ブログ

※過去のブログは下にスクロール、もしくはBack number よりご覧下さい。


夏練習

こんにちは、四年スナイプの橋口です。

 

以前、同期の鄭も書いていましたが、今回はこれから始まる夏練習について書きたいと思います。

 

今年の夏練習は約40回の練習が予定されており、大会は全日本スナイプ、全日本個人戦が八月末に行われます。

去年の夏は僕は遠征に行けず、小戸で練習を行っていました。

練習内容は基礎固めとなるもので、動作練習の上下回航を主に行っていました。

オーバーセールしない、下マークは小さく出るなどの当たり前のことを目標にしていましたが、結果としては成長を実感することができました。

 

今年も去年の学びを元に一度基本に立ち戻って、当たり前の事のうち出来てないことを洗い出していきたいと思います。

 

 夏練習が終わるとインカレまで練習はわずか4回しかありません。成長するラストチャンスです。この夏練習を日本の誰よりも努力し、インカレに向っていきたいと思います。

 

写真は一年生の頃、夏練習で丘ヨットに励む熱男こと掘みきやです。今年が異様に暑いのはこの男のせいなのでしょうか、、

0 コメント

ファミリーデー

ファミリーデー

 

こんばんは。3年マネージャーの渡邊由紀乃です。

本日、福岡市ヨットハーバーにて行われた第4回ファミリーデーのご報告をさせていただきます。

 

今回はなんと昨年の2倍、90名もの保護者の方々にご参加いただきました。

お父様お母様ご兄弟はもちろんのこと、お爺様お婆様、可愛い姪っ子、甥っ子、ペットと、幅広い世代の方々にご参加いただき、大変ご盛況につき無事終了いたしました。

 

生憎にも、3分の2が終了した頃に雷が鳴り出艇を中止いたしました。全ての方にヨットを体験していただくことができず、とても残念ですが、このファミリーデーをきっかけに、ヨットやヨット部について親子の会話が増えてくれると嬉しいです。

 

ご参加いただいた保護者の方々、本当にありがとうございました!

 

今回のファミリーデーは人事部のなつみさん、私、そして新メンバーのさおりの3人で企画運営を行いました。

かき氷、そうめん流し、ヨット部人物名鑑…初めて3人で成し遂げだ大イベント。良し悪しは置いといて、達成感で溢れています。

 

ファミリーデーについて書きたいことは山ほどありますが、キリがないのでこの辺で。

家族への感謝バージョンとなつみさんへの感謝バージョンのブログを書いて、想いが溢れすぎて途中でやめました。

 

広報部の方々、お待たせして申し訳ありません…。Facebookフォロワー1000人越えおめでとうございます!!!

 

最後になりますが、今回のファミリーデーにおいて多くの方々にご協力、差し入れ等をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

 

4年長尾選手、4年平井マネージャー、3年添田選手、3年西島選手、1年森選手、1年伊藤選手の保護者様からは差し入れをいただきました。

村上先輩(S38年卒)、平畑監督(H1年卒)にもご参加いただき、村上先輩には差し入れもいただきました。

また東先輩(S36年卒)、西田先輩(S46年卒)、今村先輩(S53年卒)にはGenkaiにてご支援いただきました。

さらに日頃からお世話になっている松嶋哲哉様に熱中症に関して講演していただき、格別のご支援をいただきました。

多くのお力添えに、心より御礼申し上げます。

 

 

お越しいただいた保護者の方々、本当にありがとうございました!

ぜひ来年もお待ちしております!

2 コメント

7月21日 練習報告

こんばんは。2年470の平松です。

本日の練習報告をいたします。

 

今日は七大戦後の最初の練習でした。

先週北海道ではウィンブレを着ているような時もあったのに対し、7月末の福岡は猛暑に見舞われ、一日を通して微風から中風のコンディションの中とてもハードな練習になりました。

 

午前は一年生の沈起こし練習と合同ショートレースを行い、午後からは上下回航とリーチングの練習をしました。

沈起こしは今では普通にやっていることですが、船の下に入ってしまったり、シートが絡んだり一歩間違えると命を落としかねない危険な状態になりうるものだと再認識しました。

 

今日は少し曇っている時間もありましたが、日が照ると汗が止まらなくなりいくら水分補給をしても足りないように思えました。

 

また、村上先輩(S38年卒)にA級ディンギーに1年生選手を乗せていただき、午後からは河原田先輩(H30年卒)に海上にてご指導いただきました。ありがとうございました。

 

これからさらに暑くなると思うと大変ではありますが、熱中症対策などを万全にし夏練に向けてより一層頑張りたいと思います。

 

0 コメント

夏をむかえるにあたって

お久しぶりです。

470クラスリーダーの鄭です。

最近はレース続きでばたばたしていたので、自分の気持ちの整理の場にしたいと思います。

 

まずは直近の七大戦から。

私のヨット人生は13年目になりますが、初めて不成立というものを経験しました。

雷雨、濃霧、凪といろんなものに邪魔されてしまい、目指していた9連覇という結果は残すことができませんでした。

もちろん負けたわけではないので連覇が途切れてはいないのですが、自分たちの代で掴み取る順位が欲しかったなと、少し残念に思います。

しかし、今回は今まで話したことのなかった他大学の人たちとより交流を深めることができ、その点に関しては非常に有意義な遠征となりました。

主に4年生とお話しする機会が多かったのですが、どの大学の人も真剣に部活を運営することや自分だけでなくチームの実力を向上させることに対して、真剣に考え抜いているのが伝わってきました。

私もまだまだ自分のために、チームのために、できることがあるのではないかと考えるきっかけになりました。

彼らと全日本インカレの舞台で戦うのを楽しみにしています。

 

 

そして、個人戦予選について。

個人的には、課題は多く残るものの、全日本個人戦に出場することができました。

2年連続7位で、経験者として恥ずかしい結果ばかりでしたので、正直なところほっとしています。

ただ、これで終わりではなく、全日本の舞台で前を走ることこそが、最終目標を達成するために求められているので、気を引き締めて練習に取り組んでいきます。

学んだこととしては、「絶対に最後まで諦めない」ということです。

当たり前なんですが、昔からスタートを失敗するとどうしても「このレースがカットレースかな」と頭をよぎってしまいます。

クルーの岩井に励まされたおかげで、なんとか諦めずに集中して走ることができ、結果として挽回することができています。

もちろんスタートは課題なので修正していきますが、誰もが持ってしまう諦めの気持ちを、ペアでぶっ飛ばしてしまうと集中力は戻ってくるものですね。

 

また、個人の戦いではありましたが、チームのメンバーにもいろいろな思いを巡らせる大会となりました。

下級生が上位を走って自分のように嬉しかったり、そこでタックを返したから良くなかったと悔しくなったり、同じ目標に向かって切磋琢磨する仲間だからこそ、ライバルでも応援したくなるのだな、と感じました。

私にできることは一つ。先ほども言ったように、前を走ることです。九州大学という名前を全国に轟かせてきます。

 

 

それからもう一つ、七大戦の後に東京に寄り道して、27年卒の谷川先輩とお話する機会を作っていただきました。

部活動をする目的は何なのか、日本一という目標に対してどこまでシビアに真剣に考えているのか、そのために今自分がするべき行動はなんなのか。改めて考えさせられました。

素晴らしい先輩に巡り会えた自分は本当に幸運です。

お忙しい中お時間を割いてくださった谷川先輩に、この場をお借りしてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

OBの方々は、今自分が悩んでいるようなことを悩み、考え、乗り越えてきたお手本となる方々なので、これから迷うことがあれば、自分でも考え抜いた上で頼らせていただこうと思いました。

よろしくお願い致します。

 

ばらばらとした文章になってしまいました。

いよいよ夏が始まります。

ここで全力を出さなければいつ出すというのでしょう。

全員で声出して、気合い入れて、夏の暑さに負けないぐらいの気持ちのアツさで盛り上げていきましょう!

それでは失礼します。

0 コメント

思い出のレース

こんばんは!

 

副将の内藤です。

今回は、他大学のブログに習って「〜思い出のレース〜」について書きたいと思います。

 

僕の思い出のレースは

「第81回全日本インカレ団体戦第2レース」です。

 

二年生で迎えたこのインカレは、自分は支援艇から見守っていました。

この年のクルー争いに見事に敗れ、自分としてはやりきれない思いはありましたが、全力でサポートに徹しようと臨んだ大会でした。

 

蒲郡で行われたこの大会は初日から爆風に見舞われ、その日行われた第2レースは正にサバイバルコンディションとなりました。

 

自分はフィニッシュ際で着順を取るために待ち構えていたのですが、一位の艇がフィニッシュしてからポツリポツリとしか艇が帰って来ません。

 

たまに表れて3マークを回航しようとする艇もフィニッシュを目前にしてジャイブ沈。

 

この海面にスナイプ70艇が浮かんでいる事が信じられないくらい船の気配がせず、本当に誰か死んでしまっているんじゃないかというくらいの状況でした。

フィニッシュボート付近で一位の艇がフィニッシュしてからかれこれ十数分経った頃、2マークとは全く違う方向から待ちわびた31335が現れました。

沈しないようにアビームを走ってきた31335は3マークのジャイブも見事に決め、DNFまで残り30秒のところでフィニッシュしました。

 

鳥肌でした(ブルブル)

 

 

そのレースは結局72艇中わずか7艇しかフィニッシュできず、フィニッシュ出来た艇がチームにいるだけで大きく有利に立てました。

その時31335に乗っていたのが、スナイプリーダーの牧野先輩で、4年の意地というか、本当に気持ちの強さのフィニッシュを見せて頂きました。

それまでは若干のレギュラーになれなかった悔しさと共に応援していたのが、あの牧野先輩の姿を見た時、

「この人達に本気で頑張ってもらいたい!勝ってほしい!」

と心から応援したくなり、涙が出そうになりました。

感動です。

 

違うレースになりますが、

昨年の福井インカレも最終日ドラマが起こり、大逆転での入賞劇がありました。そこにもやはり大きな感動がありました。

 

先輩方の本気で取り組む姿、苦しむ姿、ふざける姿(笑)があったからこそあれだけの感動が生まれたのかなと思います。

それほどまでに大きな感動を生み出せるって凄いことです。

そういう活動をしたいです。

 

優勝する努力をして全日本インカレ総合優勝した先にはどんな感動があるんでしょうか?!

 

とても気になります。

 

0 コメント

努力

こんばんは。

 

主将の長尾創真です。

 

まず、昨年九州大学ヨット部のコーチをしてくださった高木裕様が7月16日に亡くなられました。高木様には昨年何度もコーチボートに乗って頂き、ヨットの基本となる考え方を論理的に分かりやすく教えて頂きました。大変有意義な時間を過ごさせていただきました。今の九大ヨット部の実力の向上に高木様のお力は無くてはならないものでした。

心よりご冥福をお祈り致します。

 

 

 

さて、この週末に僕達4年生最後の七大戦が終わりました。最後の七大戦は大会不成立という形で幕を閉じました。

 

 

レースをして9連覇を成し遂げたかった悔しさ、形はどうあれ先輩方が積み重ねて来てくださった8連覇を引き継ぐことができた安堵感や引退がどんどん近づいてきている焦燥感などの感情がごちゃごちゃに入り混じって、最終日はどんな顔をすればいいか分からなかったです。

まあ、大学ヨット生活で大会不成立という貴重な経験をできてラッキーだったなと思うことにしようと思います笑

 

連覇は本来の思い描いていた形ではないですが、後輩に襷を繋ぐことができたので後輩達には9連覇そして10連覇を成し遂げてほしいと心から思っています。頼んだぞみんな!

