くしゃみにも負けず、鼻水にも負けず

こんにちは。

4年マネージャーの岩原桃子です。

さけるチーズはさかずに食べる派です。

 

先日、春一番が吹いたようですね。出艇しても「お、今日は暖かいな」と思う日も多くなり、新しい季節の訪れを感じます。

 

が、春一番は全く余計なものまで運んできました。皆さんもうお察しですね、そう、花粉です。

 

今年の花粉は例年の◯倍です!と、メディアは毎年のように煽っていますが、今年は私も本当に多いように感じます。

 

鼻水・くしゃみ・目のかゆみといった基本ダメージはいうまでもなく、コンタクトが入らない・化粧が崩れるなどの無料オプションまでついてくる始末です。

 

一番酷いと、鼻をかみすぎて鼻血が出るレベルです。

私はマネージャーでレスキュー艇に乗っているので鼻水や鼻血が出ても対処できますが、もしヨットに乗っていたらどうするんでしょうか。垂れ流しでハイクアウトするんでしょうか。

 

しかし、不思議なことに家では箱ティッシュを手放せないのに、出艇している時はそれほど症状が気にならないのです。やはり気の持ちようというか、何かに必死で花粉症どころではない!という状況ではあまり気にならないように感じます。

 

自慢ではないですが、小学校1年生から花粉症と付き合っている古参からすると、花粉症がこんなに騒ぎ立てられるようになったのもここ数年ですよね。恐らく、経済学的には優秀なコンテンツなんだと思います。毎年必ずやってくるし、患者にとっては切実な問題なのでお金は厭わないし。

 

批判をしているわけではなく、日本経済のたくましさに感心しているのです。

 

私もそのたくましさの恩恵を充分に活用し、花粉ごときに海上運営の質を左右されないようしっかり対策していきたいと思います。ついでに日本経済も回してあげようと思います。

 

 

写真は先日ゲットしたニューグッズです。早速、明日の部活から使います!

続きを読む 0 コメント

2月22日 練習報告

こんばんは!

2年マネージャーの中野里砂です。

 

本日の練習報告をいたします。

今日は午前中風がなかったためサークリングから始め、その後両クラス上下回航とショートレースを交互に行いました。午後は両クラスロングレースを2本行なった後、タックジャイブ練を行いました。

 

さて、今月のブログテーマは「春練習で身につけたいこと」です。私の春練の目標はマネージャーとしてレベルアップすることです。春練が明けると新歓が始まり、この前入部したばかりの私達にもついに後輩ができます。今までは色々なことを教えていただく立場でしたが今後は教える立場になっていくので、良いお手本になれるよう今から頑張りたいこととして大きく3つ上げていこうと思います。

 

1つ目は部署の仕事です。私は会計部に所属しており、春練中の新人戦から遠征会計という仕事を任されることになりました。今までは主にエッセンというご飯代を部員の方々から徴収する仕事をしていましたが、より大きなお金を扱う遠征会計係になることで責任も大きくなります。今でもエッセン回収の仕事が完璧にこなせているわけではないので、今後仕事を引き継ぐ後輩にしっかり伝えられるように頑張りたいと思います。エッセンを取りたてるのは毎回勇気がいるので、これを読んだ選手の方は自分から払いに来てくださると大変ありがたいです!(笑)とにかく今は間近に迫る遠征会計が大きな仕事で、今回は先輩が一緒に仕事をして教えてくださるので、今後の遠征会計で困らないようしっかり学ぼうと思います。

 

2つ目はレスキューの運転です。先日私もなんとか無事に船舶免許の試験に合格したので、今後はレスキューの運転をさせていただく機会も増えると思います。運転をする人は乗ってる人の命を預かっているので、まずは安全第一でかつ練習がスムーズにできるよう、先輩方の運転をみて学びたいです。今日も運転をさせていただいたんですが、先輩方に一つ一つハンドル操作を指示していただかないとまともに運転できない状況だったので、もっと練習を積んでうまくなりたいです。

 

3つ目は食当です。私は最近料理を練習しています。実家に住んでいるので何もしなくても美味しいご飯が出てくる状況で今までまともに料理をしたことがなかったんですが、最近食当に同期マネージャーだけで入ることも多く、メニューを考えるのも料理をしてこなかった私には思いつかないため一苦労です。やはり普段料理をしない人間がいきなり何か作ると美味しくできるかわからないので、最近は家で食当の練習としてたまに料理を作っています。長期休暇中は春練のように練習回数が多くなるので食当の回数も多くなります。また新入生が入ってきたら自分でメニューを考えて指示を出すようになります。なので後輩や選手たちに「この人またこの料理か」と思われないように、食当メニューのレパートリーを増やして美味しいご飯が作れるように今から練習していきたいです。

 

3つも上げてしまって欲張りかとも思いましたが、でも頑張るにはまず目標を立てないと始まらないので大目に見ていただけると嬉しいです。あと一週間もすれば2月も終わり、すぐに新人戦がきますが、春練最後までできることを頑張ってマネージャーとしてレベルアップした状態で新入生を迎えたいと思います。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

失礼致します。

0 コメント

2月21日 練習報告

こんばんは。

2年スナイプスキッパーの伊藤です。

本日の練習報告をします。

 

本日は微風からハイクアウトにでる風のなか、スナイプ470共に、上下、ショートレース、セーリング、ロングレースを行いました。

 

 

さて、今回のブログテーマは「春練で身につけたいこと」です。僕は高校からヨットをしています。そう言うともう動作などはそれなりにこなせそうなどと思われるかもしれません。しかし、僕は高校時代420級のクルーをしていたので、420とは全然違うスナイプの、しかもスキッパーとなるとわからないことだらけです。

