裕が生まれました。
その後、根拠のないみなぎる自信で面接に挑み、今考えるとそれが功を奏したのではないかと思います。

以上より、私が思う試験当日の持ち物は、①膝掛け、②クッション、③自信です。3つ揃えば、あなたのパフォーマンスは確実に上がります。特に③を表に出す技術を身につければ、周囲への破壊力は抜群です。
もちろん、そのほか必要なものもしっかり準備して行ってください。

もし、このブログを読む九大ヨット部に興味を持つ高校生がいるなら、ぜひ連絡してください。
ヨット部現役が全力サポートします。

体調には十分気をつけて。

 

最後に、前幹部の菜々恵さん、留学行ってらっしゃい女子選手会の写真です。

 

失礼致します。


0 コメント

十人十色

こんにちは。

新4年470スキッパーの衞藤です。

 

ブログを書くのも3回目です。気がつけば3年の後期も終わろうとしていて、自分の所属する機械航空では来年からの研究室選びに向けて水面下での戦いが始まっています。教室でも今年はどこの研究室が人気なのかという会話がちらほら聞こえてきます。我らがヨット部の機械航空勢もこの戦いに加わることはできるのでしょうか、、

 

さて、今日はどんなことを書こうかな、と思ってiPhoneのカメラロールを開いてみたんですが、見事にヨットとご飯と製図の写真しかありません。笑

思えばこの半月はやるべきことが多すぎて、ほとんど遊びに費やせる時間がありませんでした。平日は製図と英語の課題とあとは面接に、残った時間はESのための自己分析、休日はヨット。一息ついたと思ったら今度はテストが始まります、、

充実していると言えば充実しています!が、さすがにちょっと息が詰まりそうなので今度どこかに出かけてこようと思います笑

 

そんな忙しい(?)日々の中で最近気づいたことがあったので、今日はそのことについて書こうと思います。今回のテーマは「みんな違ってみんないい」ということです。

以下の文章は長いのでまとめると、

「様々な意見の違いは個人の価値観の差からくるものであり、他人の意見を尊重するということは他人の価値観を受け入れ理解することにつながる」

ということです。これだけのことを長々書いているので時間がない方は下まで読まなくても大丈夫です!笑

 

 

 

僕はかつて、世の中の全てのものには何かしら優劣をつけることができると考えていました。テストの点は80点よりも90点の方が優れているし、通知表のAの数は多ければ多い方が良いですよね。数学は最終的な答えは1つですし、現代文だって解答は基本的に1つ、多くても2つ3つぐらいしかありません。

論破という言葉もあります。僕は世の中の様々な考え方にも必ず良い悪いを決めることができると思い込んでいました。ミーティングとは、みんなの意見の中からいかにして「良い」ものを抽出するか、そういう作業だと考えていました。

 

ところが最近になって、現実はそう簡単に割り切れるものばかりではないということを実感させられる出来事が多くありました。

同じ事柄に対してAとBの2つの案が出た。どちらの議論にも矛盾はないが、出てきている結論が違う。この場合何が違うのか、と考えてみると、どうやら出発している前提が違うらしい。それならどちらかの前提が間違っているのか?どうやらそうではない。正しい前提から出発して正しい議論を踏んでいるからどちらの結論も正しいが、前提が異なっているので別々の結論が出ている。

こうなるともうAとBに優劣をつけることは難しくなります。絶対的にAあるいはBのほうが正しいとは言い切れません。どっちも正しいからです。

ここでAとBとに差をつけるのが、個人の価値観、つまりその人が何を1番大事にしたいのかということだと思います。どっちも正しいんだけど、自分としてはこのポイントを優先したいから、その観点ではAの方がいいんじゃない?って感じです。

つまり、ある人が出した案を頭ごなしに否定することは、その人の価値観を否定することにつながるのではないか、と考えました。(もちろん、その案が正しい議論を経ている場合は、です)

今まで僕は自分と違う意見が出たときに「それは絶対間違ってるだろ」と思ってしまってそれを口に出してしまうタイプだったのですが、このことに気づいてからは少し考え方が変わりました。他人の意見を尊重する、という言葉の意味が少しわかったような気がします。

何をいまさら、と思う人も多いかもしれません。自分もなんで今まで気づかなかったのでしょうか、、

このことに気づいてから僕が劇的に変わったというわけではありませんが、前よりは人の意見に耳を傾けられるようになった気がします。ちょっとした成長ですね。これからもこういった気づきをできたらな、と思います。

長くなりましたがここまで読んでくださってありがとうございました。

冒頭でも述べましたがあまりにも写真がないので、ある土曜日の練習の時の1枚をはっておきます笑

0 コメント

しおりちゃんとヨット部

 

こんにちは。

新4年マネージャーの平井なつみです。

 

私の近況を報告しますと、

みんなはテストで大変そうですが、教職もとっていない教育学部の私はテスト等がほとんどなく、就活や卒論のテーマを決めようとしています。やらなければならないことを進めています。

卒論のテーマは、部活をテーマに書いていきたいと思います。ただまだわからないので具体的には言わないでおきます(笑)

あとは、あれだけありえない!と思っていた、ヨット部のスウェット登校を解禁してしまいました・・・。

 

 

今回のブログのテーマは、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私の大学の親友・しおりちゃんについてです。

 

しおりちゃん、教育学部、福岡県出身。

入学してすぐ仲良くなり、1,2年はほとんど同じ授業を取り・・・。

 

本人はヨット部とは全く関係ないのですが、私がヨット部の話をするうちに、

「高橋がね!」っていうと「トランシーバー係の高橋英悟くん」。

「三上が・・・」っていうと「部旗係の三上くん」。

「衛藤が、」っていうと「ダイヤモンドメンタル衛藤くん」。

っていうくらいには私の先輩同期後輩を把握してくれました。

この2年高橋は最近パン屋さんでバイトを始めたそうです。

これも言わなきゃ!笑

 

伊都キャンパスにいたころは、

「あそこに○○先輩がいるよ!!」と私より早く見つけて教えてくれました。

 

そしてしおりちゃんは、このブログもいつもチェックしてくれています。

 

「岩井くんって、ハーバー来たら頭痛治るって、ヨット愛強すぎん?!」とか、

「愛梨ちゃんのブログでアメフト部の交流会のやつ見たよ!!」などなど・・・。

 

しおりちゃんはいろんなヨット部事情を知っているので、ある意味ヨット部員よりヨット部に近い人物かもしれません笑

 

3年前からずーーーーっと、私とヨット部のことを応援してくれている彼女には、本当に感謝しています!

 

九大を目指してがんばっている受験生のみなさん、大学ではこんな風に一生の友達も見つかるとっても素晴らしいところです。(そしてヨット部に入ってくれることを楽しみにしています)

あと少し、頑張ってください!!

 

 

写真は、新たに購入したライフジャケットをハーバーまで運んでくれた3年今西の原付です。落ちるのが怖くて20キロくらいしか出せなかったそうです。

ロープで結べなかったのでしょうか。どうもありがとう!

 

それでは失礼します。

0 コメント

バイト頑張るマン

こんばんは。

470宮田です。

 

最近、人生初のバイト11連勤を経験しました。ドライスーツを買ったからバイト増やさなきゃなーと思っていたのですが、がむしゃらに働いていたらすんなりノルマクリアの目処が経ちました。もはや働きすぎてお釣りが期待できそうなくらいです。

ここまで余裕があるとバイトもペースダウンできそうなのですが、今は主に2つの理由で頑張っています。

 

1つ目はやはり「もっと余裕がほしい」

からです。新シーズンが始まったときにシーブーツを新しいものに替えてみました。動きやすさが全然違いました。ブーツやウエアは形が保たれている限りはなかなか新しいものに替える気が起きないものですが、替えたらやっぱり違います。こういうところでもやはりお金をかけていきたいところですが、それにはやはりお金に余裕がないといけません。出し惜しみせずに済むくらいには貯金をしたいものです。

 

2つ目の理由は、「感覚を忘れたくない」からです。

バイト先では自分のパフォーマンスと周りとの助け合いがとても重要になります。これは簡単に身につくものではなく、数ヶ月勤めてやっと体が慣れ始めました。最近はこの感覚を忘れるのが怖くて、時間があると思ったらついシフトを入れてしまいます。

 

せっかく採用して頂いたので、できる限り成長したいのですが、これからはヨットとテストとの兼ね合いも考えなければなりませんね。

 

以上、自分の近況報告となりました。

写真は今日の自主練習での1枚、昼のミーティング前の様子です。

それでは、また次回のブログでお会いしましょう。

失礼致します。

0 コメント

ごま豆乳鍋と卒論のテーマ決め

こんばんは。
新四年の奥野裕貴です。

寒い毎日が続いていますが、みんなさんいかがお過ごしでしょうか。インフルエンザが流行しているので手洗いうがいは徹底したいものですね。
今回のブログはごま豆乳鍋の魅力と卒論のテーマ決めの2つについて書きたいと思います。