 

 

 

でも、こんなことを言っていると引退がすぐそこに近づいているということに気づき寂しくなります。

 

日本一に憧れて、先輩達の格好良さに惹かれて入った九州大学ヨット部に別れを告げる時が来るということは今まで全くといっていいほど考えていませんでした。

 

 

九イン個戦が終わり、不甲斐ない結果を残してしまった後、副将の内藤といつもの通り自転車で下山門の海岸線沿いを走っていた時に

 

内藤が「今大会で結果が出なかったら引退することも考えてた」と言っていて、そこまで自分はシビアに考えていたのかと自分を恥じました。

 

そこで初めて引退をグッと近く感じるようになりました。

 

内藤は今年副将になり、スキッパー経験は少ない中で九州トップに上り詰めています。スナイプリーダーの橋口は470から3年に上がる時にコンバートされましたが、2位の好成績を残しています。

470でも宮田、堀ペアは去年レギュラーではないですが、個戦に行く470.6艇の内唯一の素人スタートペアです。

 

自分の努力の足りなさを感じています。

 

成長の実感はあるものの、他の人に比べて自分はまだまだ成長できていないのだと思います。

 

引退まで残り3ヶ月と少し。

 

個人戦に行けていない自分がどれだけ結果を出せるかが、このヨット部が日本一になるためのキーになることは自覚しています。

 

部屋の壁には「日本一はお前にかかっているぞ」とデカデカと書いています。

 

僕の成長次第で日本一が近づいてくるこの感じを楽しみながら、もっともっと日々の生活をシビアにストイックにヨットに取り組んでいこうと思います。

 

応援よろしくお願いします。

 

 

 

 

今週末はファミリーデーが開催されます。僕の家族は甥っ子姪っ子も連れてきて総勢7人で来るみたいです笑

部員のご家族にお会いできるのがとても楽しみです。せっかくなので来てくださる全ての方とお話しできればいいなと思っています。よろしくお願いします。

 

とりとめのないブログになってしまいましたが、このくらいで終わりにしようと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

0 コメント

次は全日本インカレで

こんばんは。

4年人事部長平井なつみです。

 

最後の七大戦が終わりました。

新千歳空港行きのバスの中で書いています。

 

運営に携わってくださった北海道大学をはじめとする多くの皆様、宿の方、バスの運転手さん、ありがとうございました。

そして遠征計画部のお陰で快適な生活を送ることができました。

本当にありがとう!

 

最後の七大戦がノーレースになってしまったのは、残念な気持ちもありますが、自然相手のスポーツのある意味、面白さも感じることができました。

北海道の海は海底が透けて見えるほど綺麗で、雨は降りましたが涼しくて、とても過ごしやすかったです。

 

私的に今回1番大変だったのは、備品の輸送方法です。

今回は北海道が遠すぎるので車で行く人がおらず、トラックも借りていないので、どうやって運ぶか問題でした。

出発の1週間前が九州インカレの個人戦だったため、準備が急になってしまいました。

 結局長尺物は塩ビ管に入れて空輸し、セールはダンボールに折り畳んで郵送しました。

折り方をシップチャンドラー野見山様や県連の岡村様に教えていただき特に問題なく運ぶことができました!

ありがとうございました!

帰るまでが遠征、

無事荷物が届くまでが備品係の仕事、

土曜までにちゃんと届きますように…

今回は反省もたくさんあったので、全日本インカレで生かしていきたいです。

 

 

そして、この遠征で嬉しかったのは、

北海道大学のOBの方に、

「みんな声が出てて一体感があっていいね」と声をかけてくださったことです。

 

「九大ヨット部らしさ」とは何か、最近よく考えます。

私は、一見何てことないようなことでさえも一生懸命にやろうとするところが、九大らしさかなと思います。

強い大学のやっていることを取り入れることも大事なことですが、それと同時に、これまでずっと変わらない「九大らしさ」も大切にしたいです。

エールにしろ、九大ファイにしろ、体操にしろ、声を出さないのは良くないよね、という意識をおそらく全員が思っているっていうのも、私たちは当たり前に思っているけど「九大らしさ」なのかなと思いました。

みなさんの思う「九大ヨット部らしさ」って何ですか?

聞いてみたいです。

 

 

来週の日曜はファミリーデーです!

初めて来てくださる方はもちろん、毎年来てくださっている部員ファミリーの皆様も、きっと楽しんでいただけると思います。

由紀乃をはじめとする人事部の3人で色々と思案しています。

去年より暑くないといいな。

ぜひ、お楽しみに!

お会いできるのを楽しみにしています。

0 コメント

七大戦3日目

こんばんは。

3年の470の近藤です。

 

本日は七大戦最終日であるにも関わらず、まだ1レースも行われていないという状態でのスタートでした。1レースで大会が成立するため、最初のレースの結果がそのまま大会の成績になるという可能性があり、朝からレギュラーもサポートもピリピリとした雰囲気がありました。

 

昨日に引き続き肌寒い気温のなか、海上は濃い霧に覆われていたため2時間ほど陸で待機した後の出艇でした。

 

海上に出てもなかなか良い風に恵まれず、海上での待機も神経を削るものだったと思います。

 

本部船に乗っていた僕は、風を待っている間北海道の海の独特なうねりに苦しまされました。運営メンバーの中には船酔いでダウンしている人もおり、ディンギーで待機していた選手が元気そうなのを見て安心しました。

 

結果的に1レースも行うことができず大会不成立となり、9連覇の夢は来年小戸で開催される九州大学が主管の七大戦に持ち越されてしまいました。

 

今年9連覇をして来年小戸で10連覇を飾る夢が叶えられなくなってしまいましたが10連覇は後輩に委ねることにしましょう。

 

僕自身、九大主管で七大戦を経験するのは2回目となりますが、去年と来年とでは立場が違うと思います。

 

来年9連覇を果たすためこれからの夏の練習を大事にしていきたいと思います。

0 コメント

七大戦2日目

こんばんは。

3年470の永野です。

 

今日は七大戦レース初日でした。昨日とは打って変わって肌寒い一日となりました。艤装を済ませると大粒の雨と雷に襲われ、出艇が見送られました。退避テントが水没するほどの激しい雨での待機となり、この時期の小戸では考えられないほどの肌寒さでしたが、他大との交流やダムづくりなどで時間を過ごしました。

 

雷雨が昼を過ぎても続き、14時30分ごろやっとD旗が掲揚され、出艇しました。しかしながら、運営も弱い風と外洋からのうねりに翻弄されているうちに本日の最終予告時刻の16時となり、ついに1レースも消化できないまま初日が終了してしまいました。

レースはなかったものの肌寒く長い待ち時間で選手も疲労しているのではないかと思います。明日も微風が予想されているため、何レース行えるかわからない状況であります。

しかし、このような予測不可能な状況こそ真の強さが発揮されます。レギュラー、サポートメンバーともに万全の準備をし、必ずや9連覇を掴み取ろうと思います。

 

最後になりますが、本日は1年伊藤のご親戚が祝津までご声援に駆けつけてくださいました。誠にありがとうございます。

 

それでは失礼いたします。

0 コメント

七大戦1日目

こんばんは。

3年470スキッパーの今西です

今日は七大戦の前入り日でした。宿からハーバーに着き、各大学の代表者が艇の抽選を行いました。その間他の部員はと言いますと、予想外の北海道の暑さと対面し、「何が北海道の夏は5㎜ウェットが必要だ」と文句を言いながら、せっせと日焼け止めクリームを塗っていました。

 

艇の抽選が終わり、念入りに整備を行いました。七大戦で勝つためにはいかにトラブルを起こさないかが非常にに重要です。そのためにも部員一丸となって艇を作り上げました。

 

その後短い時間ではありましたが海上練習を終え、レセプション会場へと向かいました。

 

各大学のエールを聞きながら、この時点でもう勝負は始まっているのだと感じました。九大には勝てないと他大学に思わせることのできるような迫力あるエールができたのではないかと感じています。

 

明日からいよいよレースが始まります。いつもとは何もかもが違う環境ではありますが、早く適応して、9連覇必ず達成したいと思います。

0 コメント

もう一つの七大戦

こんばんは。

3年マネージャーの岩原です。

 

明日からいよいよ七大戦です。

今私は今回の宿泊先であるオシャレなコテージで

お隣さん(他団体)が楽しくBBQをしているのを横目に粛々とブログを書いています。

 

さて、七大戦といえば7大学が一堂に会して優勝の座を奪い合う熱い大会ですが、

実は裏でもう一つの負けられない戦いが繰り広げられているのです。

 

レース前日のレセプション、

日本の将来を担う前途有望な旧帝大生が会場の爆笑を奪い合う

己の意地とプライドをかけた一発芸大会…!

 

他大学は1年生が担当するのに対し、なぜか九大は毎年3年生がネタを披露します。

1,2年の時に三畏閣新歓で磨き上げられた彼らはその集大成として、七大戦という大舞台で渾身のネタを披露するのです。

 

去年と一昨年の九大のネタを振り返るのは、歴代の戦士たちの精神衛生を考慮して割愛いたします。

 

さて、今年の選ばれし戦士は一体誰かというと

実は同期の私もまだ知らないのです。

 

私たちの代で最もセンスがある(という名目で擦り付けられている)近藤をはじめ、3年生の有志たちが史上最高のネタを用意してくれていることでしょう。

 

七大戦の前哨戦として、ここでも九大は王者の風格を見せなければなりません。

 

 

ハードルを上げるのはここまでにしたいと思います。

明日からの七大戦、張り切っていきましょう!

0 コメント

人に言われたこと

こんばんは。

4年470の衛藤淳平です。

 

先週末に個人戦予選がありました。僕のチームは8位。予選を通過できませんでした。悔しいです。

今日はペアの長尾とレースの反省をしました。良かった点・足りなかった点はどこか、これからは何を意識的に練習するのか。それらを話す中でふと、「そういえば、昔先輩がこの話をしてた気がする」という瞬間がありました。過去に言われたことのはずなのに自分たちにはできていなかった。なぜでしょうか。

聞いた瞬間にはなるほど、そうなんだと一旦納得したはずです。でなければ今日思い出すこともなかったでしょう。

結局、それをやったかやらなかったか、それが問題でした。僕の場合はやらなかったからできなかった。

先輩方のアドバイスは自身が経験されたことがもとになっていることが多いと思います。自分で試してみて上手くいった、あるいは大事だと感じたことを伝えてくださっていることと思います。冷静に考えるとこれを利用しない手はありません。それが自分に合っているかはわかりませんが、ひとつの有効な手段であることは確かです。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶという言葉があります。ここでの歴史とは他人の経験を指すのだと思います。その意味で、先輩の言葉を生かしていなかった今までの自分は愚者でした。

今日から僕は、今までの自分から脱却します。団体戦では全く違った姿で前を走ります。

 

今週末は七大戦です。控えではありますが、9連覇に向けチームに貢献できるように準備をして臨みたいと思います。

 

 

 

また、広報部よりご報告です。

 

昨日をもって平畑監督と1年生との食事会が終了致しました。

毎年平畑監督が1年生全員との食事会を開催して下さっております。

今後4年間をヨット部でどう過ごすのか、など意志を固める契機となり、1年生にとっても非常に有意義な時間となったはずです。

ありがとうございます。

0 コメント

主体性と価値観の共有

こんにちは、4年比嘉です。 

夏がやってきましたね。 

夏は暖かく冬は涼しい木造2階建ての私のアパートでは、座っているだけで汗がしたたり落ちてくるような暑さです。 

そんなサウナの中で最近読んだ本に、考えさせられることがありました。 

―主体的とは、自分の行動を自分の価値観に基づいた選択で行うこと。 

独断で簡単にまとめると、今の自分の状況は自分の決定と選択の結果であるということを忘れると、その場の状況や他人に流され、言うことやることがその時々によって違う人になってしまうよ、ということです。 

果たして今の自分は主体的に生きているか、ということはさておき、ヨットレースの中でも、これは試されているように思います。ヨットレースにおいて大きなセオリーはありますが、小さな事柄への対応はその人が重視することによって変わります。(何人かの社会人セーラーに同じ質問したときに、違う答えが返ってくることがあります。)対応が違うのに、「上位に入る」という同じ結果がついてくるのは、きっと決まった正解はなくて、その人がいかに自分の価値観の下でトライ&エラーを繰り返せているかによるものだと思います。 

