思いやり

 

こんにちは。

4年スナイプクルーの都田です。

 

新歓の話が最近続きますが、僕も新歓つながりで書かせていただきます。

 

新歓をしているとお金の話が必ずでてきます。

ヨットは正直、決してお金のかからないスポーツではありません。

 

でも、それ以上にヨット部には得るものがあると思っています。

だから多くの部員がアルバイトをして、部活をしています。

 

僕も一年生の頃から塾の講師をしています。

 

その塾は個人経営の小さい塾で、塾長は部活への理解をしてくれていて、部活を優先させていただいていて、本当にお世話になっています。

 

塾長からは本当に多くのことを学んでいますが、

その中でも僕が1番影響を受けたことがあります。

 

それは、常に相手のことを思いやることです。

 

僕は同じ教材、同じ内容であれば、ある程度同じように説明し、同じように進めようとしていました。

 

でも、塾長は一人ひとりの生徒に対して、絶対違います。同じ内容でも話し方や説明の仕方、解かせる問題も必ず工夫しています。

 

生徒1人ひとりのために、その人のことをどれだけ考えているかの差だなと感じました。

 

 

例えば、何か書類を期限までに提出しないといけないとき、

自分主体で考えたら期限までに提出すればギリギリでも問題はないと思うし、悪いことはしていないと思います。

 

でも、そこで相手のことを思いやる視点があると行動は変わると思います。

提出するということは、提出される人がいます。

その人は、その提出された書類に対しておそらく何かしらの作業があるはずです。早く資料が集まるに越したことはないはずです。

 

相手のことを思いやると、可能であれば早く提出したほうがいいとおもえるはずです。

 

このような思いやりの心が僕にはありませんでした。

 

自分の行動の多くには、何かしらの形で他人が関わります。

 

部活、学校、友達、家族関係なく、人と接するときに、相手を思いやることができる人間になりたいです。

 

 

自分の反省のようなブログになってしまいすみませんでした。

 

 

新歓も中盤に差し掛かってきましたが、共に日本一を目指す仲間に出会うために頑張っていきたいと思います。

 

失礼します。

 

 

写真は、僕のペアの大好物ガブリチュウです。

毎練習で配っています。

思いやりの心にあふれています。

 

続きを読む 0 コメント

研究所では後輩です。

こんにちは、4年添田です。

平成もあと2週間を切り新元号を迎えようとしている今日この頃ですが平成が終わるという実感は全くもってなく、新歓と西インに向けた練習と研究室で勉強をする毎日です。ここ最近は院試とTOEICとバイトと平日練と講義のレポートをどう両立させるかスケジュールを組んでいますが、恐らく過去史上最高にハードスケジュールになりそうです。夏学期になれば多少は楽になるのでそれまでの辛抱です。

研究室では4年生が基本的に立場が一番低いのでゴミ捨てや掃除とかする為入部以来の後輩感を味っています。入ったばっかりで何をすればいいか全く分からない感じとか当にそれです。研究室の先輩はそれなりに気をかけてくれるので行き詰まることはありませんが、まだ始まったばかりなのでこの先何があるかまだ分らないのでいきなり躓くような事だけは避けたいです。

その一方で研究室の歓迎会は全額、先輩や教授がもってくれて、思わず「してい」など言いそうになったりと初心に戻ったような感じがします。4年生と1年生を掛け持ちしている気分です。

来月になるとヨット部にも1年生が入部してきますが彼らも最初は今の自分と同じように左右も分からない状況になると思うので先輩としてしっかりとサポートできたらなと思います。

 

失礼します。

続きを読む 0 コメント

誰にも負けないこと

こんにちは!

4年マネージャーの栗原です。

 

ここ最近、新歓の話題でもちきりなので、ちょっと路線変更してみます。

と言っても、出だしは新歓に関係してしまいますが、つい先日の水町食事会準備のときのことです。

 

 

試乗会後の食事会のために、3年マネージャーの和花と麻友と3人で準備しながらおしゃべりしていました。

 

 

その時にふと話題に上がったのが、「ヨット部内で誰にも負けないことは何か」ということです。

 

その時は、「嵐かな〜(隠しているわけではないんですが、実は小学校から好きです。)」なんて言って、たわいもない会話でしたが、時間が経つにつれ、この話題を深く考えるようになりました。

 

 

私のヨット部で誰にも負けないことってなんだろう、と考えたどり着いたのが、「部のお金について考える」ということです。

 