まずはごま豆乳鍋です。先日、市販の出汁を買ってきて家で鍋を作ったのですが、びっくりするほど美味しかったのです。スーパーで2種類程ごま豆乳鍋の素があったのですが、値段の高い方が美味しそうなパッケージだったのでそちらを選びました。入れた具材は白菜、水菜、人参、えのき、長ネギ、豆腐、切り餅、豚肉です。鍋に入れる具材と言えばいつもこんな感じになるのですが、今回みなさんに特に紹介したいのがごま豆乳鍋のシメです。残り汁にサラダ用パスタと牛乳を加え、パスタが茹で上がったらその上に卵黄と黒こしょう、粉チーズをかけます。ごま豆乳カルボナーラの完成です!これはもうほっぺたが落ちると言っても過言ではないほどの感動的な美味しさでした。みなさんもぜひとも試してみてください。

次に卒論についてです。2月の1週目に卒論のテーマを教授に提出しなければならないことがこの前発覚しました…。
まだまだ先の話だと思って何も考えていませんでした…今年の春に提出の報告書の作成に目がくらみ、もっと大事なことがすっぽりと頭から抜け落ちていたようです。私の研究室はかなり自由なテーマ設定をすることができるのでヨット部について書こうかな、と一瞬思ったのですが、こんな甘い考えでは何万字という壁の突破は困難でしょう。もっと考えを固めなければ。何かアドバイスがある方はぜひお願いしたいです。

最後に写真なのですが、呆れたことにごま豆乳鍋の写真を撮り忘れていました…いくらブログに関連した写真を載せたいと言えど、卒論テーマ調査用紙(白紙)の写真を載せるわけにもいかないので、ある夏の日の陸ヨットの思ひ出を載せたいと思います。早く暖かくなることを切に願うばかりです。

ほとんど部活に関係のないことを書いてしまいましたが、今日はこの辺で失礼致します。最後まで読んで下さりありがとうございました。

0 コメント

製図

こんにちは。

新4年の古賀です。

 

最近はとても寒いですね。毎日学校まで原付で通っているのですが、学校に着く頃には手はかなり冷えきっています。

今日は最近の話をしようと思います。ここ最近、ヨット部機械航空組は製図に追われていました。僕の場合、製図の前段階である計算書の作成まではいいペースできていたのですが、実際に製図を書き始める段階になってどのように書いていいのか分からないという状況に陥り、後半戦は非常に苦戦を強いられました。何とか締切日の前日に徹夜することにより提出することはできましたが、合格できたかどうかはまだ分かりません。他の人達もみんなありとあらゆる手を使って製図を完成させることができたそうです。提出後は機械航のみんなで製図がおわった喜びを分かち合いました。

今回思ったことは、やはり油断はしてはいけないということです。前半戦いいペースできているからといって、ペースダウンしてしまうと後で痛い目にあうことになります。ある程度の目処をつけて計画を立てることは大切だと思いますが、厳しい目線で計画を立てていこうと思います。これから、テスト期間に入るので綿密な計画を立てて単位をしっかり取っていこうと思います。その前にテストの前哨戦として、今週末にTOEICを受けます。おそらく悲惨な結果になることが予想されますが、精一杯頑張ります。写真は最近の愛読書です。

それでは失礼します。

0 コメント

寒い日には

こんにちは!

四年スナイプの荒河風夏です。

 

一昨日は、都心で大雪が降り、各公共交通機関に影響を及ぼし、東京から帰れなくなってしまった部員もいたようです、、。そして、今日は福岡でも少し雪が降りました!(積もるほどではないし、地下鉄民の私からしたら何の影響もありませんが、、、)過去最強の寒波がやって来ているそうなのですが、わたしはと言いますと今日は外で実習です。恐ろしいですね。

 

さて、最近私がよく考えることは、いかに上手く折り合いをつけるかということです。

お金が必要だからバイトしないといけないけど、上手になるにはたくさん練習したい。という理想と現実のギャップがある時や、ミーティングで意見が割れた時など、どうしても折り合いをつけないといけない場面が出てきます。

もちろん理想を追い続けることも自分の意見を貫き通すことも大切な時はあります。が、進路を考え始めたり、幹部になったりしたことでどうしても折り合いをつけないといけないという場面に出会うことが多くなりました。

本当の目的を忘れないこと、相手の立場に立ってみること、折り合いをつけるにあたって大切なことはたくさんありますが、上手く折り合いをつけることはとても難しく、絶賛悩み中です。ヨットに乗っていてもブローとロング、他艇などさまざまな要素によって折り合いをつける場面はあります。

いろいろな場面で上手に折り合いをつけられるようたくさん考えて、成長していきたいと思います。アドバイス等あればぜひ教えていただきたいです、、、。

 

そして、わたしが今、折り合いをつけようとしてることは、寒くて布団から出たくないという理想と学校があるという現実です。笑

まあ、答えは一つなのですが、、、。早くしないと遅刻です。

とっても寒い近頃ですが、体調に気をつけて元気にがんばりましょう。

では、失礼します。

 

写真は福岡より大雪の地元鹿児島の祖母の家です。もっと家から出たくなくなりますね。笑

 

0 コメント

ヨットの魅力

いつもお世話になっております、スナイプクルーの八並です。

 

追いコンで卒部された先輩方、大変お世話になりました。これからもご指導宜しくお願い致します。

 

さて、前回はVolvo Ocean RaceやVendée Globe の世界的なレースについて書かせていただきました。1個下の後輩達にも「知らないです〜」って反応が多かったですね。ぜひこの機会に調べてください!

 

と言ってる所で、Leg4のFinish直前に痛ましい事故が起きてしまいましたね...。

レース中といえどもシーマンシップに則り救助活動を行ったVestas 11 th Hour Racingには、ぜひLeg5も参戦して頑張って欲しいです。

(Leg5は2/1スタート予定です。ぜひチェックしましょう。)

 

ところでVolvo Ocean Raceで使用されている、全艇ワンデザインとなるボルボオーシャン65の動画を見ましたが、風が吹いてると時速40km程にもなるんですね...!!ぜひ一度は乗ってみたいなぁ。

 

次のトピックはナクラ17について!

Kazi 2月号皆さんチェックしましたか?

わざわざリンクから飛んで、このブログを読んでくださるコアな皆さんなら既に読まれていらっしゃる事でしょう!

 

梶本/川田組によるナクラ17級の紹介がされていましたね〜。

 

ナクラ17とは?

オリンピックのために開発された艇種で、リオ五輪から採用されました。

クルースキッパー両方でトラピーズするカタマランというだけで、とてもスピードが出る事が想像に難くないですね(見た事ないので想像の域ですが)。

これが何と2020年東京オリンピックでは水中翼が取り付けられるナクラ17(フォイリングver)で、レースを行う事が決定されました。Unbelievableです。

アメリカズカップのAC45Fの縮小版とでも言いましょうか。ハイスピードレースをぜひリアルタイムで観たいものです。

2020年東京オリンピックでメダル獲得を目指す梶本/川田組を微力ながら応援していきたいですね。

 

こんな風に社会人になった以降も、ヨットに関わって生きていくというのは、とても魅力的です。

自分も社会人になっていずれは、モスを買って出艇したいと夢を抱いております。

 

もう一つトピックを用意しておりまして、白石康次郎さんについてです。

 

自分は福岡県立 筑紫丘高校の出身なのですが、福岡の御三家の中で唯一ヨット部がありません。

なので高校の間ヨットのヨの字も知らなかった自分は、Vendée Globeの出場者、白石康次郎さんの著書を読んだ事があったのです!

 

正直に申しますと、課題で出されたテーマに沿った読書感想文をイヤイヤ書くために読んだだけでありまして、本の題名すら覚えていません。

ですが内容はとても素晴らしかったのを覚えています。白石さんの深い教養と人徳をお持ちなのが、読んでいて伝わってきました。

 

世界一周クルーザーレースの出来事や、同じ出場メンバーとの海上のやりとり、実際白石さんが通われてる真剣の道場の先生の教えや、失敗から学ばれた事等も書かれていました。

 

イヤイヤな動機で読んだ本だったので、ふーん世界の海を一周する人もいるんだなぁ、と感じたくらいでした。その本を読んだ事さえすぐに忘れていました。

 

それから筑紫丘を卒業して、九大に入ってヨット部に入部して、2年目の冬にFacebookでVendée Globeに出場する白石康次郎さんを見た時の感動は今でも思い出しますね。

 

わざわざ課題の為に百道の福岡市総合図書館を訪れ、飾られてあったその本を手に取ったのは、今思うと運命なのかもしれません。

 

自分が周りのヨット部員よりクルーザーレースにより興味を抱いてしまうのは、きっとあの本を読んだ事が、根本にあるからだと思います。

 

ヨットやセーリングの事を知った今こそ、「あの本」を探してもう一度真剣に読みたいと思います。

 

以上で今日のブログを終わります。

ここまで読んでいただきありがとうございます。次回の自分のブログでは、「福岡」について語りたいと思います。

ぜひお楽しみに。

 