この場面では、私はこう考えているからこうする、という決まったパターンがあることでより反省が次に生かせるものになります。また、ペアとのその考え方のすり合わせが不可欠です。こう考えだすと、ヨットって奥が深いなと思ったり。考えすぎだと笑われそうですが。 

話は変わりますが、価値観の共有という点で、ワールドカップのポーランド戦での日本の対応はプロの凄さを実感しました。1点を追う場面で、他力本願作戦を実行するのは誰にとっても苦しい決断だったと思います。その状況でも、全員が作戦の実行に徹することができたのは、「決勝トーナメント進出」という目標のための最善の手段が共有できていたからではないでしょうか。競技は違えど、サムライジャパンから学ぶことは多くありそうです。 

まとまりのない文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。 

北海道行ってきます。

0 コメント

個人戦予選と七大戦

こんにちは。

4年470の宮田です。

 

先週末は人生最後の個人戦予選でした。

自分たちの結果は3位となり、予選を突破することができました。

毎年遠いところから眺めていた予選突破圏内を、今年は自分たちが戦い抜くことができて本当によかったです。

ペアの堀には最高の誕生日プレゼントとなったのではないでしょうか。勝手にプレッシャーを感じていた自分としてはほっとしています。

 

今回のレースでも反省はたくさんありました。意外と基本的なことばかりだなと感じながら、これからの練習で修正できればと考えております。

 

ほっと一息つきたいところですが、今週末は七大戦です。七大戦では準備と手際が最重要となってきます。これまでの経験を最大限に活かし、万全の準備の上で大会に臨みたいと思います。

 

失礼します。

0 コメント

個戦を終えて

こんばんは。

四年マネージャーの奥野裕貴です。

九州北部は梅雨明けが発表され、連日の悪天候が嘘のように、今日は蒸し暑さを感じる一日でしたね。

記録的大雨の影響で大会が開催されるか不安でしたが、2日間とも無事に大会を終えることができひと安心です。

 

この個人戦では努力が実った人が多かったのではないかと思います。

入部して四度目の個人戦ですが、今まで惜しくも結果が出ずに悔しい思いをしてきた選手をたくさん見てきました。私たち四年生にとって最後の個人戦で多くの同期や後輩が予選を通過できて本当に嬉しく思います。

また、今回力を出しきれず思うような結果が出なかった選手もいると思います。

私としても今大会での出艇でレスキューの改善点が多く見つかり、サポートメンバーとしてまだまだ力不足だと感じる場面があり、努力や学習が必要だと実感しました。

OBの方や部員がよく言っていることではありますが、大会の結果は重要なのはもちろん、その後課題を見つけどう成長できるかが大事なことだと思います。

私自身のサポートの力量もあげていけるよう選手と共に頑張りたいです。

 

今週は私たちにとって重要な大会である七大戦が控えています。去年に引き続き完全優勝できるようチーム一丸となって頑張って行きたいと思います。ご声援のほどよろしくお願いします。

0 コメント

九州インカレ個人戦 2日目

こんばんは。

2年スタッフの池田麻友です。

 

九州学生ヨット選手権大会2日目の報告を致します。

今日は、晴れたり曇ったり雨が降ったりと不安定な天気や風でしたが無事3レースを行うことができました。

 

今回の結果が良かった人も悪かった人もいると思いますが、全員がこの大会のために努力を続けてきたことに変わりないと私は思っています。もっと選手を支えれるように、運営面であったりさまざまな事を学んでサポートしていきたいと感じました。

 

2日間お疲れ様でした!

今日は早く寝てゆっくり休んでほしいと思います。

 

最後になりますが、本日も多くの方々にご支援、ご声援をいただきましたのでご紹介させていただきます。

村上先輩(S38年卒)、金川先輩(S59年卒)、矢島先輩(H29年卒)にご声援いただきました。また、名方先輩(S47年卒)、岡部先輩(S57年卒)、平松先輩(H27年卒)、安部裕也先輩(H29年卒)、河原田先輩(H30年卒)に運営としてご協力いただき、高崎神風先輩(H28年卒)、高山先輩(H30年卒)に支援艇からご指導頂きました。

さらに、岩井選手のお母様、日本経済大学大嶋さんから差し入れを頂き、堀選手のご両親、衛藤選手のご両親、鄭選手のお母様にご声援頂きました。心より御礼申し上げます。

 

失礼いたします。

0 コメント

九州インカレ個人戦 1日目

こんばんは。

1年スタッフの藤井美来です。

 

九州学生ヨット選手権大会 個人戦 1日目の大会報告を致します。

福岡県に降る連日の大雨で、天候に少し不安がありましたが、無事にレースを行うことができました。本日は朝から強風が吹き、その中でのレースは選手にとって大変なものであったと思います。

 

私にとって今回は入部して初めての大会となりました。今日、私は支援艇に乗っていたのですが、選手達の練習とはまた違った海上でのピリッとした空気感や本気の姿を間近で感じ、選手のヨットにかける想いの熱さを改めて感じることができました。

選手が日々全力で練習できるように、私も全力でサポートしていかなければと改めて感じさせられた1日にもなりました。

 

また本日は村上先輩(S38年卒)、西田先輩(S46年卒)、大木先輩(S60年卒)にご声援いただき、名方先輩(S47年卒)、岡部先輩(S57年卒)、平松先輩(H28年卒)、安部裕也先輩(H29年卒)、月原先輩(H29年卒)、河原田先輩(H30年卒)、金子先輩(H30年卒)に運営としてご協力いただきました。心より御礼申し上げます。

 

さらにハーバーにて八並選手のお母様、川野選手のお父様から差し入れ、鄭選手のお母様から格別のご支援を、衛藤さんのお父様からご声援をいただきました。重ねて御礼申し上げます。

 

明日はレース2日目です。それぞれに色々な思いもあると思いますが、気持ちを切り替えて全力で頑張って欲しいと思います。

 

それでは失礼いたします。

0 コメント

願書提出完了

こんにちは。

4年470の古賀です。

 

この1週間はあいにくの天気が続いています。火曜日の台風が過ぎ去り、天候は回復したように見えましたが木曜日・金曜日と大雨が降り続いています。前回ブログを書いた日も雨だったような気がします。

 

ここ最近のことを話しますと、ついに大学院試験の願書を提出しました。募集要項の冊子をパラパラめくっていましたら前年度以前の合格者数が載っていたのですが、自分が希望するコースでは25人ほど落ちている人がいました。不安になり研究室の先輩に相談したところ、勉強頑張れば必ず受かると言って下さったので勉強頑張ろうと思いました。自分のTOEICの点数を話したときは一瞬心配そうな表情をされていましたが、そこは気にせず頑張ります。

 

また、最近はW杯をよく見ます。日本代表は惜しくもベスト8進出なりませんでしたが、W杯に出場する選手の中で衝撃を受けた選手がいます。フランス代表のキリアン・ムバッペ選手です。先日行われたフランス対アルゼンチンで2ゴールをあげてフランスの勝利に貢献したのですが、この選手はまだ19歳だそうです。W杯という大舞台で自分より年下の選手が活躍してることにとても驚きました。フランス代表は勝ち残っていますのでこれからどんな素晴らしいプレーを見せてくれるのかとても楽しみです。

 

そして、明日からはいよいよ個人戦予選です。今まで練習してきたことをレースで発揮できるようにしっかり準備をして、予選突破目指して頑張ります。

0 コメント

サムライジャパン

こんにちは。

4年スナイプの荒河風夏です。

 

このところ、雨が多いですね、、、。今日も、もれなく雨です。私は雨があまり好きではなく、なんだか気分が下がってしまいます。早く晴れた日の続く"アツイ"夏がやってきてほしいものです。

 

そして!最近私の中でアツいのは、なんといってもサッカーワールドカップです!みなさん、先日の日本戦は見ましたか??負けてしまったけれど、超格上のベルギー相手に大健闘した日本チームも、2点ビハインドでも諦めず、逆転勝利したベルギーチームも試合のどこを取っても興奮と感動を与えてくれた素晴らしい試合でした。そんな彼らのプレーには世界中から称賛の声が上がっています。

ですが、そんな試合とは別に日本チームのある行動が世界に賞賛されているとニュースになっていました。試合後の選手のロッカールームがピカピカに清掃されており、感謝のメッセージを書いたメモが置いてあったという出来事です。そういえば、予選リーグの時にもサポーターがスタジアムのゴミ拾いをしていたという話も話題になっていました。素晴らしい日本人の価値観だと思います。では、その価値観を自分が最悪の状況になった時でも見失わずにいれるでしょうか。私が今回のニュースで本当に素晴らしいと思ったのは、ロッカールームを綺麗に掃除した日本代表が、あのベルギー戦の直後であったという点です。大健闘したとはいえ、試合終了直前にゴールを決められてしまったあの状況は気持ちの整理のつきにくいショックな負け方だったと思います。きっと日本代表はどの試合後でもロッカールームを綺麗にして帰っていたと思うのですが、心折れそうな状況でもその価値観を忘れず、さらに感謝して帰ったというのは自分達にはない点だなと思いました。

九大ヨット部にもバースを綺麗にする、ハーバーに来た方々に挨拶をするなど日本代表の行動と通ずるものがあると思います。部員を見ていても、その行動を全うしている人が多いです。では、例えば練習がうまくいかなかった日に同じように行動することができるでしょうか。私はまだまだできていません。

今回の日本代表の行動を見ていて、これが、世界から賞賛され、応援されるチームなのだろうと感じました。私たちの目指しているチームはいろんな人から応援されるチームです。そんなチームになるため、プレー面以外でも、改めて自分の行動を見直してみようと思いました。

 

長々とまとまりのない話を書いてしまいました、、、。スポーツにはいろんな素晴らしいところがありますね。最後までワールドカップ楽しみです。

 

そして、私たちの目の前にあるのは、今週末の個人戦予選です!本当に予選突破したい、、、!日本代表のようにアツイ試合をできるように頑張ります!

 

0 コメント

全日本の舞台

いつもお世話になっております、4年スナイプの八並克憲です。

 

台風7号が去って良い天気になりましたね。気温も上がって正に夏という感じです。明日から連日雨予報なんですが。

 

いよいよヨットのシーズンが来たのか、最近Facebookで沢山の世界中のレースのリザルトが投稿されていますね。いくつか紹介します!

 

大きなニュースとしてボルボオーシャンレースが終わったようです!

でも全て英語で書かれているのでリザルトがよくわからないんですが...。Dongfeng Race Team が逆転で勝ったとかインポートレースが終了したとか。(英語が読めないわけじゃないです、訳するには本腰いれないといけないだけです)

 

ですがこの半年以上もの間、世界でセーリングする選手たちの投稿(の訳)と動画で経過を楽しめました!次回を楽しみにしています!

 

また次回アメリカズカップのエントリーが終了です。前回優勝のニュージーランドチームと3つのチャレンジチームの計4チームのようです。

まだ開発段階のフォイリングモノハル艇の開発費用は相当なものらしく、エントリー数が減ってしまったのは残念です。

けれども福岡の百道浜で見たアメリカズカップの感動は未だ忘れられないので、これからのニュースも楽しみにしています。

 

snipe todayの投稿を見ると、スナイプマスターズワールドも開催されたようです。

名前も知らない外人の選手ばかりでしたが、パーティーが開かれたのを観て、「どこのスナイプ乗りもスナイプ乗りなんだな」と思いました。お祭り大好きスナイプ万歳。

 

とまあFacebookの自分の気になったニュースは以上で、そろそろ自分の話をさせていただきます。

 

先月、全日本スナイプの予選である九州スナイプで予選敗退してしまい、3年連続全スナ出場に失敗してしまいました。

以来、ペアとの反省や役割分担の確認、根本のプランの修正に取り組んできました。

今週末の九州インカレ個人戦で上位入賞、全日本個戦出場が今の最大の目標です。

 

先週末の関東の予選の結果を見ると、全日本の大会常連の選手達が、予選突破したのを見て気持ちが昂りました。

僕は2年生の頃から大会に出させていただいていて、また彼らと同じ舞台で勝負するべく、九州の他チームに全力をぶつけたいと思います。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

写真は、親戚からいただくバイク、JADE 250ccです。これから陸送して修理してのりたいと思います!(カッコイイ...)