会計部長という役柄、あたりまえではありますが、暇さえあれば予算だったり、部費のことだったりを考えています。

 

ここのお金削れないかなーなんて考えているうちに、自分の生活まで節約志向になりました。

 

こんな感じで、部のお金について考えることは誰にも負けないです。

 

 

何気ない会話だったので、2人がこのブログを見たら「そんなに考えてたんだ」と引いてしまうかもしれませんが、、、

 

 

フィジカル、ハイクアウト、小戸ラン。

何んでもいいので、これだけは誰にも負けない!って自信を持って言えるようなことを、みんなが持てたらいいなって思います。

自信が持てるということは、それだけの頑張りや結果があるということだと思うので。

 

みなさんはどうでしょうか。

誰にも負けないことはなんですか?

 

それでは失礼します。

 

 

今回の写真は、先週の土曜日にあった試乗会での写真です。

私にそっくりだと言われていた新入生の子が写っているんです。どうでしょうか?

続きを読む 0 コメント

初心

こんにちは!

四年スナイプの竹中です。

 

4月に入り新学期が始まって半月が経ちました。新しい生活でのリズムも掴めてきて、慣れてきました。ヨット部の活動としては、最近はもっぱら新歓が主となってます。

僕が1年生の時、どんな気持ちでヨット部に入ったかを思いかえすと、ヨットに乗って単純に楽しかったのと、全日本インカレで優勝するという目標を80人ほどの部員が全員が本気で達成しようとしている姿に惹かれて入部しました。

僕も、新歓で新入生にその魅力を伝えようとはしているのですが、伝わっているのか正直微妙なとこではあります。こういうことは、言葉でいくら伝えようとしてもなかなか伝わる事ではなくて、部の雰囲気や部員の行動といったことで感じることだと思います。

口では全日本インカレ優勝としきりに言っていても、行動がともなっていない恥ずかしい集団にはなりたくないし、そう思われたくもないです。その為にも、目標に向かって行動に移せるチームであり続けなければならないと、新歓を通じて改めて感じました。

残り半年とちょっとですが、自分に足りていないことを見つけ、出来るようになるために行動して、1歩ずつ目標に近づいていきたいです。

 

失礼します。

続きを読む 0 コメント

価値観は変わる

こんにちは。

4年470クルーの近藤です。

 

4月半ばになり、ラッシュでも出艇できるくらい暖かくなってきました。

 

試乗会も2週がすぎ、半分が終わりました。

 

だいたい毎年僕は新入生と一緒に470に乗る役なのですが10分前後の出艇だけでヨットの良さを伝えるのはなかなか難しいものです。

 

毎回テンプレートのような質問をして、ヨットの話をして、ヨットっぽいことをしてもらい、盛り上げようと頑張る神川を見たらもう時間が来てしまいます。

 

そんな限られた時間の中でも色々な思いで入学してくる新入生と話しているととても新鮮です。

 

大学でやりたいことがはっきりしていてその学部に入学した人がいれば何となく大学に入ってこれから何かやりたいことを探す人もいます。

 

僕はどちらかというと後者でした。

 

バドミントンやバスケのサークルに入り、ぼちぼちアルバイトをして、留学や旅行をして、そんな大学生活を夢見て入学してきました。

 

そんなことを思いながら試乗会に来た当時の僕は、ヨット部の人にとってはそうとう脈なしの人に見えたかもしれませんね。

 

加えて僕が参加した日は雨で微風であり、動かないヨットでワイヤーに吊るされ、海に寝て遊んでいた自分が何を思ったのかはわかりませんが、その日に入部していました。

 

少なくとも日本一になりたいなどとは思っていなかったのは確かです。

 

しかし入るといつの間にかそれまでの価値観は変わっていました。

 

かつて夢見ていたような大学生活を否定するわけではありませんが、少なくとも自分には今の選択が合っていたと思います。

 

自分のように新歓に来る新入生の価値観はこれからの大学生活でどれだけでも変わると思います。

 

人によって態度を変えてしまいがちな新歓ですがみんなに等しくヨットの楽しさ、ヨット部の良さを伝えることが大切だなと思いました。

 

一緒に日本一を目指すいい仲間がたくさん入ってくれるよう今年も新歓を頑張っていきたいと思います。

 

写真は4年の笹川と2年の佐藤です。

満開の桜とスーツに はえない髪でした。

続きを読む 0 コメント