添付写真は2016年アメリカズカップ福岡大会で、自分が海上で撮ったSoftbank teamです。

0 コメント

反省から次へ

こんにちは。
新4年マネージャーの立野舞也佳です。

追い出しコンパが終わりました。
前2日も追いコンのことを書いていますが、私も書かせてください。

私は主務部長としての最初の大仕事として、追い出しコンパを迎えていました。
とにかく当日はうまくいくかどうか気が気ではなく、ずっとそわそわしていて落ち着きがなかった気がします。あまり先輩方とお話をした記憶もありません。

終わってしまうと、あれをしておけばよかった、これをしておけばよかった、と後悔しかしておりません。至らない点だらけだったと思います。それでも少しでも卒業生にとっていい会だったと思ってもらえたらありがたいです。

とにかく当日を迎えるまでは常に頭の中に追いコンのことがあって、正直いっぱいいっぱいでしたが、このような大役を務めさせて頂いたことには感謝しなければならないなと思います。きっとこのような経験はそうそうないですし、今後に活かしていきたいと思います。


もう1月も終わりが近づいています。
一応これでも就活生ですので、そろそろ本気で就活をしなければと、焦っております。
練習に行く時間を削りながらになるので、寂しい気持ちもありますが、今は自分の将来のためにも頑張りたいと思います。

寒くなったり少し暖かくなったりと最近寒暖差が大きく、また個人的な不安や焦りから体調を崩しがちな今日この頃ですが、テストやら就活やら部活の仕事やらやることは山のようにあるので、風邪を引いてる場合ではありません。選手に偉そうに体調管理してね!などという前に自分の体調を整えたいと思います…。

それでは今日はこの辺りで。
皆さんも風邪などひかないよう、体調管理にはお気をつけください。

(ちなみに写真は昨日行った遠征計画部2017の打ち上げです。久しぶりに楽しいことをしました。)

0 コメント

追いコンを終えて

こんにちは。

新4年470クルーの堀です。

 

実はこのブログ一度書き終えたときに誤って全削除してしまいました…。

全選択してコピーをするはずが、ペーストを押してしまい、文章がすべて追いコン会場の山水荘の住所に変わってしまいました。

ヨットと同じくリスクヘッジができていませんでした。今後は復元可能なWordで作成しようと思います。

 

 

さて、昨日は卒業生の先輩方を送り出す追いコンでした。

今回は諸事情もあり、会場が周船寺の山水荘でしたが、個人的にはご飯もおいしくて雰囲気も良く、結果的によかったのではないかと思います。

恒例の胴上げも天井を傷つけることなく無事終えることができました。

 

 

この追いコンが卒業生の先輩方とお話しする最後のチャンスとなるかもしれないので、できるだけお話ししに行きました。

面白い話をしてくださったり熱い話をしてくださったりと、先輩方と話していると少し懐かしくなりました。そして、改めて寂しい気持ちになりました。

 

 

自分がこの追いコンで一番印象に残っているのは先輩方がステージで話してくださっている中にあった、主体性についての話です。

 

今までも主体性は大事だという話もありましたし、そのことが重要だと分かっているつもりでした。

 

ですが、どこか主体性が無くてもと考えたりしているような自分がいたような気がします。

また、主体性をもって行動することは難しく、つい楽な方に逃げている自分もいたと思います。

今年の自分のテーマとして大きく自分を変えることだったので、これを機にまず部活内、部活内あらゆるところで主体的に行動することから始めようと思います。

そうした姿勢で最後まで駆け抜けていこうと思います。

 

 

写真は昨日食べた井出ちゃんぽんです。体調管理が大切な時期ですので、たくさん野菜を食べていこうと思います。

0 コメント

追いコンとコールアカデミー

こんにちは!

新4年マネージャーの小田  野々花です。

 

 

今日は追いコンでした!
今までたくさんお世話になった先輩方を送り出す行事です。
先輩の中には卒業式に出席することができない先輩もいらっしゃるので、今日お会いした後しばらくお会いできない先輩もいらっしゃると思うととても寂しいです。
悔いの残らないように2次会でもしっかりとお話したいと思います!

 

また、今日は追いコンの前に女子マネージャーを中心としたメンバーで九州大学男声合唱団コールアカデミーの定期演奏会に行って参りました。

合唱団の方々のパフォーマンスは素晴らしく、聴き終わった後はその歌声がしばらく離れませんでした。


今年は自分が幹部だからかでしょうか、アメフト部との交流会やコールアカデミーなどの行事がよくあるからでしょうか、例年よりもオフが短く感じます。今日が1月20日、春練習開始が2月15日ということで、オフも残り1ヶ月を切りました。

 

春練習開始(2/15)まで残り26日、
新人戦(3/17.18)まで残り56日
全日本インカレ(10/30-11/4)まで残り283日
ということで、本当に早いものだなと思います。

残り少ない日数でやることは山積していますが、まずは緻密な計画・準備をして春練習を迎えることができるようにします。

 

このブログを読んでいる受験生の皆さん、2時試験まであともう一踏ん張り、頑張ってください!

気温の変化が激しいですが、しっかり食べて、しっかり睡眠をとって、風邪やインフルエンザなどを撃退していきましょう。


それでは失礼いたします。

0 コメント

考えの変化

会計の髙島理奈子です。

 

昨日、就活する同期のお手伝いとして、面接官の役をしました。

小学校から高校までを振り返る質問から、現在のことまで、様々な質問を投げ掛けました。

私は就活していないので、あくまで私の想像する面接官の掘り下げをするに過ぎなかったのですが、役に立てていたら嬉しいですね…。

 

せっかくなので私も、"小学校から高校までを振り返る"ということをしてみました。

すると結構考え方が変化しているという事に気が付きました。

先日の成人式など、自分の歳を実感する際に、

小さい頃想像してた21歳ってもっと大人だった。何も変わってないのに次が22歳なんて恐ろしい…

と感じていたのですが、

見た目はほとんど変わっていなくても、内面の変化はしっかりあったのですね。

 

思えば、最近学部の友達から

1年生の入部当初からは考えられないほど部活への考え方が変わったよね。

と驚きを隠せない様子で言われました。

ずっと部活内にいると変化しても気づきにくいものですが、

岡目八目、部外の友達にとってみると信じられないような変化なようです。

 

環境が人を作るとはよく言ったもので、環境が変わればそれぞれの場で刺激を受けて、新しい考え方を学んでいっているのですね。

先日の水之江の話にも繋がりますが、

1年、2年、3年、幹部とその時々の考え方をいつまでも心に留めておくことで、

どんな立場の人の気持ちも考えながら行動できる幹部になりたいです。

 

さて、明日は追いコンです。

私たちにとって最もお世話になった先輩方を送り出すイベントです。

色紙を書いているのですが、枠が小さい!

色々な思い出があるのにこんなに枠が小さくては何を書こうかとても迷ってしまいます。

心を込めて書いていますので、卒部される先輩方は楽しみに待っていてくださいませ。

みんなすごく小さな字で詰め込んで書いているので、頑張って読んでくださいね!

 

それでは、多くの諸先輩方にも明日お会いできるのを楽しみにしております。

 

写真は先日私の家で行われた餃子パーティーの一枚です。
すっかり定期開催される会となってしまいました。笑
この写真には写っていらっしゃいませんが、樽谷さん、あおいさん、ななえさんもいらして下さいました。
引退してからも学年を超えて仲良くできるヨット部は本当に素敵ですね。
明日の追いコンでは日頃の感謝を伝えられたらよいなと思います。

0 コメント

冬休みを終えて

 

こんにちは。

新4年マネージャーの水之江杏樹です。

 

 

冬休みが終わりました。

楽しい時間は短く感じるものですね。

冬休みが去っていく寂しさにくれる暇もないうちに実習が始まりました。

今日は実習10日目です。

 

実習。

これまで周囲を驚愕させる鈍感さと、都合の悪いことのみを排除する忘却力を兼ね備え、どんな困難もひょいと乗り越えてきた私ですが…

 

はよ終わらんかな。

 

暗いことばかり言ってはいられません。

未来の看護学生の人口が減ってしまいます。

 

もちろん終わった後の達成感は大きいですし、嬉しいこと学ぶことも多くもあります。

今日はその学びの中で1番ほぅ〜と思ったものを紹介しますね。

 

 

例えば

「相手の立場に立って考える」

よく聞く言葉ですがこれが非常に難しいのです。

 

この人は何を考えてるんだろう

と思うことはありませんか?

私は周りからよくそう思われるのですが、それはさておき。

 

過ごしてきた環境も性格も考え方も様々、そんな方と向き合うとき

もちろん自分の意見をただ伝えるだけでは相手には響きません。

 

それもそのはず、経験してきたことが違うのですから考え方だって違います。

相手とのコミュニケーションの中で、こんな経験をしてきたのだろう、こういう思いを持っているんだろうと想像しながら相手像を知っていきます。

 

このように「相手を知ること」「その人自身を受け入れること」で初めてその人に寄り添って考えられるようになります。

 

それが難しいんですけどね…

 

 

そこで私は経験こそ役に立つものではないかと思いました。

自分自身が沢山の経験をすれば、色々な方向から考えることができるのではないでしょうか。

 

違うコミュニティの人と話してみる。

未体験のものに参加してみる。などなど

 

こんなにも長ーく偉そうにベラベラ語ってきましたが、当の私も出来ていません笑

 

ですが挑戦はこれからでも全然遅くない!