 

サッカーワールドカップの次はラグビーワールドカップですよ!

0 コメント

熱中すること

こんばんは。

4年マネージャーの立野舞也佳です。

 

毎度毎度わたしは結構中身のないブログを書いているような気がしていたので、今回はブログ担当日の3日前から書き始めています(笑)

 

最近わたしが感じていることは、周りが見えなくなるほど何かに熱中することは、その時だけでなく(大げさかもしれませんが笑)後の人生にも大きな影響を及ぼすのではないかなということです。

 

わたしは高校生のとき、オーケストラ部に所属し、それはそれはもう部活に熱中していました。始業前の朝練、お弁当を早弁してお昼休みに昼練、放課後はダッシュで部室に向かって放課後練と今ヨット部に熱中するのと同じくらい(もしかしたらそれ以上?)学業そっちのけで部活しかしていませんでした(笑)

最近当時のことを思い出して、一番の思い出である最後の定期演奏会のDVDを観ました。あ、オケ聴きたいな、という軽い気持ちでDVDを観たのですが、見始めるとなんだかよくわからないけど込み上げてくる複雑な気持ちがあって、いろいろな思い出がフラッシュバックしました。先輩に比べて下手で悩んだこと、上級生になってからは自分だけでなく後輩を育てるのが難しかったこと、なにもかもが上手くいかなくて毎日泣いてしまうほど思い詰めたことなど、辛い思い出も多かったですが、やっぱりステージを終えた後の感動や3年間共にした仲間との絆などいい思い出もたくさんでした。なにが言いたかったかというと、ヨット部生活を除けばあれほど何かに熱中出来たことって今までなくて、その時感じたことや学んだことなど、当時の経験が今の自分にも大きな影響を与えているなと感じたということです。わたしの人生には欠かせない経験だったなと思います。オーケストラ部での経験が今のわたしの生き方を作っていると言っても過言ではないかもしれません。

 

九大ヨット部生活も3年強になりますが、きっとこの経験を後のわたしの人生に大きな影響を及ぼしてくれる経験になると思います。ヨット部での生活に胸を張れるよう、最後まで全力で駆け抜けたいと思います。

 

なんだか結局わたしの思い出話のような内容になってしまってすみません。

 

ちなみに今日の福岡は台風です。私は一日家から出ていません(笑)こんな日には家で過ごすのが1番ですね。

 

個人戦まであと少し、できるだけ多くの九大のペアが全国に行ってくれるのを祈って、わたしも精一杯のサポートを頑張ります!

0 コメント

自信

こんばんは。

4年470クルーの堀です。

 

昨日僕は全体の練習を抜けさせてもらい、地元熊本で国体予選に出場しました。

ペアは、昨年もお世話になった、福大のOBの高木さんです。

個人戦前に全体の練習を抜けてまで参加したからには、できる限りこの機会を自分にとっていいものにしようと臨みました。

学生とは比べ物にならないくらいレベルの高い高木さんに、技術的な質問もしたのですが、一番は気持ちの面でした。

 

 

個人戦も間近に迫って、最後の全体練習も終わり、緊張していました。

正直最後の全体練習では、心も体も固かったように思います。

そのような話をしていたら、高木さんに、「本番を意識して練習してきたんでしょ?だったら自信もって自分がやってきたようにやるだけだよ。」と言われました。

その言葉を聞いて、今までの練習を頭の中で思い返すと。

自信をもって、本番を意識して練習してきたと言えました。

すると、ふと緊張が消えて、自信がわいてきました。

 

碧依さんによく言われてましたが、本番を意識して練習する大切さをやっと実感できたような気がします。

 

今回の個人戦は、自分の中では大一番のレースですが、自信をもって宮田と前を走りたいと思います。

 

 

それでは失礼します。

0 コメント

7月1日 練習報告

こんばんは!

2年マネージャーの川野由美子です。本日の練習報告をいたします。

 

今日は午前中、午後共に微風から中風にかけて風速の幅が広い中、両クラス合同のショートレースやセーリング、上下回航、ロングレースを行いました。

 

また、海上にて高崎神風先輩(H28年卒)、高山達矢先輩(H30年卒)、河原田健介先輩(H30年卒)、金子壮太先輩(H30年卒)からご指導を頂き、より一層密度の濃い練習ができました。

心より御礼申し上げます。

卒部された先輩方が朝から現役のためにとご指導や激励して頂けるのは本当に有難いことですし、同期の選手がレスキュー上でOBの方々に質問をし、それに対して海上で答えてくださっている姿を見て、これも九大の強みだなと感じた1日でした。(同期選手のその貪欲さにも心を打たれました。)

 

来週は全日個戦をかけた九イン個戦が行われます。選手皆が平等に全日で戦えるチャンスです。1人でも多くの部員がそのチャンスを掴み取れるよう、私もできる限りのサポートで挑みたいと思います。1年生にとっては初めての大会です。遠征計画部としてサポート体制がより強化されたと選手に思ってもらえるように私も頑張りたいと思います。

 

それでは失礼いたします。

0 コメント

6月30日 練習報告

こんばんは。2年スナイプの入江です。

 


今日は不安定な南風の中での練習となりました。

午前中は朝から雷が鳴っていたため出艇を見合わせてトレーニングを行い、雷が止んだ後に出艇をし、合同ショートレース練習を行いました。
昼休憩の後、風が無かったためH30年卒の高山達矢先輩に座学をしていただきました。風が入ってきたところで出艇をし、合同ショートレース練習を行なっていたのですが雷雲が近づいてきたため早めに着岸しました。
不安定な天気のために練習時間は短かったですが、大きく変化する風の中での練習でとても成長できたと思います。
個選でも不安定な南風の予報となっており、本番に近いコンディションの中での練習となりましたが、個人的には風の変化に気づかなかったりそれに適切な対応ができなかったりとあまり良い結果とはならなかったです。今日の反省や高山先輩に指導していただいたことを復習し、明日はリベンジしたいと思います。

 

本日は天候の悪い中、平畑監督(H1年卒)に激励していただき、髙山先輩と河原田先輩(H30年卒)にご指導いただきました。心より御礼申し上げます。


今日は、悪かったところをペアと話し合いその改善のための仮説を立てて質問に行ったのですが、その仮説が的外れで目から鱗の回答が返ってきました。自分で考えることも大切ですが質問をするとより良い解決策が返ってくることも多々あるので些細なことでもどんどん質問をしに行くことはとても大切だと感じました。


明日は九イン個選前最後の全体練習です。本番を想定して集中して練習しようと思います。
失礼します。

0 コメント

体操の声出し

こんばんは!

練習安全部長の小田です。

 

今日のテーマは「体操の声出し」です。

 

 

九大ヨット部では朝の出艇前に体操をします。

スロープに大きな円を作り、体操係の「体操をはじめます!」のかけ声から体操がはじまります。

 

「1!2!3!4!」と体操係が叫び、「5!6!7!8!」を部員全員が叫びながら、体操をします。大きく手を広げる運動から始まり、全身の至るところを伸ばしたりジャンプしたりして、アキレス腱を伸ばして終了です。

 

この体操で大きな声が出せると、もやもやした気分もスッキリとし、またその後の練習でも大きな声を出すことができ、気持ちよく練習を行うことができます。

 

 

藤田先輩(H15年卒)もおっしゃっていましたが、緊急時に大きな声が出せるというのは安全の面からもとても大切ですね。

 

 

そこで、体操で大きな声を出すコツをご紹介したいと思います。色々やってみて自分が一番効果的だなと思った方法は、

「去年・一昨年の全日本インカレの体操の瞬間を思い出しながら体操する」

 

という方法です。

 

無心で声を出している時やその日の練習のことを考えながら体操することもありますが、思い出せた時はなるべく去年や一昨年の全日本インカレの体操の瞬間を思い出すようにしています。

 

 

悔しさや優勝校への羨ましさや、本番が刻一刻と近づいているなという危機感によって気合が入ります。

2年生以上はもしよかったら試してみてください。

 

 

 

さらにこの方法にはもう一ついいことがあります。

 

 

それは、普段から本番を意識して体操していると、本番の体操の時に小戸で体操をした風景が自然と思い出されるということです。

「『練習は本番のように、本番は練習のように』ってこういうことか、、、、!!!!」と衝撃を覚えつつ、「練習どおりにすればいいんだな」とちょっと安心することができます。

 

 

ちなみに、大会期間中は

「毎日、今日が大会最終日のつもりで体操の声出しをする」

 

という方法が効果的です。

 

色々と書きましたが、1年生の頃の私は無心で大きな声を出して体操をしていました。そうすると、大きな声を出すこと自体が楽しくなってきます。全力でするということが楽しくなってきます。全日本インカレの経験の無い1年生はとにかく大きな声、とにかく大きな声、、、と思いながら自分の全力を出そう出そうとしてみてください。

 

以上で体操の声出しのコツの紹介を終わります。

 

 

 

このブログを書きながら、「自分は体操以外の面で、本番のつもりでできているのか?」という疑問が湧いてしまいました。

 

ここについては、まだまだな面が多くあります。準備、説明、確認、反省、、、、を本番のつもりで取り組、、、、、、、と書き始めるとまとまりのないブログになりそうなので、この辺りで失礼します。

 

0 コメント

甘酒のすゝめ

こんにちは。

4年の髙島理奈子です。

 

最近は梅雨でじめじめ暑いですね。

私はよく食べる方なのですが、この頃はなんだか食欲がなくなってきました。

そこで去年の夏、甘酒にはまって毎日飲んでいた事を思い出し、先日甘酒を購入しました!

 

甘酒について調べてみたところ

なんと!甘酒には2種類あったようなのです…。

「酒粕」タイプと「米麹」タイプの2種類です。

「酒粕」で作るタイプはお砂糖が多く用いられている傾向があり、

夏バテ防止には「米麹」の甘酒がより有効だそうなのですが、

早速自宅にある甘酒を確認してみたところ…

”こだわりの酒粕・米麹使用”の表記

さらには原材料のトップが砂糖…!!

すごくショックを受けました。

次回からはきちんと確認して買います。

甘酒は飲む点滴なので、苦手でない方にはオススメです!美味しいし元気でますよ。

 

最後に、私も流行りにのってお勉強仲間の福本くんを紹介しようと思います。

福本は公務員の勉強をしているのですが、朝6時半におきて勉強したり、

携帯を封印して図書館で勉強したり、日曜の部活後にも勉強したり…

3年生ながら将来を見据えてしっかり勉強しているすごい後輩です。

部活生で公務員志望とはなかなかハードルの高い道のりですが、部活との両立頑張って欲しいです!

私も負けていられませんね…!!

 

それでは失礼します。

0 コメント

ハピネス

こんにちは!

4年マネージャーの水之江杏樹です。

 

季節の変わり目だからでしょうか、咳が出てきております。透明感のあるあの声は何処へやら、ハスキーボイスになりました。

部内でもちらほらと風邪が流行っているので、悪化しないように気をつけたいですね。

 

 

さて、先日父と「幸福が先か、成功が先か」という話をしました。

どちらだと思いますか?

それは…

 

幸福が先!です

 

幸福とはポジティブな思考だったり満足感だったりと色々ですが、幸福な人ほど成功している人が多いそうです。

勿論一概には言えませんが、幸福感がもうひと頑張りするエネルギーやモチベーションに繋がっているのかもしれませんね。

 

先週のレスキューで一緒に乗った3年の三上(仲良しです)もペアの芝(彼とも仲良し。最近よくお菓子をねだってきます)とポジティブをモットーに励んでいるそうです。あら素敵。

とても楽しそうに乗っているので見ていてこっちも明るい気分になります。この調子で頑張ってほしいです。

あまり褒めると2人とも調子に乗るのでこの辺にしておきます。

 

 

部員紹介が流行って?いるようなので、明日の担当者理奈子の紹介をして終わりたいと思います!

