支えろ先輩、負けるな自分

お世話になっております、4年会計の月原です。

いよいよ全日本インカレが始まります。この日のために、僕たちは今まで必死になって練習してきました。

今までお世話になった先輩方が、雲の上の存在だったような先輩方でもなし得なかった総合優勝を目標に掲げて、1日1日を大事に、練習の取り組み方を日々考えながら過ごしてきました。

気づけば昨日小戸での最後の全体練習が終わってしまい、時間が過ぎる早さに戸惑いを感じつつ、もうみんなで小戸で練習することもないのか、と考えると感慨深いものがあります。


今日のブログのタイトルですが、僕たちが以前同期内で立てたスローガン的なものです。当時の僕たちのあり方を端的に、本当に端的に表したものなので、ぼくは個人的に好きでした。笑


インカレで勝つためには、みんなで支えあい、各々の足りないところを補いあっていかないといけません。
それぞれの置かれた立場や役割から、自分にできることを常に考えてチームのために行動する。
組織的な動きも先輩方から受け継がれてきたもので、先輩方の想いが詰まっていると思います。

今まで自分たちがやってきたことを信じて、そして自信を持ってインカレに向かいたいと思います。

最後の最後まで、ヨットに乗れる限り上手くなる余地は残っているので、残り少ない平日練習頑張ります。

では、失礼します。