大学生のうちにたくさんのことを経験して、将来理想の人になれるように頑張っていきます。

 

 

あー早く終わって早く海に行きたい。

なかなか部活に行けないのは寂しいです。

 

最近は寒い中でも平日練習に行く風の子たちが多くいるようです。

風邪ひかないようにたくさん食べて温めてエネルギーを蓄えてください。

私は家に帰って布団でぬくぬく…

できません。レポートです。。

 

 

長くなりましたがこの辺で失礼します。

 

 

写真は以前学食で食べたとり天定食です。

普段とり天は3つなのですが、なぜか山盛りです。きっと間違えたのでしょうが、気づくと減らされると思ったので食堂のおばちゃんには黙っておきました。

ご馳走さまでした。

 

 

0 コメント

進路

こんにちは。
新4年470クルーをしています、岩井です。

大寒波が訪れた先日の週末は、読者の皆さまはいかがお過ごしだったでしょうか。内藤のブログを参考にしていただければよいのですが、本当にヨットをする気温ではないなと思うほど寒かったですね。いつもなら、平均気温3℃なら気合で出艇していくのですけど、今回ばかしは断念しましたね。氷点下には逆らえませんでした。

その大寒波とは打って変わって、昨日今日は平均気温13℃程で非常に過ごしやすい日となりました。なぜ今更平日にあったかくなるんだと、おいおいおいと思いました。ずっとこの気温が続けばいいのですが、そうもいかないでしょう。今週の週末は温かくなる予報ですが、きっとまたすぐに今季最大の寒波とかいうのでしょう。寒いのは憂鬱です。練習しなければいけないのに寒いのは嫌です。

と、天気の話をしましたが、今日は何のブログにしようと悩んでいながら書いているのです。0ffはoffですが、これといってネタもないので、進路の話でもしようと思います。

最近の同期の話のネタといえば、就活の話ばっっっっかりです。自己分析がどうちゃら、インターンがどうちゃら、ベンチャーがどうちゃら、大手企業がどうちゃらこうちゃら、会うたびに聞こえてきます。大学に入ったからには、ヨットだけで終わりたくないので進路選択を大学院に進学することに決定した僕は、これらの話に参加することができません。しかし、進路に向かってヨットと同じように熱をもって取り組んでいるので、とても輝いて見えます。なんだか大学院進学が逃げの選択肢であるかのように感じてしまうことがあります。おっと、これではいけません。この状況を打破するには、僕が抱えている問題である大学院での研究室をどこにするかということを解決しなければいけないのでしょう。逃げていてはいけません。


研究室をどこにするかという問題は、僕が高校生の時までさかのぼります。広島市立基町高校に通っていた僕は、京都大学農学部を第一志望としていました。ところがセンター試験で思うように点数がとれず、浪人は絶対にしたくなかったので、泣く泣く第一志望は諦め、入学することなど一度も考えたことのなかった九州大学を受験することになりました。今となっては、こんなにも素晴らしいメンバーに恵まれたヨット部に所属することができ、九大に入ってよかったと思っていますが、当時はモチベーションもなく、京大に3年次編入しようかとも考えていました。

そして九大農学部に入ってから、コース選択でも希望のコースには通らず、今はヨットのみ集中しています。つまり、進路を自分の思うように進めることができていないわけです。本当にやりたかったことが今少しわからなくなってしまっています。今所属している研究室に居続けるか、はたまた元から目指していたコースに入りなおすのかをよくよく考えるようにします。自分のやりたいことを早く見つけるようにします。早く決めて、院試の勉強を早く始めます!

ここで伝えたかったのは進路を適当にしていないか、ということです。自分が本当にやりたかったことを忘れ、なるようになればいいやと逃げていてはいけません。1度きりの自分の人生ですから、その生き方くらい自分で決めていいと思います。他からの情報に惑わされないよう、自分の道は自分で決めていいと思います。自分の満足のいく生活をすれば、それでいいと思います。

このことは自分への戒めでもあります。他に自分の進路を左右されているようでは人生楽しくありません。早く、研究室を決めるようにします。早く、将来のビジョンをたてるようにします。


写真は、先日家族で行った香港での1枚。日本語が通じない世界は初めてで、とても新鮮でした。英語は世界共通語で、身につけなければと思った旅行でした。

それでは、失礼します。

0 コメント

渋滞の仕組み

こんばんは。

マネージャーリーダーの入江真鈴です。

幹部が19人もいるのでブログのスピードが遅いと思っていましたが勘違いのようです。

最近は「あっという間に1週間が終わる」「お風呂上がりは真っ先に保湿しないとお肌がパリパリになる」という老化現象を感じざるを得ません。

つい先日はセンター試験がありましたが、受験をしたのが3年前だなんて考えただけで恐ろしいものです。

 

さて、最近地元広島の友人からよく「○○日に福岡行くから会えない?」と連絡をもらいます。なんとも嬉しい話です。就職活動等で福岡に来る友人が連絡をしてくれるのです。

何が何でも予定を空けますよね。

 

私もよくヨット部の遠征で全国各地をまわりますが、前入りの際はいつも遠征先にいる中高校時代の友人に連絡をとり、会おうと試みます。

全国各地で頑張っている友人と久しぶりに会うということは懐かしさだけではなく、「自分のモチベーション」にも繋がるのだと思います。

中高時代の尊敬できる(そして私が勝手に誇らしく思っている)友人の話を聞くたびに「私も頑張らないと」と思うのです。

 

これから社会人になって中高時代、そして大学の友人が全国に散らばるのですね。

きっと大人になって働き始めたらこのヨット部のみんなに会いに全国に行くのでしょう。そしてきっとヨット部のみんなと会って話すと何だって頑張ろうと思えるのだろうなと感慨深く思います。

衞藤も先日似たような話を書いていましたね。

本当に気が早い話ですよね。私たちは今を頑張らなければ。

いつか同期19人で集まった時に「学生時代優勝できた俺らなら何だって出来るよな」と言えるように。今できることを全力で頑張ろうと思います。

 

さて長々と物思いに耽るのはこのくらいにして本題に入ろうと思います。

(え、これが前置き?と思った方、最後まで読むのは気が向いたらで大丈夫です。)

 

 

年が明けて広島の実家から福岡まで高速バスで帰っている時のことです。

反対側がひどい渋滞を起こしていました。当たり前ですよね。

みんな仕事始めだ!っていう時ですから。いわゆるUターンラッシュというものです。そこでふと思ったのです。

「渋滞ってどうやっておきてるんだろう?」と。

だって不思議じゃありませんか?

事故での渋滞なら分かるにしても、単純に考えるとどれだけ大量の車が走っていたとしても誰かが止まらない限り詰まらないですから。

そこで暇つぶしに使いすぎて充電がギリギリのiPhoneで調べたのです。

色々な原因が考えられるみたいですが、その中で面白い原因を見つけました。

「ザグ渋滞」と言うらしいのですが、ザグというのは高速道路が、下り坂から上り坂に差し掛かるポイントのくぼ地のことだそうです。

簡単に説明するとこのザグで誰しもが無意識にスピードが緩んでしまうらしいのです。この積み重ねでどんどん後ろが詰まってくる、という仕組みだそうです。

 

渋滞でイライラすること、みなさんもありませんか?

「先頭はどうなってるんだ!!」と。

でも考えてみてください。

その渋滞の原因の一部分が自分かもしれないということを。

全員で作ってしまった渋滞であると…こう考えると少し気が落ち着きませんか?(笑)

長々と語りましたが、何が言いたいかと言いますと、「無意識に自分ことしか考えず、その原因が自分にあるという事を棚に上げる」ということはよくあることだと思います。

 

幹部になって、自分の行動にはより責任を持たなければなりません。同時に、その行動が無意識に自分至上主義になっていないかを考えなくてはなりません。

「これが正しい!!」と思うと突き進んでしまう性格の私です。毎度毎度しっかりとそれが本当に正しいのか?部の為になるのか?選手の為になるのか?後輩マネの為になるのか?を考えて行動して行こうと思います。

 

反省文みたいになりましたね。(笑)

纏まりのない拙い文になってしまいましたが今日はこの辺で失礼します。

 

写真は先日、全休を利用して熊本へドライブへ行った時の写真です。

「部活も勉強もバイトもオフも、全力」が私のモットーです。オフだからとうかうか寝ていられません。(笑)

冬の滝もなかなかに見ものでしたよ。是非癒されてください。(とっても寒かったです。)