そこで、12月からスキッパーを始め、春練までの目標としているのが船のことだけに集中し、レースで戦えるボートスピードを手に入れることです。その中で今、課題としているのが上回航と下回航です。

 

大きく入って小さく出る。

 

これはマーク回航の基本ですが、それをしようとするあまりティラーを使いすぎたり、メインが風にあっていなかったりなど気をつけるべきポイントは沢山あります。これが、できていないとマーク回航で船が止まってしまい、他の船に対してゲインを与えてしまうだけでなく自分を不利な状況に置くことになってしまいます。船をなるべく止めずに綺麗にマークをつめて回れる。この再現性を高めていきたいです。

 

ありがたいことに12月から4年生の都田さんと乗らせていただけているので、このチャンスを生かし、レースを戦う上で必要なことを1つ1つ身につけていきたいです。

 

明日は部内レース前、最後の海上練習となります。

ここ最近飛び始めた花粉に陸では苦しめられているので、なぜか花粉から解放される海上での練習を頑張りたいと思います!!

 

これで練習報告を終わります。

失礼します。

続きを読む 0 コメント

2月20日 練習報告

こんばんは。

2年スナイプクルーの佐田です。

本日の練習報告をします。

 

本日は、強風の中での練習でした。470は、上下回航、スナイプは、タックジャイブ練の後、上下回航を行いました。昼着岸後、風が吹き上がったため出艇は見合わせ、ミーティング後、ヤフオクラン二ング行いました。

 

 さて、今月のブログのテーマは「春練で身につけたいこと」です。たくさん身につけたいことはありますが今回は2つ挙げたいと思います。

 1つ目は、濃い経験をすることです。新人選手は本格的にディンギーに乗るようになって、長期間ほぼ毎日練習に取り組むのは春練が初めてです。僕はこの春練は大きく成長するための期間だと思います。そのためにも濃い経験が必要だと思います。以前、大井さんが講義の中で仮説を立て、上手くいって初めて体験となり、それを積み重ねることで経験となる、とおっしゃっていました。僕もこれを意識して春練に取り組みたいと思います。

 

2つ目は、ヨットについて熱く語れるようになるくらいヨットに向き合うことです。先日カタリバを行った際のテーマに「なぜヨット部に入ったのか」がありました。僕がヨット部に入った理由を思い起こすと、新歓のときに、ヨットのことを熱く語っていた部員の方たちに心ひかれたからでした。僕ももうすぐくる新歓の時期に熱く語れるくらいヨットに向き合いたいと思います。

 

今日は第3タームの初日でしたが、強風とヤフオクラン二ングで多くの選手が疲れが溜まったと思います。しっかりリフレッシュして明日の練習も頑張っていきます!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

失礼します。

0 コメント

活動の裏側になってはいけない!

こんにちは。三上です。

 

すでに春練2タームが終わっています。早いです。かと思えば、もう2019年の2月も終わりです。ついこの前、年越しだったじゃん!と思うとともに、この調子で春練が終わり、すぐに新歓が訪れるのかぁと時の流れの早さに少し寂しく思っております。

 

そんなあっという間な2019年でも九大ヨット部では大小様々ではありますが、新たな取り組みをいくつかしています。

 

今回はそのうちのひとつについて。このブログでも少しだけ触れられていましたが、改めて紹介させてください。

 

全体バイトについてです。

 

九大ヨット部ではオフ期間に各部員がそれぞれお金を貯め、練習始めに部費を納めることになっています。ここ数年は、オフ期間のバイトは各部員任せで、その負担も大きかったです。そこで今年は練習日の一部を全員でバイトをする日として、オフバイトの一部を減らすとともにみんなでヨット部の活動費を賄うアルバイトをしました。

 

そこで、今年ヨット部として、サカイ引越センター様にお世話になりました。昨年11月末頃から話し合いを進めさせて頂き、先日全体バイト1回目を行いました。

 

個人的に感じた良かったことは2つあります。

 

1つめは、普段海で共に練習する部員と一緒に働けたことです。部費を稼ぐことはどうしても活動の裏側になりがちでした。ですが、部費がないと活動できないのも事実です。部費を稼ぐことがヨット部のネガティブな面になっている現状ですが、やはりヨットをすることと同様に大切なことです。全員が同じ思いでアルバイトするこの時間は普段のオフバイトよりも一層気合いが入ったとともに、自分たちの普段の活動のありがたみを改めて考える大変良い機会になりました。また、アルバイト終了後に今日あった出来事などを同期や後輩と話す時間も実は楽しかったです(笑)練習日ではありましたが、全体バイト日に変えたことは大きく意味がありました。

 

2つめは、サカイ引越センター様に大変良くして頂いたことです。大人数が一度にお世話になるだけでもかなりの迷惑がかかるにも関わらず、打ち合わせの段階から多くの時間を割いて頂きました。また、当日も引越作業が始めての部員が多いなかご指導頂きました。部員を代表して、この場を御借りして感謝し申し上げます。

 

今後の全体バイトですが、春練終盤でもう一度計画されています。個人的な思いですが、このような良かった活動は、ヨット部の新たな歴史として来年以降もぜひ続けてほしいなぁと思っています。

 

さて、全体バイト1回目の部費は主に新人戦の遠征費になります。新人戦といえば昨年は長崎でしたが、今年は鹿屋です。昨年同様、トラック何台分という大遠征になりそうです。遠征計画部や会計部などを中心にサポート面は着々と準備が進んでいます。あとは、九大ヨット部全員が春練の成果を爆発させるだけです!

 

今日はこの辺りで失礼します。

続きを読む 0 コメント