 

彼女は大都会東京からやって来ました。陸ヨットで見事な「お嬢タック」「女将ハイク」を披露してくれたお嬢も小戸の海に揉まれて早4年。たくましくなりました。

雨の日、寒い日、強風の日は要注意。彼女から笑顔が消え、周囲は少しピリッとした空気になりますが、話しかけると意外とフランクだったりします。表情豊かでひょうきんな理奈子が大好きです。

あと4ヶ月、日本一目指して頑張っていこう!!

明日のブログもよろしくね!笑

 

 

それでは失礼します。

0 コメント

さらば箱崎

こんにちは。

4年470クルーの岩井です。

 

前回のブログからしばらく経ちましたね。

まずは近況報告。2つあります。

 

 

1つ目は、ついに箱崎キャンパスを後にしようとしています。

今は移転作業の真最中で、平日毎日10時から16時まで働かされています(結構だるい)。

来週からいよいよ伊都キャンパス通いになります。

 

 

伊都キャンパスになることで何がいいって、トレーニング室が充実していることです。箱崎キャンパスのトレーニング室はとにかく汚い!人が少ない!モチベ上がらない!トレーニング室でヨット部に会うこともほとんどないですから、とにかくイケてないです。

 

さらに食堂のコップが汚い!水がおいしくなく感じてしまいます。なかなか食堂に足を運ぶ気にさせてくれません。そんなキャンパスともついにおさらばです。今までありがとう。

 

 

2つ目に、原動機付自転車を買いました。

伊都キャンパスに通うには、周知のとおり最寄駅が徒歩50分なのでバスに乗らなければいけないのですが、そのバスの人が多い多い。朝は乗れたもんじゃありません。暑い。ということで原付を買うしかないわけです。

 

中古でリーズナブルなものが見つかりました。割と気に入っています。車種はホンダのzoomerです。

 

 

さて、何かと部員紹介が流行っているので、僕は4年クルーの紹介でもしようと思います。いいライバルたちです。

 

まずは、古賀響(通称:デーモン)

彼は3年次まで、ヘルニア等の故障により苦汁をなめていましたが、4年次になりついに才能を開花させました。新人戦では2年の市川と乗り、見事いい順位を取って帰ってきました。今後の活躍に期待がかかります。

また、時には闇の支配人でありますから、2年次に三畏閣新歓でデーモンを披露したことで有名です。彼のあの姿はきっと一生忘れることはないでしょう。

 

 

次に、長尾創真。

ご存じのとおり、九大ヨット部の顔である主将です。ヨット面に関していうと、2年次には陸の王者と言われ強靭なフィジカルを持ち、インカレにも1番艇で出場し、3年次には河原田先輩とインカレに1番艇として出場した凄腕クルーです。

 

2年次からずっとライバル視しています。今年こそは負けないよ。

また、何を振ってもおもしろくツッコミが返ってくるので彼と話すのはとても楽しいです。

 

最後に、堀幹也。

アツい男です。曲がったことが大嫌いで、1年の時から、皆が注意できないようなことも絶対におかしいと言って我を突き通すような、芯の通った素敵な男です。

 

ヨット面では、走らせる技術はありながらもなかなか結果に結びつかず苦しい時期が多くありましたが、今年は4年の宮田とペアとなって他を圧倒するような走りを見せてくれています。

 

彼とは、プライベートでもとても仲良しですし、ヨットに関してはきっとお互いにあいつには絶対に負けたくないといったことを思っているので、いいライバル関係が築けていると思います。次の大会では負けないからな。

 

 

僕は、この代に4年クルーが4人いて、しかもあいつらで、ほんと幸運だなと思っています。いがみ合うこともありますが、あいつには負けたくないというライバル関係が切磋琢磨して技術の向上に確実に結びついています。日本一のクルー集団になれると勝手に思っています。いや、なろうぜみんなで!

 

それではまた次回!

0 コメント

頑張る姿は美しい


こんばんは。スタッフリーダーの入江真鈴です。もうすぐ6月も終わろうとしていますね。7月は楽しみなことがたくさんあるのでワクワクの日々を過ごしています。

 

さて、すごく仰々しいタイトルをつけさせて頂きましたが私、最近気づいたのです。

人が直向きに何かに向かって「頑張る」姿は本当に美しいということに。この歳になって改めて気づきました。そして私はそれを見ることが好きだということも。(もちろん自分が何かに必死になることも好きですよ。)

私の通っていた小学校の当時のスローガンは「頑張る姿は美しい、継続は力なり」でした。21歳になって改めてこの意味がとても分かった気がします。

 

社会人になる準備をするにあたり、色々な人生の先輩方と出会う機会が増えました。

「何でヨット部に入ったの?」と聞かれると一生懸命我らがヨット部の魅力を語るのですが、語り始めると結局、夜出会うと背景と同化するまで真っ黒に日焼けし、海上で荒波をかぶって陸に上がると身体中で塩を生成し、口を開けばヨットの話しかしない、マネージャーの作ったご飯をいつも美味しい美味しいと頬張る選手たちが頭に浮かんでくるのです。

目標を達成するための努力は「競技が好き」だけでは成し得ないはずです。最近話題のネットビジネスなどの宣伝で「がむしゃらに頑張ることは本当に美しいことなのか」「頑張らない生き方を」など目にしますが、やはり私はどれだけ辛く険しい道のりでも1つの目標に向かって頑張ることこそが美しいのだと思っています。その姿こそが、人に感動を与えるのだと思います。

だから私がヨット部のマネージャーをしている理由は、高い目標に向かって直向きに努力し続ける選手から、1番近くで感動を貰うためだと思っています。もちろん、マネージャーである私自身も色々な努力が必要ですが、その努力は1番近くで感動を与えて貰うための努力であり、感動を少しでも共有するための努力だと思っています。

 

スポーツや芸術が与える感動は、その裏にある色々な努力がつくりあげたものだと思います。私がミュージカル観劇が大好きな理由も同じような理由です。ミュージカルのカーテンコールでいつも泣いてしまうのは、公演を終え、舞台上で役者さん1人ひとりが笑顔で手を振っている姿に、その笑顔の裏にある計り知れない努力や流した涙を想像してしまうからだと思っています。

涙もろいから、ということもありますが。

 

ヨット部として過ごすのも残り半年も切ってしまい、引退へのカウントダウンも日に日に早まっている気がしてなりません。

最後の最後まで美しく頑張る我らが九大ヨット部の選手たちとそれを支えるマネージャーのみんなと全力で突っ走っていきます。

きっと面と向かっては言えないのでブログでべた褒めしておきますね。

選手の皆さん、頑張る姿はとてもかっこいいですよ。

 

最後に橋口と愛梨に倣って簡単に我らが広報部員の紹介をしようと思います!

4マネ杏樹

私の心の支えであり相棒です。彼女の女神のような微笑みが選手だけでなく同期マネージャーの私の心まで癒してくれるのです。

オフの日の私のケアまでしてくれてありがとう!(笑)

3マネ桃子

センスの塊です。あのセンスのいい新歓ホームページをご覧頂けたでしょうか?写真を撮るセンス、ホームページのセンス、広報部員にいるべき存在です。いつもありがとう!

2マネ涼香

facebookなどSNSにてブログを簡略化して紹介してくれるプロだと思っています。本当に文章化がお上手。そして大会の写真を撮る時、涼香の明るい笑顔が写真に写る選手を笑顔にしてくれます。

 

桃子と涼香は4年生がブログの原稿を締め切り過ぎても快く更新してくれるのです。本当に本当に感謝しています。ありがとう!

これを見ている4年生の皆さん、広報部員に優しい時間帯で原稿を書ききってくださいね。

 

それでは、努力する姿は美しいと自分に言い聞かせながら卒論にアルバイトに部活に励もうと思います。

失礼します。

0 コメント

6月24日 練習報告

こんばんは!

2年470の市川です。本日の練習報告をいたします。

 

午前はセーリングと合同ショートレース、午後は上下回航とロングレースとセーリングをしました。

 

最後のセーリングでは、普段やらないリーチングの練習をしました。サイドジャイブはほとんどやったことがなく、手順などがぐちゃぐちゃでメインやジブ、スピンのシートのどれを先に引くのかわかりませんでした。でも、回を重ねていくうちにこれを優先的に引かないと走れないというのがわかってきて、たくさん試すことができ勉強になりました!

 

最近、バディ制(上位艇と下位艇をペアにして練習中、意見交換をするという制度)を取り入れていて、自分たち艇の課題について先輩に一緒に考えていただく時間があります。今まで自分はわからないことがあれば、すぐ先輩に聞いて答え求めていました。でも、先輩に質問すると「ひなはどう考えてるの?」と逆に聞き返されて困ってしまうことが多く、いつも自分がどれだけ考えていないかを気づかされました。それからは自分でも質問する前に少し考えるようになりました。ヨットは本当に頭を使うスポーツだと最近よく実感します!!もっと練習中にも考えられるよう、勉強しようと思います。

 

また本日は村上先輩(S38年卒)にA級ディンギーにて1年生のご指導いただきました。御礼申し上げます。

 

来週で、九州インカレ個人戦までの練習が最後なので、必死で頑張ります!!!

0 コメント

6月23日 練習報告

お疲れ様です。

2年470の神川です。今日の練習報告をします。

 

午前、470はセーリングと合同ショートレースをしました。僕はセーリングだけでました。雨の中の練習は気持ちが沈みがちですがハイテンションで臨むようにしました。

午後は上下回航とロングレースをしました。ロングレースは微風のコンディションでバランスも意識しつつコースも引くのがとても難しかったです。

 

また本日は村上先輩(S38年卒)にA級ディンギーにて1年生のご指導をいただき、金子先輩(H30年卒)には1年生を470に乗せて練習に参加していただきました。御礼申し上げます。

 

個戦まで残りわずかとなりました。土日や平日練習を大事にして悔いの残らないように挑みたいです。

0 コメント

関東スナイプ

こんにちは、四年スナイプの橋口です。

 

このブログは成田行きの飛行機の中で書いております。何用かといいますと、今週末に江ノ島で行われる関東スナイプに参加するためです。今回の遠征の目的は普段の九州の大会では経験できない60〜70艇というインカレに近いフリーの中でのレース経験を積むということです。普段のレースと違う部分を出来るだけ体験し、どうすれば普段通りのことができるのか、ということを考えながらレース中に成長できればと思っております。

また、今回遠征をするにあたってトラック代、エントリー費含めて30万円に近い額を部費から出してもらっています。二日間のレースに参加する為だけにしてはお金がかかっています。なぜ今回の大会にこだわったかというと、これからの関東の大会が日程的に参加できないからです。この費用は決して出場メンバーだけで払えるものではありません。他の部員の払った部費を使って今回の大会に行くことができました。そのことを自覚して必ず払ったお金以上のものを得て、部に還元できるようにします。

 

そして、関東スナイプを終えると個人戦予選が控えています。去年は最後の最後で自分の甘さが出てしまい全日本へ行くことができませんでした。今年はそのリベンジができるよう妥協をせず万全の態勢で挑みたいと思います。1〜6枠全てを九大が埋めることを願ってブログを終わらせて頂きます。

それでは関東スナイプ頑張ってきます!!

2 コメント

happy brith day!