0 コメント

センター試験

こんばんは。
新4年の橋口慎平です。
今週末はセンター試験の都合で授業が休講となり、3連休となりました。もちろんヨットに乗る週末だったのですが、極寒の3日間となりました。メインシートを持つ手がかじかんで思うようにトリムもできません、、、。ニュースにも上がっていますが、受験生にとってもこの寒さは少なからず影響したようですね。来年九州大学ヨット部に入る受験生たちは寒さに負けることなく平常心で自分の実力を発揮できたでしょうか、、、。なぜセンター試験の話をしたかというと、あるOBコーチの方が「インカレはセンター試験のようなもの、難しいことはしなくていい、当たり前のことを当たり前にすれば結果は出る。」とおっしゃっていたからです。自分の中で、センター試験は基本的な問題を時間内にいかに落ち着いて解けるかが肝心だと思っています。インカレも「マークタッチしない」「リコールしない」などの当たり前なことを守らなければ優勝はできません。一見簡単なように思えますが、「当たり前なことを当たり前に」というのがいかに難しいことかは部員一同身に染みてわかっているはずです。ただ、3年前のセンター試験ではできているのです!自分も受験生のころは一年間過去問を本番のつもりで解き続け、基本的な問題の反復練習をひたすら行っていました。この経験はきっとこれから一年間の練習に活かせるはずです。3年前の自分から得られるものはないかを考え、これからの練習に活かしていきたいと思います。

 

下の写真は僕の地元長崎の今週末の写真です。風情がありますね、、、。

0 コメント

アメフト部との交流会

こんばんは。

新4年の鄭 愛梨です。

早いものでもう自分の番になりました。

時が過ぎるのは早いと、こういう時に気付かされます…。

最近はといえば、就活イベントに参加したりヨットの練習をしたりと、忙しいながらも充実した生活を送っています。

説明会では、企業の方にどうしたら全員がモチベーション高く練習に取り組めるかを質問し、苦笑されながらも情報を集めたりもしています。

 

さて、それでは今日のメインイベントのお話を。

今年度は初の試みとして、九大の他部活動の学生と交流する機会を設けました。

今回交流するのはアメフト部です。

トレ室にいるガタイのいい男子学生の多くがアメフト部で、私たちと同じように目標に向かって日々努力を重ねています。

昨年度から始まったアツ〜いカタリバを、他部活の人ともすることになるとは誰も思わなかったでしょう。笑

さて、実際にアメフト部の方々とお話してみると、驚くほどに共感できるところがありました。

また、それぞれの部活にとっては当たり前のことが相手にとっては新鮮なものだったり、とても参考になりました。

特に印象に残ったのは、アメフト部の同期の男子選手から聞いた食やトレーニングへの取り組みについて、「食に対する意識の高さは目標に対する意識の高さと同じ」と言っていたことです。

アメフト部が九州制覇に対してどれだけ真摯に取り組んでいるかを知り、自分たちも口だけではいけないと痛感しました。

真摯に、シビアに、努力し続ける姿勢を忘れないように取り組んでいきたいと思います。

ちなみに、私はマネージャーと間違えられることを期待していたのですが、しっかり「ごつい」と言われてしまいました。何も言い返せませんでしたが、女の子に対して失礼ですよね、まったく…。

なんにせよ、非常に有意義な時間となりました。

これからもお互い全力を尽くしているもの同士目標を達成できるよう頑張っていきましょう!

 

それでは、今日の交流会の集合写真で締めさせていただきます。

2 コメント

寒さにも負けず。

こんばんは

副将の内藤です。
もう3回目のブログです!

 

昨日、今日は全国的に大寒波が押し寄せ大雪で列車の中に12時間以上閉じ込められるなどの事件も起こっていましたね。
外出するのもおっくうになるほどの寒さでしたね。

さて問題です。そんな大寒波が押し寄せて何もしたくなくなくなるような日にヨット部員は何をしていたでしょうか?

 


チッチッチッチッチッ

 


はい。もうお分かりですね!
な、なんと!
ハーバーに集合して、出艇を試みていました!!!!
ああ、恐ろしい笑

 

12日は気温2度、風速10メートルというコンディションの中出艇する気満々でハーバーに集合してました。
しかし、水たまりの上で?なぜかムーンウォークができることに気づいてしまい(天然のスケートリンクができていました。)出艇は断念しました。
13日は気温が5度、風速は7メートルというコンディションで、水たまりが液体の状態で存在していたので出艇しました。


出艇の判断基準がおかしいですね笑
(本当はちゃんと安全を考慮しています)
かなり寒い中出艇した甲斐あって、今日は本当にいい練習ができました。

やはり、今年のインカレが爆風が予想される蒲郡で行われるということで、厳しいコンディションでもできるだけ出艇したいという思いがあります。
しかし一方で無理をして何かあれば、インカレどころでもないことも確かです。


平畑監督にこんな言葉を頂きました。
「出艇しないことが負けではない。
正しい判断をしないことが負けだ」
と。
この言葉を胸に正しくリスクヘッジできるようにしていきたいと思います。

 

今日こんなに寒い中で強風の練習をしたことは、きっと最後の最後インカレの時に「あんな寒い中俺たちは練習したんだ」という自信になってくれると思います。

 

 

それでは、ハーバーにはっていた氷ではしゃぐ部員たちの姿で締めさせていただきます!

0 コメント

選手権決勝

こんにちは

主将の長尾創真です。

早いもので自分の番がやってきました。

最近のブログはみんな熱いことを書いていて、こういったもの良いなーと思いながら読んでいます。外はこんなにも寒いのにみんなの心は熱いです。

最近年のせいかわからないですが、感動しやすくなっているなと思います。
ここ最近で1番感動したのは高校サッカー選手権決勝での前橋育英の優勝シーンです。
ちょっと語ります。

前橋育英は昨年も決勝に進んだものの、0-5の大敗で準優勝に終わりました。その悔しさをバネにこの1年間努力し続け、一時もその悔しさを忘れたことはないと言っていました。試合は相手の流通経済大柏高校とほぼ互角の戦いで意地と意地のぶつかり合いでした。しかし、激しいプレーの中にもスポーツマンシップに則り、相手が負傷した時はすぐにプレーを中断させて敵味方問わず助けに行く。プレーを見ているだけで目頭が熱くなるような試合でした。前橋育英の山田監督は就任35年。 優勝経験はありません。しかし、必ず生徒達を優勝させてやりたいと決勝の舞台に戻ってきました。試合は拮抗し、0-0のまま後半ラスト2分。混戦の中から抜け出した前橋育英のエースがシュートを放ち、一旦はじかれましたが、こぼれたところを押し込み勝ち越し。そのまま試合終了になりました。
歓喜の渦の中、優勝インタビューで山田監督は「生徒がよく頑張ってくれた。本当にありがとう。」と涙ながらに話しているところを見て、不覚にも自分も涙を流してしまいました。

優勝することはこんなにもカッコいいことなのかと改めて感じました。どれだけ本気で取り組んだかは最後に見えてくるんだと思います。
山田監督は「生徒がよく頑張ってくれた」と言っていましたが、必ず山田監督も苦しみ、工夫して、全国優勝するチームを作り上げたんだと思います。しかし、それを表に出さない男の姿に感動しました。

今全力で頑張って全員で勝ちに行って、優勝するしかないなとヒシヒシと感じました。あんなカッコいい男に自分もなりたいです。

だからもうやれることをとことんやります。頑張ります。

今日はサッカーの話ばかりですみません笑

最近はとても寒くて、今日は最高気温が1℃みたいです。みなさんお体にはお気をつけてお過ごしください。

本日はこの辺で失礼致します。

0 コメント

最近の気づき

こんばんは。
新4年マネージャーの平井なつみです。

ついに……
13年ぶりにインフルエンザにかかってしまいました…。
本当にきついですね、インフルエンザ。
今はだいぶ元気になりました。
病院に行って驚いたのが、インフルエンザの治療薬の進化です。小2の時はタミフルという薬を何日間か飲んでいたと思うのですが、現在は吸入の薬を1回とるだけで治療できるそうなのです。
みんなに移していないことだけを祈っています。

昨日部内活性化部ミーティングがあったので(私は電話で少し参加)、この場所で最近私が気付いたちょっとした話をしたいと思います。

まず1つ目は、「2年スナイプの位田の語尾」についてです。彼は、ミーティングでよく意見を言ってくれます。なのですが、彼は熱くなってくると語尾が伸び「僕はーぁ ↑↓↑」のように、中国語の第3声のようになってしまいます。本人は気付いていないのも面白いです。
2つ目は、「2マネ麻友の議事録の成長率」です。彼女にいつも議事録をパソコンでとってもらっているのですが、第1回目からの成長率がすごいです。一見ぼーっとしているように見えて、指はすごい速さで動いています。

他にも昨日言いたいことがあるのですが、それはまた後日。
次回は完全な姿でお届けできればと思っています。

写真は、その部内活性化部ミーティングの様子(?)です。ブログ用に写真をお願いしたところ某雑誌の表紙のようにキメてくれました。
オフ期間もみんな頑張っています!!
失礼します。


0 コメント

「頑張る」力

こんばんは、新幹部の衞藤淳平です。ここの文章は全部書き終わってから書いてるんですが、本文めちゃくちゃ長いです、すみません笑
どうか最後までお付き合いください。

楽しかった年末年始が終わり、学校が始まりました。
昨日のみなみのブログにも書かれていましたが、僕も練習後の身体に鞭打ってレポートを書いていた勢です。前から少しずつ書いていたおかげで徹夜は免れましたが……。

さて、僕の年末年始はと言うと、年末は同志社との合同練習に参加することができましたし、年明けて6日からの3連休もしっかりヨットに乗ることができました。
最近の平日練習は毎回先輩方が来てくださるので、少人数でも内容の濃い練習ができています。いつも来てくださる先輩方、本当にありがとうございます。

ヨット以外のことで言うと、3日に高校の同窓会がありました。2年前の成人式で同窓会があったのに、また同窓会があるのかと思う人もいるかもしれませんが、高校卒業から4年、つまり4年制大学にそのまま進学していれば春からは社会人というタイミングで同窓会を開く高校は多いようです。
僕の高校の場合は今回の方がより正式な同窓会という位置付けらしく、3年生のときの担任だった先生方の多くがいらしてくださりました。
同窓会ではいろんな友達と話していろんなことを思ったわけですが、1番印象に残ったのは同級生の変化です。
もちろんみんな昔と全然変わらないところがあって、高校のときのすごくくだらない話とか、大学入ってから失敗した話とかで笑えたりして、すごく楽しい時間を過ごせました。
余談ですが、同窓会とかで中学とか高校の友達に会うと、自然と当時の自分に戻りますよね。不思議です。
話は戻りますが、そうやって昔の話をしていくうちにだんだんと将来の話とかになると、ここでみんなの変化を感じるわけです。
高校生のときは普段は全然勉強せずに期末の前だけ焦って頑張るみたいな感じだった同級生が、話を聞いてみると最近はこういう夢とか目標に向かってこういうことを毎日やっているんだ、みたいな話をしてて、正直少し驚きました。
何が言いたいかと言うと、高校のときと比べると圧倒的に「頑張っている」人の数が増えたように感じました。
身近な例で言うと僕の幼馴染(?)がそうでした。高校のときは全然勉強してる感じじゃなくて、いつもテストはぼろぼろだったように覚えているのですが(本人に失礼ですね笑)、大学に入ってからは司法試験に合格するために毎日勉強して、今では成績も学年の中でトップに近い位置にいるそうです。毎日きちんと勉強するって意外と大変ですよね。
他にも就職したら中国に行ってばりばり活躍するために中国語を勉強して中国に留学にも行って中国語を話せるようになった友達もいて、たくさんの人が何かに向けて「頑張っている」んだなと感じました。
そういう友達の話を聞いていて思ったのは、みんな今自分がやっていることが、確実に将来につながっていると信じているから頑張れるのでは、ということです。つまり、信じることが「頑張る」力の原動力なのかな、と思いました。

これは僕らに当てはめるなら、普段の練習や筋トレは確実に日本一につながっているんだと信じて頑張る、ということでしょうか。迷う暇があったらとにかくやる、そういう姿勢を彼らからは感じました。

今回の同窓会ではたくさんの「頑張る」力に触れることができました。僕も彼らに負けないように、目の前のひとつひとつが日本一につながると信じて、日々のトレーニング、海上練習に取り組んでいきたいと思います。
かなり長い文章になりましたが、最後まで読んでくださりありがとうございます。

 

同窓会での豪華な食事の数々。
食事を報告しないといけないので、たんぱく質の多そうなのはどれだろうとか考えていました笑

 

では失礼します。

 

0 コメント

初心にかえる

こんばんは、新4年幹部の比嘉みなみです。
 
新年が始まりヨット部も自主練習がスタートしました。
この3日間は成人式があり、幹部+後輩が2人というような少人数の練習ではありましたが、

田中神風先輩、牧野碧依先輩、高橋将至先輩も来て下さり、新たな発見があった良い練習ができました。
ありがとうございました。
 
さて、今日からは学校が始まりました。
授業初日に提出しなければならないレポートをぎりぎりまで手を付けず、

昨夜練習後の体に鞭打ちながら徹夜した幹部も数名いたようです。
 
私のこのオフバイト期間の平日は、授業よりもバイトをしている時間が長いのが現状です。
12月の特にひどい日は、ラーメン屋バイト→授業→塾講師バイトで1日が終わりましたが、

年末親に怒られたので少し勉強時間を確保しようと思います。

バイト先のラーメン屋での私はというと、勤務歴1年にも関わらず友達がゼロ。

理由は明白で、バイトはお金を稼ぐ場所だから友達は必要ない、できるだけ省エネでいこう、と思っていたからです。
しかし、最近このスタイルだと仕事に支障が出るし、何よりもバイトに行くのが嫌になることに気づきました。
そこで決めたのが、笑顔で自分から話しかける、です。

これを実践して1週間、周囲と少し打ち解けてきた気がします。

 

幼稚園児でもできるのに大人になってできなくなってしまったこと、皆さんにも心辺りがあるのではないでしょうか。
初心にかえる、ですかね。
無理やり繋げますが、このオフ期間ヨットも初心に返って勉強し直そうと思います。

 

最後に、先日橋口が購入したゴープロからの、牧野先輩と内藤の笑顔でお別れです。

 

0 コメント

モチベーションアップ

 

あけましておめでとうございます。

新4年470の宮田です。

 

年末年始は一年ぶりに実家でゆっくり過ごしました。食事管理をしていると実家で食べられる料理一つひとつがとても素晴らしいものだと実感できますね。

 

さて、荒河がブログに書いていた、「毎日ノートを1ページ埋める」と似たようなことを実は僕も実践しています。内藤の提案で始め、とてもモチベーションアップに繋がる良い試みだと実感しているのですが、毎日時間の8割を「今日何を書こうか」考えているだけで消化してしまいます。

 

オフ期間でもできるだけヨットの知識を深めていく、というのが最大の目的なのですが、何から書こうか、読み返したとき見やすくするにはどうしようかなどつまらないことばかりに気を取られてなかなかペンが進みません。

 

自分で考えてものを書こうとするときはいつもそうです。きっと自分の苦手なことの一つなのでしょう。一年間幹部ブログを書きながら改善できればいいなと思います。

 

この時期は部費を稼ぐのにも就活、勉強に時間を割くのにも個人差が出るもので、なかなかみんなで集まって互いを律する機会が持てません。何か一つでも楽しく続けられるモチベーションアップ方法を見つけられるといいですね。

 

それではこの辺で失礼致します。

写真は実家ご飯で一番お気に入りのハンバーグです。

加工アプリで美味しそうに撮れました。

0 コメント

お正月ボケの解消法

あけましておめでとうございます。
新4年の奥野裕貴です。

みなさんはどのようなお正月を過ごしましたか?
私は、実家で美味しいものを食べ、たくさんお年玉をもらい、おみくじも大吉を引き、とてもハッピーでラッキーなお正月を過ごしました。

しかし、いつまでもお正月の余韻に浸っているわけにもいきません。
今日は冬の荒海に負けない体づくりの第一歩として、お正月ボケの解消方法をグーグル先生に教わったので皆さんとも共有したいと思います。

1、太陽の光を浴びるようにする。
体内時計のリセットには、朝浴びる太陽の光が大切な役割を果たしているそうです。
朝起きたらまずはカーテンを開けてみましょう。数分間日光浴するのもいいかもしれません。

2、小さな非日常を取り入れる。
休暇の余韻を残しつつ、少しずつ日常生活に慣れていくために、小さな“非日常”を取り入れつつ数日過ごしてみるといいそうです。
例えば家からハーバーまでいつも自転車で通っている人なら電車でハーバーまで行ってみる、とかですかね。
目的は日常生活に刺激を与えることみたいなので、なんでも良さそうですね。

3、早く帰ってさっさと寝る。
平日練がもうすでに始まっていますが、練習終わりなどはミーティングが白熱し、家に帰るのが遅くなり、寝るのも遅くなってしまうなんてことはしょっちゅうあるかと思います。
選手のみんなには、特に疲れている時、次の日に備えて早めに寝るようにして欲しいものですね。


以上の3つがグーグル先生の言うお正月ボケの解消法です。
いかがでしたか。簡単にできそうにみえますが、意識するのは意外と難しいことかもしれません。
お正月ボケからまだ脱出できていない方、朝が苦手な方は参考にして頂ければ嬉しいです。

今回のブログに関連するような写真がないため、私の筋トレラインの一員である内藤くんのご飯の写真の一部をご紹介します。
凍った卵を剥いたらこんな感じになるそうです。卵を凍らせたことがなかったのでこの外見にはとても驚きましたが、ネットで調べたところ、卵は冷凍すると旨味成分や栄養素は元の卵とは変わらず、もちもち濃厚な食感に変化し美味しくなるそうです!私も今度やってみようと思います。
長くなりましたが、この辺で失礼いたします。

0 コメント

初乗り

こんばんは。
新4年の古賀です。

本日は自主練習を行いました。今年初めての練習。
つまり初乗りとなりました。
昨日、安全祈願したように今年1年も事故なく過ごせるように一層気を引き締めて練習にのぞみました。
今の時期は成人式が行われてるので新3年を中心に帰省している部員が多いため、普段の自主練習に比べて人数がなかなか集まらず少し寂しいものとなりましたが、平均風速6mのいいコンディションの中、タック・ジャイブ練や上下回航などを集中して行うことができました。
また、新年明けたばかりにも関わらず平成28年卒田中神風先輩と平成29年卒牧野先輩が470の練習に、平成30年卒予定高橋先輩が現役とペアを組んでスナイプの練習に参加してくださいました。本日は先輩方ありがとうございました。

早くテストを終えてヨット漬けの生活を送りたいと思った1日ですが、全体練習のない期間でもノートを振り返ったり動画を見たりトレーニングをしたりと自分が上達する方法はいくらでもあると思うので毎日の努力を心がけていきたいと思います。

最後に、昨日のことですが愛宕神社にCMでお馴染みのお父さん犬の像が設置されてるとテレビのニュースで見たので昨日の初詣の帰りに同期数人と見に行きました。
想像よりも大きく見応えがありました。
1月8日まで設置されてるそうなので良かったら皆さんも見てみて下さい。
それでは失礼します。

0 コメント

300日

新年あけましておめでとうございます。

新年四年の荒河風夏です。

 

本日はヨット部で志賀島の志賀海神社まで初詣に行ってきました!