お久しぶりです。
4年の鄭です。


なんと偶然にもブログ担当の日と誕生日が重なりました。
そうです、今日で私は22歳です。
ちなみに昨日は我らが頭脳派スキッパーの衞藤くんが誕生日でした!めでたいですね。
時が経つのは本当に早く、ヨット部での活動も残り130日ほどになりました。
大学1年の時の誕生日で愛宕を5周するという悲しい出来事も、今ではいい思い出です。
これからはレースシーズンに入ることもあり、あっという間に過ぎていくんだろうな、と考えています。

 

そんな昨日もスナイプの積み込みを手伝いにハーバーに行ったのですが、1年生と2年生が熱心に艤装練習に取り組んでいました。
思いつきでコントロールロープを操作するとどうなるかを実演してみたのですが、かなりはっきりと違いが出て、私自身初めて効果を理解できました。
理論はもちろん大事ですが、頭だけじゃなくて実際に目で見ると理解が深まると実感しました。
もし興味がある人はセールアップのタイミングでやってみて下さい。

 

さて、こんな特別なブログ担当なので、何を書こうかなと考えていたのですが(ここからが本題です)、昨日の内藤のブログでスナイプの魅力が紹介されていたので、470チームの魅力も伝えたいと思います。
人数が多いので一人一人の魅力は伝えきれませんが、私はこのチームが好きです。
2年は積極的に質問したり先輩から吸収しようとする姿勢が目立つ学年だと感じています。
質問って勇気がいるもので、何言ってんだこいつって思われないかなと、私でも不安になって聞けなくなることが多々あります。
そんな勇気を持つ彼らは絶対に上手くなると信じています。
最近爆走中の笑顔が可愛い芝、陸でも海でも大人気の感覚セーラー緋那、真面目な理論派で今後が楽しみな英悟、天然で上回航の動作が光る石原、某1年曰くイケメンで寡黙な努力家神川、繊細なスピントリムとハートを持つ平松。
彼らのと今後に期待するとともに、チームを下から思い切り盛り上げて欲しいです。

 

3年は一番クセがあるんじゃないでしょうか。笑
一人一人の色が強くて、それぞれがそれぞれの強い想いを持ってヨットと向き合っているのが伝わってきます。
たまに生意気なところもありますが、彼らと一対一で話すと真剣なところが見られるので、私は彼らと話すのが好きです。
たまに口が悪いけどヨットが大好きな頼れる永野、のんびりしてると思いきやオーバーの時の走りがワールドセーラーっぽい今西、後輩を乗せながら貪欲さを忘れない福本、頭の大きさもクルーワークもピカイチの三上、器用でどんなスキッパーも走らせる近藤、1年を厳しく?教育しながら理論的に走らせる添田、挨拶の声もヨットへのアツイ想いもでかい急成長中の三浦。
今年度の目標達成には3年が不可欠です。
きっと彼らは4年を脅かすような成長を遂げてくれるでしょう。

 

4年の紹介はいらないでしょうが、私はこのメンバーで470チームを引っ張れて本当に幸せです。
一人一人のヨットに対する気持ちの大きさと、勝ちへのこだわりがあるからこそ、日本一を目指したいと思えています。
本当に彼らには感謝しかありませんし、絶対にみんなで日本一を勝ち取りたいです!

 

この誇れるメンバーで470チームとして戦うのは今年が最初で最後です。
最後まで上を見続けて、私たちらしく戦いたいと思います。

 

長くなってしまいましたが、この辺りで失礼します。
最後になりましたが、今日私にお祝いの言葉をかけてくださった皆さん、本当にありがとうございます!
22歳になってもまだまだ未熟な私ですが、どうぞ温かく見守っていただければ幸いです。
今後ともよろしくお願い致します。

0 コメント

スナイプについて

こんばんは

副将の内藤です!

今夜のブログを担当させていただきます!

 

月曜日に僕の地元を震源とする地震があり、ニュースでも大きく報道されました。

幸いにも僕の知り合いで大きな怪我をした人はおらず一安心でしたが、家の中がぐちゃぐちゃになってる人もいてびっくりしました。

うちの実家も物が落ちたりしてそこそこ汚くなったようですが、父が「もともと散らかってたのかなぁ?」という落ち着きのあるボケをかましてきたのでホッとしました。

遠く離れた家族が危険にさらされるって本当に怖いですね。

電話くらいしかできないです。

余震気をつけて!

 

 

さて、今日は一年生が新しくスナイプに配属されたということで、スナイプチーム愛について書きます。

 

まずは軽くメンバー紹介から、、、

と思ったけど多すぎて軽くない!!

 

スナイプリーダー橋口!!!

クセが強い!そしてアツイ!

海上でよくキレますが、それは誰よりも負けず嫌いで練習に本気で取り組んでいる証です。

よく怖がられるけど、たまに優しいので、一年生はそのギャップを楽しめるようになればまあまあいい感じ。

 

四年クルー八並!!!

こいつもクセが強い!

同期に厳しく後輩に優しいです。

八並はツッコミどころがたくさんあるので、一年生は八並をいじれるようになればまあまあいい感じ。(だめやで!)

 

四年スキッパーの風夏!!!

セクシー担当でオシャレだけど、

最近はクルークラッシャーとの呼び声も高いです!

最近気づいたのですが、かなりの負けず嫌いだと思います。

 

四年クルーのみなみ!!!

片言を操ります。

片言からでもアツイ思いが伝わる頼りになるやつ。

 

四年クルーりなこ!!!

ご機嫌な日に話すとめっちゃ楽しいけど、ご機嫌ななめな日は話さない方がいいかも、、、

四年スナイパーズにりなこがいなかったらどうなっていたことか

 

このまま書き続けるとブログを書き終わらないことに気づいたので簡略化して書きます。

 

三年スキッパー槇原!

経験者。

生意気で可愛いやつです。

負けへんで!!

 

三年クルー笹川!

自分の世界をもっていて彼のギャグ大好きです。

一緒に帰るのも好きです。

 

三年クルー都田!

後輩ワークが凄すぎてびびる。

素敵なクルーで素敵な後輩。

橋口さんトリムを行うすごいやつ。

 

三年スキッパー竹中

筋肉がヤバイ。

海上でめっちゃアツイ。

オモロイやつです。

 

三年スキッパー西島

人徳者。

なんでも化学に当てはめて興奮するあたりが面白い。

虎視眈々。

 

三年クルー西山

鼻血やろー

 

三年クルーちーちゃん

変なやつだけど、仕事めっちゃ出来たり地味にハイスペックな人です。

 

二年クルー位田

成績が良くないときにスキッパーを面白い?話で元気付けるなど精神的なサポートが上手いです。

毛が濃い。

 

二年スキッパーまい

経験者。

最近新たなキャラが出来て喜んでいます。

 

二年スキッパー入江

本当に負けず嫌いで、まだ初めて半年ですが、どうやったら勝てるか考えてやってきて成長してます。

 

 

とまあこんな感じの個性が強くてアツイ人間達が集まっています。

基本的に負けず嫌いが相当に強い人間達なので海上では先輩後輩関係なく怒鳴りあって議論を戦わせます。

 

僕が一年生で入った頃からそうでした。先輩方は本当に変わった人が多くて面白い。けど、ヨットに関してのシビアさは異常で、海上ではお互いに嫌いなんだろうなと思う程怒鳴りあい、ミーティングでは涙を流す先輩もいました。普段はそれだけバチバチしていても、飲み会の後半になると必ずアツイ話が始まりお互いに抱き合ったりする。

そんなちょっと変でシビアで強いスナイプチームが大好きです。

 

スナイプチームの最上級生になって思うことは、自分達のスナイプチームでメダルを獲り、このメンバーで笑顔で終わりたいということです。

 

本気でぶつかって、より変でよりシビアでより強いスナイプチームにして行こう!

 

スナイプが九大を引っ張って行こう!

 

0 コメント

主体性

こんにちは。

 

主将の長尾創真です。

 

最近感じていることを書こうと思います。

 

最近なによりも感じるのは後輩の主体性が相当上がってるなということです。

 

日曜日に全体ミーティングで3年生の三上が「4年生に指摘される前にまずは2.3年生が声かけをしよう」と伝えてくれました。

また僕がその後に「解装の時間の時に、時間にルーズになっていないか」ということを全体に話したのですが、全体が解散した後に3年の都田がわざわざ僕のところに来て、「ルーズになってしまったのは〇〇な理由があるんじゃないですか?」と伝えに来てくれて僕が見えていなかったポイントを教えてくれました。どうしたら改善できるかも考えてきてくれるようなので楽しみにしています。

 

少し前に予備セールの管理がずさんになっていたところがあったのですが、 その時も2年の市川が「そうまさん、表みたいなの作ったら良いんじゃないですか??」と言ってきてくれて、僕が2年の時よりよっぽど立派だなと感じました。

 

他にも、衛藤が前のブログで書いていましたが理学部棟ミーティングに参加してくれた後輩も何人もいます。昨日も3年の西島と添田が参加してくれました。参加したいと言ってくれる後輩もいます。嬉しいです。

 

3年生は永野を中心によくミーティングをしていて、問題点を沢山だしてくれています。聞いた話によると3年の中でバディーを決めていて、お互いにそのバディーが声を出しているかなどをチェックすることもしているようです。そんな工夫ができるのって良いなと思います。

 

三畏閣は2年生が全て準備してくれました。上手くいったこと上手くいかなかったことが色々あるかと思いますが、今後に活かしてほしいです。

2年生は主体的に質問する代なので、ヨット技術の成長が著しいですし、これからもどんどん成長してくれると思っています。

 

それぞれが自分の持ち味を発揮してくれています。

 

後輩がそうやって声をあげてくれるようになっているのはすごく嬉しいことだなと思っています。僕は本当に運が良いです。チームのメンバーに恵まれています。リーダーがいなくてもなんの問題もないチームが良いチームだと僕は思っているので、良いチームになってきているなと感じています。(僕が存在感ないわけではないです。たぶん。笑)

 

日本一になるために何ができるのか、全員が日本一になるための行動ができるようになれば更に上のレベルへ行けると思っています。

完成度の高い服(前々回の衛藤のブログ参照 ‭https://qyacht.jimdo.com/2018/05/14/完成度の高い服/‬)を作り、11月に蒲郡で全員で優勝旗を掲げようと思います。

 

日本一になりましょう。

 

それでは。本日はここまでです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

0 コメント

三畏閣を勝手に総括

こんにちは。

4年の平井です。

 

今日はくどいようですが先日の三畏閣新歓(一発芸部門)の内容について、振り返っていきたいと思います。

1年生は知らないかもしれないので書きますが、「三畏閣」とは箱崎キャンパスにあった建物のことです。(解体されたので私も知りません)

そこで代々行われていたことが由来ですが、ここ数年ら箱崎キャンパスの食堂で行われていました。そして今年から、伊都キャンパスの亭々舎で開催されたということです。

これからは三畏閣新歓ではなく亭々舎新歓と名前が変わるのでしょうか?

 

さて、その内容に移ります。

 

まず、1年生の傾向として、痛いのを我慢する系のネタが多く体を張ることでなんとかしようとする姿が多くみられました。この人たちは、来年に期待です。

 

あとは正統派な漫才、少し緊張していたようでしたが面白かったです。足立くんには私がやってほしかったネタがあったので、またの機会に見せてくれるでしょう。

 

女子選手3人はドラえもんになってシュールなダンスを展開しました。

これも面白かった。

 

そして1年スタッフの出し物、これはみんなの期待を良い意味ではるかに上回る出来でした。今年のベストチームだと思います!勢いもあり元気で◎。

 

次に2年生の有志は、平松と高橋英悟と神川。

平松は、小島よしおとして頑張っていました。ヨット部に入らなかったら、彼は絶対こんなことをするような運命ではなかっただろうなとしみじみしました。

 

高橋英悟は私がリクエストしました。

彼はいつもかっこいい立ち振る舞いをしているので、さらに成長してもらいたいと思ったからです。

成長したと思います。

ただ強いて言うなら、ネタの密度も高めてほしかった。来年に期待です。

 

最後に神川。

面白かったので、浄化されたでしょう。

1年生の皆、これが体を張るということですよ。

新しい恋に向けて頑張ってください。

 

以上が三畏閣新歓(一発芸部門)の講評と私の所感です。

自分の殻を破って披露することは、緊張したかもしれませんが、これで皆から顔を覚えてもらいうまくいけば良いポジションにつける(?)非常に良い場であると思います。

みんなお疲れ様でした!!