西戸崎の艇庫に集合して、約1時間程神社まで歩くというのが恒例なのですが、長いと思われるその道のりも、年末年始の話や今後の話などをしているとあっという間に過ぎるものです。神社に着いてからは、神主さんに海上安全の祈祷をしていただきました。明日からまた自主練習もはじまりますが、安全第一で練習を行なって行きたいと改めて感じました。

 

そして、実は今日で全日本インカレまでちょうど300日となりました。もう、300日なんて、早いですね、、。この300日をどれだけ集中してヨットができるかが大事になってくるわけなのですが、、、新しい代がはじまって、練習に集中するために私が新しく始めたことのひとつ、、、。

そう!ドライスーツの購入です!

ドライスーツを着て練習すること約1ヶ月、、。やはり、圧倒的に暖かい。ほんと、感動するレベルです。例年、寒さによって少し薄れてしまっていた集中力もこれで高まること間違いなし!です。それを物語るように、気づけば、現在ヨット部内ではあの人もあの人もドライスーツを着ています。皆さん!ドライスーツを買うなら流行中の今がチャンス!?笑

 

、、、と、最近のヨット部事情はさておき、残り300日。どこの大学よりも、そして、誰よりも濃い300日にしたいと思います。そのためには、ヨットについて考える時間が足りないと感じています。練習を多くすることはもちろんなのですが、練習外でもヨットの知識を深めていくためにヨットノートと向き合う時間を増やそうと心がけています。この年末年始、毎日ノートに考えたことを見開き1ページ以上書くという日課を自分自身に課したのですが、書き始めるとどんどん筆が進み、ページや時間がすぎるのがあっという間でした。今後、練習で考えたことを試したり、他の人と議論したりすることが楽しみです。

 

それでは、この辺で失礼します。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

写真は思い思いに300を表現してくれたかわいい後輩たちです。ありがとう。

0 コメント

世界規模のヨットレース

明けましておめでとうございます。スナイプの八並克憲です。

 

2018年が始まりました。

今年が最後の勝負の年になりますので少々海外のヨットレースの話をさせていただきます。

前回同様に少々長くなりますが、ぜひご付き合いください。

 

ここ2ヶ月、Facebookを開くと毎日毎日Volvo Ocean Raceの情報がアップされていますね。

最近のニュースでは、1月2日にLeg4がMelbourne(メルボルン)からスタートしました。

「MAPFRE」「Dongfeng Race Team」「Vestas 11th Hour Racing」「Team Brunel」「Sun Hung Kai / Scallywag」「Turn the Tide on Plastic」「team AkzoNobel」の7チームによる世界一周レースというのは、もう自分の想像の域を超えています。

チーム内で交代しながら24時間船を走らせ、Legのフィニッシュを目指す、なんてもうセーラーにとって夢のような舞台ですね。

大学の部活動としてディンギーに乗せていただいていますが、クルーザーもとても素晴らしいなと心底思います。

Leg3のケープタウン〜メルボルンのアップされた動画を見ると、もう凄まじい強風と大波の中セーリングする選手達を見て興奮しました。

 

さて、どうしてこの話をさせていただいたかと言いますと、1年生ら後輩が470クラスとスナイプクラス以外をあまり知らないからです。

 

皆さんの記憶にも新しい、福岡で開催されましたAmerica’s CupではAC45Fが使用されました。フォイリング艇によるレースとSoftbank teamの参戦、観戦型のヨットレースと、楽しんだ方も多いと思います。

また、白石康次郎さんのVendée Globe参戦。単独無寄港無補給世界一周ヨットレースなんて初めて知った時は信じられませんでしたね。

12月30日より大和証券のCMに、セーリングする白石康次郎さんが出演されています。かっこよすぎて、同期の衞藤とこのCMを見て「これはヤバイ」としか言葉にできませんでした。

 

ですが、これらの開催時期は、今の1年生はまだ受験生だった時期。全くAmerica ‘s Cup、Vendée Globeを知らない訳です。

自分だって最初から知っていた訳ではありません。先輩に教えていただいて、こうしてちょっと物知り顔で書いてます。

こうして後輩が増えていく中、ヨットの魅力、ヨットレースの魅力を後輩に伝えていくのも先輩の仕事ではないでしょうか。

 

今年は平昌オリンピック、来年の2019年にはラグビーワールドカップが日本で、2020年には東京オリンピックが開催されるので、スポーツ好きには堪らない数年になりそうです。

 

以下の写真は、BULKHEAD magazine様の2018年カレンダーと過去2年のカレンダーです。

 

それでは以上で失礼致します。

0 コメント

リフレッシュ

あけましておめでとうございます。
主務部長、マネージャーの立野舞也佳です。

2018年になりました。
わたしは大学生になって初めてまともに年末年始帰省しております。
一昨年は31日までバイトして、終わって慌てて帰って荷造りして実家へ。去年はなにをしていたのかいつまでも一人暮らしのおうちでダラダラしてこれまた31日に実家へ。実家に到着したと同時に年を越していました。
しかし今年もまともに帰省したにも関わらず、年明けに迫ったレポートの締め切りのため、パソコンをカタカタしていたら年を越すという、なんともあっけない年越しでした。なにをしているんでしょう。

年が明けてからは、祖父母の家を訪ね、従兄弟にも会いました。従兄弟は皆年下なのですが、小学生やら保育園生やら、元気すぎて全くついていけません。もうおばさんなのでしょうか。こたつから出ないで、ずっとテレビを見たり本を読んだりして過ごしました。

…かと思いきや、夜中に福岡に残った同期とともに太宰府天満宮へ行ってきました。全日本インカレ総合優勝を祈願し、勝守を買い、絵馬を書きました。もちろん、梅ヶ枝餅も食べました。神頼みだけではもちろん総合優勝なんてできっこないので、それに見合う努力をしなければなりませんね。

年末はいろいろな仕事やバイトが重なってバタバタと忙しく過ごしていた分、久しぶりの帰省で気分リフレッシュできたので、そろそろ切り替えようかと思います。
また週末には寒さに懲りずにハーバーに向かい、きっと海上にいるでしょう。

最後までとりとめのないお話でしかなく、申し訳ありません。
今年も九大ヨット部をよろしくお願いします!

0 コメント

新年1発目

新年明けましておめでとうございます。

新4年選手の堀です。

 

新年明けて初ブログです。気合いを入れて書こうと思います。

 

新幹部となって2ヶ月がたち、2018年になってしまいました。

自分が引退してしまう最後の年になってしまったと思うと、今までのヨット部生活があっという間だったなとしみじみ感じます。

それと同時に残り時間が少ないことを改めて実感させられ、この1年やってやるという気持ちが増しています。

 

今は実家に帰省してゆっくり過ごしてリフレッシュしています。

何もしなくても美味しいご飯が出てきて、洗濯もいつのまにかされています。また自分が帰省してからも働きに行く親を見て、普段自分が大学に行きヨット部として不自由なく活動できているのは両親が陰で支えてくれているからだと改めて実感しました。

 

また久しぶりに兄弟と会いました。妹は相変わらずでしたが、弟が自分と並ぶまで背が高くなっていて驚きました。

追い越されそうで怖いです。

兄弟3人で集まって遊ぶのは今になっても楽しいです。

 

そして、この年末年始でプロ野球の三浦大輔選手の本を一冊読みました。逆境の戦い方についての本です。

この本から自分が学んだことは何事も考え方次第ということです。よく聞くフレーズですが、いざ実践するとなると難しくて、自分はこの考え方が特に苦手だと思いました。ピンチはチャンス、無駄なことなどなくてどんなことの中にも学びはある、がむしゃらに頑張ることの大切さ。この本をきっかけに自分を大きく変えたいと思います。

 