 

さて、お楽しみは一瞬、ヨット部は次の目標に向かって練習をしています。

全日本インカレ個人戦に少しでも多くの艇が出場できるよう、いろんな面で少しでも良くなるよう頑張っていきたいと思います。

 

0 コメント

6月17日 練習報告

こんばんは。

2年スナイプの位田雅治です。

本日の練習報告をいたします。

 

午前は上下回航と合同ショートレースをしました。

中風のコンディションでいつも通りの実りのある練習ができました。

午後は470、スナイプ共にロングレースをしました。

ブロー差が大きい海面で難しいセーリングとなりました。

 

また本日も村上先輩(S38年卒)に、1年生をA級ディンギーに乗せてのご指導をいただきました。誠にありがとうございます。

 

昨日から今日にかけて、微風から強風まで幅広いコンディションで練習できました。

それぞれの風域で発見があり、同じ風のなかなか吹かないヨットというスポーツにおいては1日1日の練習が大事だと再認識しました。

個戦も近いので、体調に気をつけて頑張りたいと思います。

 

それでは失礼します。

0 コメント

6月16日 練習報告

こんばんは

2年470の髙橋英悟です。

本日の練習報告をします。

 

午前は470、スナイプで合同ショートレースをしたあと470は上下回航スナイプはセーリングをしました。

午後は470はセーリングをしたあとに上下回航、スナイプは上下回航をしました。

風が強かったのでロングレースはしませんでした。

食当はなんとオムライスでした!とても美味しかったです。

 

また、今日は村上先輩(S38年卒)にA級ディンギーに1年選手を乗せていただき、午後からは河原田先輩(H30年卒)にご指導いただきました。ありがとうございました。

 

今週は七大戦結団式、三畏閣新歓とイベントがありなにかと忙しかったですが、九州インカレ個人戦まで練習日はあと5日しかありません。残り少ない練習を1日1日大切にしたいと思います。

 

また、今日は強風でトラブルも多かったのでしっかりと整備をして明日の練習に臨みたいと思います。

それでは失礼致します。

0 コメント

バトルタワーミーティング

こんばんは。

4年470の衞藤です。

 

昨日は三畏閣新歓でした。会が始まった瞬間は少し不安を覚えましたが、すぐに杞憂だと分かりました。1年生はみんな面白いネタを披露してくれて、ずっと笑い続けている間に2時間弱の会はあっという間に終わってしまいました。個人的にはスタッフ陣が印象的でした。みんなの予想を良い意味で裏切ってくれました。来年から社会人なので、自分も見習わなければ、、

 

さて、今日のタイトルについてです。最近は週1回、理学部棟でミーティングをするようにしています。主にヨットに関することについて、ペアの長尾と後輩数人と1-2時間程度話しています。テーマは毎回異なっていて、土日の練習の反省をする日もあればヨットの技術的な話をする日もありますし、普段の考え方・姿勢について話す日もあります。今週は「現状に満足してしまってるときはどうしたらいいのか」というテーマで話しました。

僕は普段練習している中で、何となく自分はわりと上手くなったんじゃないか、とかこれ以上どこを改善していけばいいのかいまいちわからない、という時期がときどきやってくるんですが、似たような経験をしたことがある人はどれくらいいるのでしょうか?

冷静に考えたら自分の実力なんて全然大したことないはずなのに、何となく現状に満足してしまっている瞬間がどうしてもあります。この状態では絶対に上手くならないと思うのですが、ある問題がその状態から抜け出すことを邪魔しているように思えて、、

詳しい話は割愛しますが、この話をしたときの参加メンバーは僕と似たような経験があったようで、彼らなりの考えや抜け出すための具体策などをたくさん出してくれました。

ミーティングの中で感じたのは、言い方は悪いですが意外と後輩もしっかり考えてるんだな、ということです。こちらが質問をしたときに自分の考えをきちんと伝えてくれて、自分が後輩だった頃に同じことができただろうかとか考えながら話を聞いていました。実際に今週のミーティングでも後輩から核心を突くような意見が出て話が大きく前に進むシーンがありました。当たり前ですが良い意見を出せるかどうかに先輩も後輩も関係ないな、と感じさせられる時間でした。

このミーティングはこれからも毎週続けていくつもりです。もしこのブログを読んで興味を持ってくれた後輩がいたら、ぜひ積極的に参加してください。待ってます。

 

個人戦予選まで1ヶ月を切っています。この大会の結果はインカレまでの過ごし方を大きく左右するものになるのではないかと考えています。絶対に前を走って、インカレに向けて大きな弾みをつけたいと思います。

 

それでは失礼します。

0 コメント

七大戦結団式

こんにちは、4年スナイプの比嘉です。

 

昨日、九大の部活動が集い、七大戦結団式が行われました。

その中で、七大戦全参加選手の代表として、ヨット部主将の長尾が挨拶をしました。とても光栄に感じると共に、周囲から注目されている負けられない戦いなのだと再確認し、身が引き締まる思いになりました。

 

結団式のトリは、応援団の演舞です。

ヨット部は、毎年何度か応援団に応援してもらっています。そのため、今年は部員が増えたなとか、団長が替わっているなと親近感を持ちながら見ています。

 

その中で一際目立つ女子の団員がいます。キレの良い挨拶でハプニングを笑いに変え、一人でマーチを演奏し切り、誰よりも大きな声が響きます。

たった一人の女子ですが、圧倒的な存在感があり、見ている人を感動させる力を持っています。

 

競技は違っても、全力の人はこんなにもかっこいいのだと気付かされました。

 

いつも応援ありがとうございます。

私も彼女に負けていられないですね。

0 コメント

明日は三畏閣

こんばんは。4年470の宮田です。

 

 

一昨日、初めて受けたTOEICの結果が開示されました。目標点数には届きませんでしたが、初めてにしては悪くない点数だったと思います。堀くんや内藤くんも受けていたのですが、どうやら僕の方が良い点数を取ったみたいです。今月にもう一回だけ受けるつもりですが、次こそは目標点数を超えたいですね。

 

さて、明日は待ちに待った三畏閣新歓です。新入部員が数名ずつグループを作り、渾身の一芸を披露します。今後のヨット部人生を大きく左右する(かもしれない)一大イベントなので、一年生には自分をアピールするチャンスだと思って頑張って欲しいですね。昨年の三畏閣だと、僕のお気に入りは芝くんです。彼はあの場で文字通り頭一つ飛び抜け、現在陸上でも海上でも大きな存在感を示しています。今年の一年生の中からもきっとスゴいことしてくる人が出てくるのだろうと、とても期待しています。

 

いやあ、ほんと楽しみ。

 

ちなみに、今年は伊都キャンパス亭亭舎での開催となります。大いに盛り上がることも大事ですが、怪我人が出ないか心配です。

 

それではこの辺りで失礼します。

0 コメント

なつみについて

こんばんは。

四年マネージャーの奥野裕貴です。

今日は昨日誕生日を迎えた私の同期マネージャー、平井なつみさんについて書きたいと思います!

1、2年生の頃は同期の誕生日となるとみんなで集まってケーキを食べたり誕生日会をしたりしていたのですが、最近みんなそれぞれ忙しくなり大人数でお祝いすることはほとんどなくなってしまいました。少し寂しいです。

 

さて、さっそく22歳になったばかりのなつみについて書きますね。私はなつみと話すのがとても好きです。いつも面白い話を提供してくれます。最近なつみはクリーニング屋さんでバイトを始めたらしいのですが、クリーニング屋さんのバイト仲間の話がすっごく笑えます。気になる方はぜひなつみに聞いてみてください。彼女の周りにはなぜそんなに面白いことが転がっているのか不思議になるほどなつみは面白い話をしてくれます。きっと何の変哲も無い日常を、楽しく生きるための術を持っているのでしょう。

 

また、私は同期マネージャーによくムダ絡みしますが、なつみには割と冷たくあしらわれます。しかし、ごく稀に相手にしてくれて、ごくごく稀になつみからムダ絡みしてくれることがあります。なんて駆け引き上手!!おかげで私はなつみに何度冷たくあしらわれようと、懲りずに挑戦したくなるのです。

 

次に、なつみの責任感が強いところを私は尊敬しています。なつみは現在人事部という部署で、九大ヨット部がより良い組織になるための方法を考えてくれています。少しでも部が日本一に近づけるようたくさんの取り組みを考え、努力しているなつみを見ると、私ももっと頑張らなきゃと思えます。

 

なつみは私の中の美脚ランキングでトップ3に入るほどの美脚の持ち主です。足が長く、細すぎず程よく引き締まっていて、とても憧れます。羨ましいです。ジャージを着ていると分かりづらいのですが、ふとした瞬間にすごく感動します。

 

なつみを褒めすぎて、次会うときが少し恥ずかしく感じると思いますが、皆さんにすこしでもなつみの魅力が伝われば幸いです!

22歳、おめでとう!(^o^)

0 コメント

W杯

こんにちは。

4年470の古賀です。

 

今日はあいにくの雨です。早く梅雨明けしてほしいです。

 

昨夜のことですが蒲郡、マイアミ、イエールと続いてきたセーリングW杯の最終戦のメダルレースがマルセイユで行われていました。このレースはLive配信されていて視聴可能でしたので、昨夜470の同期何人かと一緒に視聴していました。W杯のメダルレースというハイレベルな状況でトップを走る岡田・外薗ペアを見てとても興奮しました。海外の大会で日本の選手が前を走るのはやはり嬉しく感じます。

 

また、今年は4年に一度のサッカーのW杯も開催されます。高校時代サッカーをしていた自分にとってW杯があるのはとても楽しみです。2002年の日韓W杯から見ていますが、本田選手の無回転FKやチャンピオンズリーグを3連覇したジダン監督の選手時代の頭突きやコロンビア代表のハメス・ロドリゲス選手のスーパーボレーシュートなどW杯にはたくさんの思い出があります。今年のW杯ではどのような名場面を見ることができるのかとても楽しみです。4年前のW杯は受験生だったこともあり、あまり見れなかったかので、今年はゆっくり色々な試合を見れると思ったのですが今年は大学院の受験がありました。また今年もゆっくり見ることはできなさそうです。

 

それでは失礼します。

0 コメント

6月10日 練習報告

こんばんは!

2年スナイプの川野です

 

本日の練習報告をいたします

 

今日は午前中は大嶋さんにお越しいただき、470の上位艇はセーリングをみていただきました。

 

スナイプは午前中は上下回航をしたあと、470の下位艇と一緒に合ショートレースを行いました。

 

午後は風が上がり、いいコンディションの中、下上練習のあとロングレースを行いました。

 

本日も村上先輩(S38年卒)がA級に1年生を乗せてくださいました。

ありがとうございました。

 

 

今週は二日間ともよく風が吹いていい練習ができました。

しっかり身体を休ませて、明日からもトレーニングに励みたいと思います!!

0 コメント

6月9日 練習報告

こんばんは。
2年の芝です。
今日の練習報告をさせていただきます。

 


今日は岡部会長(S57年卒)にお越しいただき、一日を通して主に42条違反に関する指導をしていただきました。

午前はセーリングとショートレース、午後は上下回航とロングレースと、様々な場面で42条違反をしていないか、レスキュー艇から見ていただきました。意外と笛を吹かれている艇が多くて、パンピングにおいて意識しないといけないことを見つけることができました。

着岸後はルールに関する講義をしていただきました。今日初めて知ったルールも多々あり、とても学びの多い一日となりました。
ルールを理解しただけで勝てるわけではないが、ルールを理解していることは大きな武器になると今日岡部会長はおっしゃっていました。これからもルールについてしっかり学んで、それを自分の武器にできるようにしたいと思います!

 

そして本日は村上先輩(S38年卒)がA級に1年生を乗せてくださいました。

また、河原田先輩(H30年卒)にレスキュー艇よりコーチングを、金子先輩(H30年卒)には1年生を470乗せてレース練習に参加していただきました。

ありがとうございました。


今日は強風で疲労困憊なのでしっかり寝て明日の練習に備えたいと思います。

 


失礼します。

0 コメント

インサイドアウト

こんにちは!

4年スナイプの荒河風夏です。

日に日に日差しも強くなってきて平日も日焼け止めが欠かせない時期がやってきました。

 

そして、完全に私事なのですが、ついに!原付を手に入れました。伊都から姪浜までをはしったのですが、ふと、1年生の時にこの道を必死に自転車を漕いで、ハーバーへ向かっていたことを思い出しました。片道約30分、暑い日にも雨の日も風の吹く日だって、ギリギリに出ては遅刻と戦う日々でした。笑筋トレ続きではありましたが、それでもヨット部が大好きだったので、どんなに疲れててもこの道をたまには歌も歌いながら通っていました。不思議なことに全然辛くはなかったです。こないだから入部してくれた1年生も同じように通っているひとも沢山いると思います。マネージャーの子でさえも自転車できていたような気がします。彼らにも、このくらいの道のりは苦ではないと思えるような部活になれているでしょうか。

どこかの哲学者が「世界を動かそうと思えば、自分を動かすことから始めよ。」と言っていました。ソクラテス、、ですかね、、。他人や環境からの変化を待つのではなく、自分から主体的に動いて経験すること初めて他者や、環境をコントロールできるという考え方です。アウトサイドインではなくインサイドアウトの考えと言うらしいです。

部全体でこの考え方をもって、全員が部を変える力を持てるくらい主体的で、目標に向かって努力できるチームを目指したいです。そんな部活であればきっと、30分の道のりも苦じゃなくなるくらい魅力のある部活になるはずです。

ま、私は原付でピュッーと通り過ぎたんですけどね笑

 

また先日は女子選手会がありました!

私が一年生の時にも開催してもらい、毎年続いているのもです。女子選手もこれからもっともっと盛り上がっていきますよー!

 

0 コメント

人と人と

 

いつもお世話になっております、4年スナイプの八並克憲です。

 

今回は最近あった話をさせていただきたいと思います。

 

先日、父親の十七回忌の法要に佐賀に行ってきました。数えで十七なので、満十六年経つそうです。自分が幼稚園の時に亡くなったので、数える程しか父の記憶はありません。物心ついた頃かな?って頃の自分の記憶を懐かしみながら供養してきました。

 

正月も盆も、誰かが部活や試験があって揃わなかったんですが、父の法事で家族4人が久しぶりに揃いました。(写真は撮りましたが僕の天然パーマが暴れていたのでお見せできません)

自分の天然パーマは父譲りで、風がある時は常に帽子かフードを被ってないと荒れていきます。

 

小話ですが、「インデペンデンス・デイ」に出てたジェフ・ゴールドブラムととてもそっくりな気がします。小学生の頃、「テレビに父さん映ってる!」って兄と2人で母の所に走っていって父の写真と何回も見比べました(笑)

 

 

また数日前、高校の時の後輩くんとご飯に行きました。

伊都キャンパスですれ違えば「ウィッス」と生意気な挨拶してくる様な後輩くんですが、彼が九大に合格した日にお祝いに一風堂ご馳走したのを覚えてたんでしょうか、

「またメシ食い行きましょうよ!」

と僕が九大広報に載ってる写真と一緒に連絡をくれたんです。

 

実はこの時とても嬉しく感じました。高校の運動会で一緒に運営を頑張った後輩が、しばらく連絡を取っていなくても理由はなんであれ、ご飯に行こうと頼ってくれたからです。

 

後輩くんとご飯に行ってから考えるのは、しっかり後輩は先輩に積極的に頼る事、先輩はその後輩に誠実にしっかり応える事が大事だということです。先輩も頼られると嬉しくなりますし、後輩は遠慮することなく頼っていきましょう。

これからも自分から動くんだって気持ちで頑張って行きます。

 

読んでいただきありがとうございました。

     



2 コメント

心機一転

こんばんは。

4年マネージャーの立野舞也佳です。

 

ここ最近は、比較的穏やかな毎日を過ごしています。就活も落ち着き、授業もほとんどありません。要は暇です。

ですが、ずっと落ち着いたらやろうと思っていたことがあります。それは家の大掃除です(笑)私の家は綺麗でもなければ、ものすごく汚いわけでもありませんが、4年も住んでいると物が増えて増えてなかなか片付かなくなっていました。そのため、最近はばんばん物を捨てて片付けています(笑)少しずつ家が片付いていって、スッキリしているところです。断捨離ってし始めたらハマりますね。次ブログを書く頃には完璧に片付いていることを祈ります(笑)

 

時間があるので、先週は平日練にも顔を出しました。平日練に出ている選手以外にも、整備をしに来ている選手がたくさんいて、みんなの努力を知りました。先日堀のブログにも書かれていたとおり、来月頭には九州インカレ個人戦を控えています。今年度全員が出場できる大会はこれが最後になるので、上級生はもちろん、下級生も頑張ってほしいなと思ってます。マネージャーとして私もできることは頑張らないといけないですね。

 

家も片付けてスッキリして心機一転(?)、私の残り約5ヶ月のヨット部生活充実させていきたいなと思ってます。

 

 

0 コメント

リベンジ

こんにちは。

4年470クルーの堀といいます。

先日自分のブログは簡単すぎると言われたので、今回は少し頑張って書こうと思います。

 

6月に入り個人戦予選まであと約一か月となりました。その残り日数は、実は自分の誕生日までの残り日数と同じです。

この誕生日には、大きな苦い思い出があります。それは高校野球最後の夏の大会初戦です。対戦相手は春の公式戦であたり、接戦の末負けた相手でした。絶対にリベンジするとチーム全体で盛り上がり、初戦を突破しようと意気込んで臨みましたが、結果はコールド負けの惨敗でした。チーム全体として、練習してきたことを試合で発揮できなかったかことが原因でした。

この日から、誕生日を迎えるたびにその日のことを思い出します。練習の時からもっと本番を意識できていれば、もっと前もってシミュレーションしておけば、本番で100%の力を発揮できたのに、と後悔ばかりです。

 

しかし、今回この誕生日の悔しい思い出を晴らすチャンスが来ました。個人戦予選はこれから最後のインカレまでの期間を大きく左右する大会です。去年は2番艇で出場したにも関わらず、ひどい結果を残してしまい、悔しい思いをしました。因縁の多いこの大会で宮田と前を走り、最高の誕生日にしたいと思います。そして、陰で支えてくれている両親に吉報を送りたいです。

 

 

0 コメント

熱中症に気を付けよう

こんばんは!
練習安全部長の小田野々花です。

ここ最近のニュースと言えば、先週土日に開催されました第28回全日本A級ディンギー選手権大会における村上光一先輩(S38年卒)・伊藤仁(1年生)ペアの優勝です。2連覇です。本当におめでとうございます。嬉しさと誇らしさと尊敬の念がこみあげてきます。自分たちも先輩方に負けじと日々練習を積み重ねてゆかなければならないと思いました。

最近はいろいろなことが起こったり行われたりしてブログに書きたいこともたくさんありますが、本日のテーマは

「熱中症に気を付けよう!」

です。

5月に九州大学伊都キャンパスの椎木講堂にて開かれました「課外活動における安全対策講習会」に新入生と4年生の一部で参加して参りました。その中でも私が特に関心があった熱中症について書きます。

これからの季節、身近に起こるであろう熱中症予防のポイントは

①体調をととのえよう
 (水分補給、塩分補給、食事、睡眠)
②暑さを避ける工夫をしよう
 (帽子、涼しい服装、日陰選びなど)

の2つです。

 普段からよく寝てよく食べて、帽子をかぶって涼しい服を着て、トレーニングはなるべく日陰で行わせたり、各練習の合間に水分補給を促したり、塩分を摂取できるような飴を持ち歩いたり、いろんな工夫を凝らして暑い練習を乗り切ろう、乗り切らせようと思いました。

 

 

0 コメント

こんばんは。
3年470の衞藤淳平です。

気がつけば9月も終わろうとしています。1ヶ月前までは毎日練習で2Lのペットボトルを飲み干すほど暑かったのに、最近は気温も下がってきて1mmのウエットでは少し寒さを感じるようになってきました。時間が経つのは早いです。

さて、今日から九州インカレ団体戦が始まりました。全日本インカレの出場権をかけたこの大会は、各大学のこの夏までの成果が問われる大会です。全日本インカレ総合優勝を掲げて練習に取り組んできた僕たちとしては、完全優勝して全日本へと勢いをつけたい大会でもあります。

大会初日の結果はと言うと、、
現在両クラスともに首位に立っています!
470,スナイプともに2Rが実施され、470クラスは同点で1位、スナイプクラスは2位と大きく水をあけての1位となっています。特にスナイプクラスは第2レースで1,2,3フィニッシュを決め、初日は完璧な滑り出しと言えるでしょう。明日以降も気を緩めることなく、当たり前のことを当たり前にして首位をキープできればと思います。

明日もレースなのでこの辺りで終わろうと思います。明日も良い報告ができるように気を引き締め頑張ろうと思います。
それでは失礼します。
おつかれさまです!
3年マネージャーの小田  野々花です。
全日本インカレ団体戦レース3日目の報告をします!

本日は8時55分にD旗が掲揚され、小雨が降ったりやんだりする中出艇しました。11時頃までは5〜10knotの風が南西から北風へとまわるような状態でしたが、11時を超えたあたりから20knotの風が吹き荒れ、全艇ハーバーバックとなりました。

レースはゼネリコを繰り返してスタートがうまく行かなかったところに前線がやってきたため470・スナイプ共に1レースも消化することができませんでした。


前線の勢いはすさまじく、ラバーが海上でひっくり返ったり艇体放棄した学校もあったそうですが、九大チームは万全のサポート体制で人命・艇共に無事にハーバーに戻ることができました。

万全のサポートができたのは、3艇ある(2艇は小戸から運送し、1艇は現地でレンタルしています)レスキュー艇全てにOBの先輩が乗ってくださって的確な指示を出してくれたり、陸で待っているサポートメンバーが万全の準備をしてくれたり、陸同士・海同士・陸と海の連絡がしっかりととれていたためだと思います。

本日は北詰有人先輩(H27年卒)、田中航輝先輩(H28年卒)、田中神風先輩(H28年卒)、森俊介先輩(H28年卒)、牧野碧依先輩(H29年卒)に海上にてご声援いただきました。平畑監督(H1年卒)、桑野奈津子先輩(H25年卒)、大村聡信先輩(H27年卒)、平松和弥先輩(H27年卒)、秋庭広大先輩(H28年卒)、戸田咲絵先輩(H28年卒)、樽谷俊彦先輩(H29年卒)、安部裕也先輩(H29年卒)、後藤明希子先輩(H29年卒)、月原健太郎先輩(H29年卒)、中野裕太先輩(H29年卒)、矢島ひかる先輩(H29年卒)、安部瑛美夏先輩(H29年卒)、中川内希先輩(H29年卒)にはハーバーにてご声援いただき、奥西直樹先輩(H25年卒)、村上広司先輩(H27年卒)、谷川琢也先輩(H27年卒)、桑岡育先輩(H29年卒)、冨田大貴先輩(H29年卒)、篠崎愛先輩(H29年卒業)からは差し入れをいただきました。心より御礼申し上げます。
また、岡部幸司先輩(S57年卒)には運営としてご協力いただきました。重ねて御礼申し上げます。


色んな事件が起こり、ピリつく場面もありますが、こういう時こそチーム力が試されているような気がしてやる気がいっそう増します。


明日も、いや今夜から、チーム一丸となって頑張ります。当たり前のことを当たり前にできるようにしっかり準備します。



明日は7時55分D旗掲揚予定です。明日の朝に備えてしっかりと休養を取りたいと思います。ご声援のほど、よろしくお願いします!

それでは失礼いたします。