今年1年は自分を支えてくれる人への感謝を忘れず、どんな逆境も自分の力に変えて、大きく成長する年にしようと思います。

 

それでは失礼致します。

0 コメント

新年の御挨拶

新年明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。

昨年は九州大学ヨット部は全日本インカレ団体戦にて総合5位の結果を収めることができました。目標である総合優勝には届きませんでしたが、最終日の脅威の追い上げにより九州大学ヨット部の底力を示すことができたと自負しております。

今年は「全日本インカレ団体戦総合優勝」を目標に掲げ、「努力に勝る才能はない」というスローガンの元に活動して参ります。

今まで達成することのできなかった総合優勝を今年こそは勝ち取ります。
そのために今までやってきたことよりも更に「勝ち」に繋がることをしなければなりません。
新しいことに取り組むことはもちろんですが、今まで先輩方が築き上げてこられたヨット部の強みの質を更に高めることも非常に大切であると考えています。
挨拶や返事などの礼儀マナーなどはもちろんのこと練習メニューを始め、部運営に関しましても先輩方が築き上げて下さった伝統を引き継ぎ、より良いヨット部を作っていけるよう取り組んで参ります。

スローガンにあるように努力することに対して妥協のないチームでありたいと思っております。
努力し続けることは簡単なことではありません。部員のモチベーションの向上継続、努力を無駄にしないような「当たり前」の徹底を行なって参ります。そして何よりも成果に直結する努力を行っていく所存でございます。
部員一同、成果に繋がる努力を継続することで強いチームであろうと思っております。

そして、何より無事故で1年間ヨット部の活動を行っていくことが大前提です。部員全員が緊急時に適切な対応ができるよう、呼びかけや安全講習への参加などは積極的に行って参ります。

本年も精一杯練習、部運営に励んで参ります。
目標の全日本インカレ優勝のためには全国のご声援下さる皆様のお力が必要です。
今後とも変わらぬご支援、ご声援のほど宜しくお願い致します。
また、至らない点ばかりではございますが今後ともご指導ご鞭撻頂けますよう重ねてお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

九州大学ヨット部部員一同

0 コメント

写真で振り返る九大ヨット部2017 ③

こんばんは!

新3マネの岩原桃子です。

 

年末特別企画、写真で振り返る九大ヨット部2017もいよいよ最後となりました!

 

真面目なものからお茶目なものまでいろいろな写真を紹介してきましたが

これらはほとんど、広報部のマネージャーがカメラ片手にパシャパシャと撮りためてきた写真なんです。

 

常に動き回っている人たちを撮影するのって、意外と難しいんですよ。

カメラを使い始めたころは、自分のカメラセンスのなさに愕然としました。

 

それから、なんとか上達しようと試行錯誤を重ねていたのですが

全日本インカレで妹のとっても高いカメラを借りたところ、良さげな写真が撮れるわ撮れるわ…

センスはお金で買えるんだということを学びました。

 

さて、そんな写真のなか

今日最初に取り上げるのはこちら。

 

サングラス編!

マリンスポーツであるヨットにはサングラスは欠かせません。必然的に、それぞれサングラスに対するこだわりも生まれてきます。

2年スキッパー槇原と4年クルー加崎先輩ペアの1枚。サングラスに加え、ポーズもおそろいです。仲が良かったんですね。実際、槇原は加崎先輩に部活外のことまでたくさん教えていただいたようです。そのおかげか、槇原はセーラーとして、人間として大きく成長できた一年だったようです。

坊主にサングラスでこちらを睨み付ける新3年永野。モチベーションアップPVにも使用された、有名(?)な一枚です。今年は2年ながら470スキッパーとして全日本インカレも経験しました。来年のさらなる飛躍に期待です。

彼の名はインデン。この当時、1年生ながらこの存在感である。サングラスだけではない。入部してすぐに蛍光黄緑色のライフジャケットを購入した猛者でもあるのだ。ある意味、この一年でもっとも目立っていた男かもしれない。

 

 

いよいよラストの写真紹介です。

今年最後を締めくくるのはこちら!

 

素敵な笑顔編!!

こちらはマネージャー感謝デーでの一枚。

残念ながら強風のため予定されていたレース数を消化することはできませんでしたが、マネージャー達のこんな素敵な笑顔が見られるマネ感はやはり最高でした!

こちらはファミリーデーでの一枚。

部員がヨットに集中して取り組めるのも家族の皆さんの支えがあるからです。

皆さんいつもありがとうございます!

こちらは全日本インカレ団体戦での一枚。駆けつけてくださった先輩方に、OB・OG一年生としてむかえられました。

一年間私達を引っ張ってくださった、幹部の皆さんの引退は寂しいものでしたが、最後に皆さんの素敵な笑顔が見られたことをとても嬉しく思いました!

 

 

 

以上ですべての写真紹介は終了しました。

楽しんでいただけたでしょうか?

「年末だし、いつもと違うブログにしてみよう!」という思いつきから始まったこの企画ですが、

このブログを読んでくださるすべての方々にとって、九大ヨット部一年間の活動を思い出すきっかけになれば嬉しいです。

 

それでは皆様、よいお年を。

失礼します。

2 コメント

こんばんは。
3年470の衞藤淳平です。

気がつけば9月も終わろうとしています。1ヶ月前までは毎日練習で2Lのペットボトルを飲み干すほど暑かったのに、最近は気温も下がってきて1mmのウエットでは少し寒さを感じるようになってきました。時間が経つのは早いです。

さて、今日から九州インカレ団体戦が始まりました。全日本インカレの出場権をかけたこの大会は、各大学のこの夏までの成果が問われる大会です。全日本インカレ総合優勝を掲げて練習に取り組んできた僕たちとしては、完全優勝して全日本へと勢いをつけたい大会でもあります。

大会初日の結果はと言うと、、
現在両クラスともに首位に立っています!
470,スナイプともに2Rが実施され、470クラスは同点で1位、スナイプクラスは2位と大きく水をあけての1位となっています。特にスナイプクラスは第2レースで1,2,3フィニッシュを決め、初日は完璧な滑り出しと言えるでしょう。明日以降も気を緩めることなく、当たり前のことを当たり前にして首位をキープできればと思います。

明日もレースなのでこの辺りで終わろうと思います。明日も良い報告ができるように気を引き締め頑張ろうと思います。
それでは失礼します。
おつかれさまです!
3年マネージャーの小田  野々花です。
全日本インカレ団体戦レース3日目の報告をします!

本日は8時55分にD旗が掲揚され、小雨が降ったりやんだりする中出艇しました。11時頃までは5〜10knotの風が南西から北風へとまわるような状態でしたが、11時を超えたあたりから20knotの風が吹き荒れ、全艇ハーバーバックとなりました。

レースはゼネリコを繰り返してスタートがうまく行かなかったところに前線がやってきたため470・スナイプ共に1レースも消化することができませんでした。


前線の勢いはすさまじく、ラバーが海上でひっくり返ったり艇体放棄した学校もあったそうですが、九大チームは万全のサポート体制で人命・艇共に無事にハーバーに戻ることができました。

万全のサポートができたのは、3艇ある(2艇は小戸から運送し、1艇は現地でレンタルしています)レスキュー艇全てにOBの先輩が乗ってくださって的確な指示を出してくれたり、陸で待っているサポートメンバーが万全の準備をしてくれたり、陸同士・海同士・陸と海の連絡がしっかりととれていたためだと思います。

本日は北詰有人先輩(H27年卒)、田中航輝先輩(H28年卒)、田中神風先輩(H28年卒)、森俊介先輩(H28年卒)、牧野碧依先輩(H29年卒)に海上にてご声援いただきました。平畑監督(H1年卒)、桑野奈津子先輩(H25年卒)、大村聡信先輩(H27年卒)、平松和弥先輩(H27年卒)、秋庭広大先輩(H28年卒)、戸田咲絵先輩(H28年卒)、樽谷俊彦先輩(H29年卒)、安部裕也先輩(H29年卒)、後藤明希子先輩(H29年卒)、月原健太郎先輩(H29年卒)、中野裕太先輩(H29年卒)、矢島ひかる先輩(H29年卒)、安部瑛美夏先輩(H29年卒)、中川内希先輩(H29年卒)にはハーバーにてご声援いただき、奥西直樹先輩(H25年卒)、村上広司先輩(H27年卒)、谷川琢也先輩(H27年卒)、桑岡育先輩(H29年卒)、冨田大貴先輩(H29年卒)、篠崎愛先輩(H29年卒業)からは差し入れをいただきました。心より御礼申し上げます。
また、岡部幸司先輩(S57年卒)には運営としてご協力いただきました。重ねて御礼申し上げます。


色んな事件が起こり、ピリつく場面もありますが、こういう時こそチーム力が試されているような気がしてやる気がいっそう増します。


明日も、いや今夜から、チーム一丸となって頑張ります。当たり前のことを当たり前にできるようにしっかり準備します。



明日は7時55分D旗掲揚予定です。明日の朝に備えてしっかりと休養を取りたいと思います。ご声援のほど、よろしくお願いします!

それでは失礼いたします。